FC2ブログ

盗撮目的でカメラ設置 男性臨時教諭を懲戒免職

テレビ埼玉
2019年08月22日(木)18時30分

盗撮目的でカメラ設置 男性臨時教諭を懲戒免職

勤務する小学校の教室に小型カメラを設置し、女子児童の着替えを盗撮しようとした24歳の男性臨時教諭が22日付けで懲戒免職処分となりました。

懲戒免職処分となったのは、県東部地区の公立小学校に勤務する24歳の男性臨時教諭です。男性教諭はことし6月、勤務する小学校で、女子児童が着替えをするために使う学習室に、小型カメラを設置し、盗撮しようとしたものです。別の教諭が、カメラを発見し男性教諭が映っていたことから発覚しましたが、着替えの時間帯は録画されていませんでした。カメラは、特殊なもので、盗撮目的で購入したということです。

現在、警察が捜査中ですが、調べに対し、「ほかにも同様のことをやったことがある」と話しているということです。
スポンサーサイト



赤信号無視で衝突事故 小学校教諭を減給処分

山形新聞
2019年08月22日(木)12時09分

小学校教諭、人身事故で減給 県教委、50代女性に処分

 県教育委員会は21日、人身事故を起こした庄内地区の50代の女性小学校教諭を減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

 県教職員課によると、女性教諭は昨年12月中旬、仕事を終えて帰宅するため鶴岡市内を乗用車で走行中、赤信号を見落として交差点に進入し、左から来た乗用車と出合い頭に衝突。相手の車の運転手と同乗者計3人に打撲や捻挫などの軽傷を負わせた。冬道だったため、路面状況に気を取られて赤信号を見落としたという。本人にけがはなかった。

男子児童に不適切発言

朝日新聞
2019年8月22日(木)08時56分

小学校教諭、児童に「馬鹿じゃないの」ノートの取り方で

 福島県教育委員会は21日、担任する学級の男子児童に侮蔑的な言動をしたとして、県中地域の公立小学校の女性教諭(48)を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分にし、発表した。学校は学級の担任を交代させた。

 県教委によると、教諭は5月28日、担任の3年生の授業中、ノートを忘れていた男子児童に「これからも続けるんだよ、面白いから」などと高圧的な発言をした。また、その後の個別指導では、指導と違うノートの取り方を指摘し、「馬鹿じゃないの」などと言ったという。

 帰宅した児童から話を聞いた両親が学校に報告。児童は翌日から土日を含めて10日間、学校を休んだ。6月6日に校長が「不適切な指導があった」と両親に謝り、同10日には教諭が児童と両親に謝罪した。

 学校の聞き取りに対し、教諭は「児童を傷つけてしまい申し訳ない。指導がうまくいかず、いらだちもあって言ってしまった。深く反省している」と話しているという。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
検索フォーム
リンク