FC2ブログ

教諭3人懲戒処分

熊本日日新聞
2019年7月3日(水)10時19分

岱志高教諭を懲戒免職 部活費使途不明100万円超 熊本県教委

 熊本県教委は2日、部活動費の不正取得や学校徴収金の不適正な処理などで、県内の公立中・高校の教諭3人の懲戒処分を発表した。同日付で免職、停職、減給が各1人。県教委による2019年度の懲戒処分は初めて。

 県教委によると、免職になったのは岱志高(荒尾市)の男性教諭(50)。14~17年度、顧問を務めるサッカー部の後援会とPTAに対し、大会参加費などを二重に受け取って約21万円を不正に取得。これを含め、部活動に関する使途不明金は100万円超に上るという。後援会が昨年10月に詐欺容疑で刑事告訴したが、今年3月に示談が成立。男性教諭は不起訴処分となった。

 男性教諭は「多くの方にご心配とご迷惑をお掛けして申し訳ない」と謝罪しているという。

 玉名教育事務所管内の公立中の男性教諭(54)は停職6カ月。教材費や問題集代などを自宅に持ち帰るなどし、昨年度末時点で約102万円の未払いが発生。事務職員に一部を立て替えさせ、未払いを隠そうとした。校長(60)も監督責任を問い、戒告とした。

 県北の高校の女性教諭(36)は減給10分の1(2カ月)。昨年8月5日、山鹿市の国道で運転中に死亡事故を起こし、過失運転致死罪で罰金刑を受けた。

 古閑陽一・県教育長は「県民の皆さまに深くおわび申し上げる。信頼回復に向け、教職員の綱紀の保持、服務規律の確保に一丸となって取り組む」とのコメントを発表した。
スポンサーサイト



以前から「不適切」指摘 中1自殺で部活顧問

産経新聞
2019年7月2日(火)19時17分

以前から「不適切」指摘 中1自殺で部活顧問

 さいたま市立南浦和中1年の男子生徒=当時(13)=が昨年8月に自殺し、遺族がバドミントン部の男性顧問(当時)の指導が原因だと訴えている問題で、市教育委員会が2日午後、記者会見し、生徒の自殺前から顧問の不適切な指導を指摘する声が相次いでいたと明らかにした。

 市教委によると、男子生徒は夏休み中の昨年8月26日、部活に向かう途中で自殺した。自殺以前の昨年4月の体罰に関するアンケートで、4人の部員から「胸ぐらをつかまれた」などの回答があり、校長が顧問を指導していた。

 顧問は保護者会で謝罪したが、同年7月には保護者から顧問を変えてほしいとの要望もあった。ただ顧問は処分を受けず、異動する今春まで部の顧問を続けた。市教委の吉田賀一指導2課長は「一連の対応に不手際はなかったと考えている」と説明した。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク