FC2ブログ

県立高教諭 体罰で停職1年

茨城新聞
2021年2月20日(土)

生徒に腹を立て髪の毛つかみ連れ出す 体罰3度目、停職12カ月 茨城県教委、県立高の教諭処分

茨城県教委は19日、生徒に対し手で押したり髪の毛をつかんだりする体罰を授業中にしたとして、県西地域の県立高の男性教諭(55)を停職12カ月の懲戒処分にしたと発表した。同日付。被害生徒にけがはないという。同教諭が過去に2回、体罰で処分を受けていることも加味した。

県教委によると、教諭は昨年11月上旬の授業中、自身の問い掛けに生徒がはっきりした反応を示さなかったことに腹を立て、髪の毛をつかんで別の場所に連れ出し、首元付近を手で押した。さらに「なめたこと、やってんじゃねえ」などと激しい口調で2分ほど叱責(しっせき)した。生徒は反抗的な態度を取っていなかったという。教諭は過去に、足で生徒の頬を蹴ったとして1999年に文書訓告、生徒2人に対する平手打ちや腹部への軽い膝蹴りで2018年に減給1カ月の懲戒処分をそれぞれ受けている。

県教委高校教育課は、教諭の再度の体罰について「誠に遺憾」として陳謝した。
スポンサーサイト



一番暇そうな先生は?

読売
2021年02月20日(土)08時13分

女性教頭「一番暇そうな先生は?」児童にアンケート後、教職員忘年会でクイズに

 堺市教育委員会は19日、診断書を偽造して欠勤した市立長尾中学校の事務職員(29)を免職とするなど6人を懲戒処分した。

 市教委によると、事務職員は昨年、インフルエンザなどの診断書5枚を偽造して学校に提出。計70日間の病気休暇を不正に取得した。不審に思った学校側が病院に問い合わせて発覚した。

 また、市立小の女性教頭(51)は2019年12月、「一番暇そうな先生」を尋ねるアンケートを児童に実施し、教職員の忘年会でクイズに出すなどのパワハラ行為をしたとして戒告とした。

千葉県教委、教員ら6人に懲戒処分 性的不祥事、今年度既に12件

産経新聞
2021年2月19日(金)20時53分

千葉県教委、教員ら6人に懲戒処分 性的不祥事、今年度既に12件

 千葉県教育委員会は19日、教員ら6人の懲戒処分を発表した。このうち県北西部の県立高校の男性教諭(31)は、校内で女子生徒1人にわいせつな行為をしたとして懲戒免職処分となった。今年度のわいせつやセクハラ行為による教職員の懲戒処分は12件に達し、昨年度の7件を大きく上回り、昨年10月以降5カ月連続での発表となった。

 県教委によると、男性教諭は令和元年11月ごろ、顧問を務める部活の女子生徒から学校生活について相談を受けた際に抱きしめたほか、昨年2月から今年1月までにスマートフォンで私的なやり取りを繰り返し、校内でわいせつな行為を複数回行った。他の生徒の指摘で発覚し、「生徒の相談に乗っているうちに好意を抱いた」などと話しているという。

 このほか、県北西部の公立小学校の男性教諭(26)は昨年11月から今年1月にかけて、担任する女子児童2人の体を触るなどのわいせつな行為を行ったとして懲戒免職処分。習志野市立第七中学校で学習サポーターを務めていた男性(55)は昨年11月に電車内で痴漢行為を行い、懲戒免職処分となった。

体罰で男児が骨折

信越放送
2021年02月19日(金)20時27分

軽井沢町の小学校教員が体罰 男子児童が頭の骨を折るなどの大けが

軽井沢町の小学校で去年、男性講師が男子児童を足で踏みつけ、頭の骨を折るなどの大けがをさせる体罰があったことがわかりました。

軽井沢町の教育委員会は、会見を開いて体罰があったことを公表し、謝罪しました。

教育委員会によりますと、町立小学校に勤務する42歳の男性講師は、去年11月の昼休み、低学年の児童にボールをぶつけた男子児童を謝らせようとして倒し、抵抗され、胸元付近を足で踏みつけました。

男子児童ははずみで鉄製の側溝のふたに頭をぶつけ、頭の骨を折るなどして緊急手術を受けました。

男子児童は10日ほど入院し、12月には登校を再開していますが、現在も経過をみるため通院しているということです。

公表が3か月遅れたことについて、町の教育委員会は警察から学校に「捜査に支障があるため公表を控えるよう要請があったため」と説明しています。

男性講師は「大変申し訳ないことをした」と反省しているということで、県教育委員会が処分について検討しているということです。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク