FC2ブログ

女性盗撮の教頭、わいせつ行為の臨時講師… 神戸市職員の懲戒処分まとめ

2015年5月1日(金)05時30分 神戸新聞NEXT

女性盗撮の教頭、わいせつ行為の臨時講師… 神戸市職員の懲戒処分まとめ

 神戸市は30日、職員の2014年度懲戒処分まとめを発表し、管理監督者を含め、前年度比5人減の47人が懲戒処分を受けたことを明らかにした。任命権者別では、市長部局が前年度比4人増の19人で最も多く、28人だった教育委員会は14人に減った。

 免職は、女性を盗撮し、暴行するなどした小学校の教頭▽危険運転致傷罪で起訴された環境局の職員▽私的な裁判に偽造公文書を提出するなどした保健福祉局の職員▽女児にわいせつ行為をした小学校の臨時講師▽譲渡目的で口座を開設した小学校の管理員-の5人(肩書などはいずれも当時)で、前年度から3人増えた。

 停職も27人で9人増となった一方、減給(7人)と戒告(8人)は計17人減った。市は「刑法犯に該当する被疑行為が減っておらず、厳粛に対応した」などと説明。法令順守の意識が周知されていないとして、所属長らを通じ徹底する。

 また、市は昨年4~6月、当時建設局に所属していた男性職員(28)が、同僚の女性職員にセクハラを重ねたとして、昨年10月に停職1カ月の処分にしていたと発表。市によると、公用車を運転する女性の手を触ったり、打ち合わせで必要以上に顔をのぞき込んだりしていたという。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク