FC2ブログ

わいせつ教諭2人を懲戒免職

テレビ長崎.
2019年10月11日(金)19時53分

抑止策の効果なし?再びわいせつ不祥事で…男性教諭2人を懲戒免職

長崎県教育委員会は、わいせつな行為を行ったとして男性教諭2人を懲戒免職としました。

わいせつに関する不祥事で教職員が懲戒処分を受けるのは今年度4件です。

「申し訳ありませんでした」

懲戒免職処分となったのは西海市立大瀬戸小学校の24歳の男性教諭と、長崎県立諫早東高校の57歳の男性教諭です。

長崎県教育委員会によりますと、24歳の小学校教諭は去年8月5日から6日にかけてツイッターで知り合った長崎県外在住の18歳未満の女性に裸の写真5枚を送らせたとして(長崎県外の警察に)「児童ポルノ法違反」の疑いで書類送検されました。

一方、57歳の高校教諭は今年7月16日、JRの列車内の隣で寝ていた女性の胸を触った長崎県迷惑当為等防止条例違反の疑いで警察に逮捕されました。

長崎県教育委員会は今年度から公立学校の教職員を対象に、自らの性的嗜好を理解する「わいせつ行為等防止のための自己分析チェックシート」を導入しました。

しかし、わいせつに関する不祥事での懲戒処分は今年度4件にのぼり、抑止につながっているかは不透明です。

高校教育課 鶴田 栄次 課長 「抑止にはつながっていないと結果的に出ているので私たちとしても非常に残念に思っていますけども、複合的に今後とも防止対策はやっていかないといけないと思う」

池松誠二教育長は11日付けで「わいせつ行為は蛮行で恥ずべき行為」とする「不祥事防止のための緊急メッセージ」を全ての教職員に届けています。
スポンサーサイト



サッカー部で体罰

鹿児島テレビ
2019年10月11日(金)19時17分

高校サッカー部体罰問題で校長が県に報告

出水中央高校サッカー部監督の男性教師が、部員を蹴るなどしている動画がネット上に広がり男性教師の体罰が明るみになった問題を受け、出水中央高校の校長が体罰の経緯などを県に報告しました。

県庁を訪れたのは、出水中央高校の木山博隆校長です。

SNSに動画がアップされた、サッカー部の監督の男性教師が行った体罰の経緯について報告するためです。

拡散された動画には、出水中央高校のサッカー部の監督を務める男性教師が、今月8日の練習中にグラウンドで生徒を蹴り、平手打ちする様子が撮影されています。

学校によりますと、この男性教師はこのほかにも先月、体育際の練習の後にサッカー部の別の生徒に対し、首を手で押すなどの暴力が確認されています。

報告を受けた県は「体罰は許されない」と教職員に徹底すると共に、経緯や今後の対応をまとめた報告書を提出するよう学校側に求めたということです。

木山校長によりますと、男性教師は11日、サッカー部の部員らに「申し訳なかった」などと謝罪したということです。

学校は、男性教師の暴力行為が一時的なものではない可能性があるとして、サッカー部の生徒や保護者から聞き取りを行い、男性教師の処分を決めるとしています。

出水中央高校・木山博隆校長「暴力という事実があったことを見逃していたことに対しする監督不行き届き、深くお詫び申し上げたい」「生徒たちの傷ついた心を癒やす方向で最善を尽くしたい、これが私の思い」

なお、この男性教師は、10日付けでサッカー部の監督を解任されていて、自宅謹慎中ということです。

試験中のトイレ退室は1割減点

京都新聞
2019年10月10日(木)8時00分

試験中トイレ退室の生徒は1割減点 校長「非人権的な規則」と取材受け廃止に、滋賀の県立高

 滋賀県立八幡工業高(近江八幡市)で、定期試験中にトイレに行くため退室した生徒に対し、試験の得点を1割減点していたことが9日分かった。10年以上前からの同高の独自規則といい、同高は8日に始まった中間考査からこの規則を廃止した。

 同高によると、規則は試験中に途中退席する生徒が多かったことから設けられた。校則ではなく、試験前に教員が生徒に口頭で伝えていた。内申点をつける際、途中退室した1科目ごとに実際の得点を1割減らして評価していた。本年度は1人、昨年度は延べ9人が対象となったが、学校側は「評定が下がったことはない」としている。

 生徒が退室を申し出た場合、試験監督は「点数が減るが良いか」と確認した上で、トイレまでついて行く形をとっていた。

 同高は、京都新聞社が4日に取材を申し入れた後、規則の廃止を決めた。規則が設けられた時期や詳しい理由は、教員が異動したため分からないという。

 在校生の一人は「おなかが弱く、我慢するのがきつかった」と体験を話す。母親は「内申点は就職や進学などに関わる大切なもの。保護者は規則があることも廃止になったことも正式に聞かされておらず、おかしい」と憤る。

 取材に対し、中辻仁史校長は「生徒に我慢を強いた非人権的な規則だった」と認めた上で、今後「むやみやたらに途中退席する生徒が出ない方法を考えてから、生徒と保護者に経緯を説明したい」と話した。

 滋賀県教育委員会は「県内各校に対し、時代に合っていない規則がないか確認するよう呼び掛ける」としている。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
検索フォーム
リンク