FC2ブログ

中学教頭ら3人「免職」 福島県教委、飲酒運転やセクハラなど

福島民友
2019年12月07日(土)08時45分

中学教頭ら3人「免職」 福島県教委、飲酒運転やセクハラなど

 県教委は6日、飲酒運転やセクハラ行為などをしたとして、昭和中の教頭(48)ら3人を免職とし、速度超過の違反に伴う減給を含め計4人を同日付で懲戒処分にした。同じ日に3人が免職となるのは初めて。

 県教委によると、平野教頭は10月1日夜に昭和村の住民方で飲酒後、約350メートル離れた自宅アパートに徒歩で帰宅しようとしたが、部屋の鍵を住民方に止めた車内に忘れ、戻ってそのまま車を運転した。9月27日には旅館で開かれた懇親会で参加者の女性の肩を抱いたり、キスをするなどのセクハラ行為をしたという。

 また、県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕、送検された梁川中の講師(29)と酒酔い運転の疑いで逮捕された橘高の教諭(58)も免職となった。

 29歳講師は1月中旬ごろ18歳未満と知りながら少女にみだらな行為をした疑いで11月に逮捕された。講師の任用期間は4月から1年間で、1月は処分対象にならないが、4~6月にかけて別の18歳未満の少女に対しても車内で手を握るなどの行為をしていたことが発覚。県教委はこれらの悪質性を考慮した。

 58歳教諭は11月3日午前0時5分ごろ、福島市の市道で酒に酔って乗用車を運転、民家の外壁などに衝突する事故を起こした。

 このほか、県中地区の中学校に勤務する男性教頭(53)は速度超過で減給3カ月。出張先から車で学校に戻る際、郡山市の市道を44キロ速度超過の94キロで走行し、警察官に摘発された。

 県教委の本年度の懲戒処分は14件で、うち免職が6件となった。

 県教委は9日、公立校服務倫理推進員の研修会を開き、県内全ての公立小、中学校、高校、特別支援学校に再発防止を呼び掛ける。
スポンサーサイト



勤務先の小学校でトイレ盗撮

テレ朝news.
2019年12月07日(土)12時03分

教師が勤務先の小学校女子トイレに盗撮カメラ設置か

 埼玉県熊谷市の小学校で女子トイレに盗撮する目的で侵入したとして、この小学校の24歳の教師の男が逮捕されました。

 熊谷市立小学校の教師・吉岡壱平容疑者は5日、勤務する学校の女子トイレに盗撮する目的で侵入した疑いが持たれています。警察によりますと、トイレを掃除していた女子児童がトイレットペーパーの芯の中にある小型カメラを見つけたということです。警察がカメラの映像を確認したところ、吉岡容疑者がカメラを設置する姿が映っていたということです。取り調べに対し、吉岡容疑者は「児童が給食を食べている隙に女子トイレに入った」「小学生くらいの女の子に興味がある」と容疑を認めています。警察は吉岡容疑者の自宅からパソコンなどを押収し、余罪についても調べています。

2019-12-07、テレビ朝日
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
検索フォーム
リンク