FC2ブログ

スカートめくりで懲戒免職

テレビ埼玉
2019年05月29日(水)18時23分

女子高校生のスカートめくった教諭 懲戒免職

県教育委員会は、都内の路上で女子高校生のスカートをめくった疑いで逮捕されていた、26歳の男性教諭を29日付けで懲戒免職処分としたと発表しました。

懲戒免職処分となったのは、所沢市立向陽中学校に勤務する三船帆貴教諭(26)です。三船教諭はことし1月、都内の駅で見かけた女子高校生の後をつけ、電車とバスを乗り継いで追いかけて路上でスカートをめくったということです。女子高校生が悲鳴をあげたため、三船教諭は逃走しましたが、3月に東京都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。その後、女子高校生側と示談が成立し、三船教諭は不起訴となっています。

県教育局によりますと、三船教諭はインターネット上で、女子生徒が通う高校の「女子高校生がかわいい」という情報を見て、直接、乗用車で最寄りの駅に向かったということです。犯行に及んだ動機については、「見ていて仲良くなりたいという気持ちになった。衝動的にやった」と話しています。
スポンサーサイト



懲戒処分2件を発表 道教委

北海道新聞
2019年05月29日(水)19時55分

懲戒処分2件を発表 道教委

 道教委は29日、女子生徒と性行為をした渡島管内の中学校の男性教諭(34)を懲戒免職にするなど計2件の懲戒処分を発表した。

 道教委によると、男性教諭は既婚者で、2015年夏ごろから女子生徒と無料通信アプリLINE(ライン)で連絡をとるようになり、17年10月と18年1月に性行為をした。道教委に情報提供があり発覚した。

 また、今年2月、担任する児童22人全員分の成績などの個人情報を保存したUSBメモリーを、校外で紛失した帯広市内の小学校の女性教諭(50)を戒告とした。USBメモリーは5日後に見つかり、情報の不正利用などの被害は確認されなかったという。

教諭3人を懲戒処分

神戸新聞
2019年5月28日(火)23時53分

障害ある生徒に体罰や暴言 特別支援学校の女性教諭処分

 兵庫県教育委員会は28日、身体障害がある当時中学3年の男子生徒に体罰を加えたり暴言を吐いたりしたとして、県南部の県立特別支援学校の女性教諭(29)を減給10分の1(1カ月)とするなど、3件の懲戒処分を発表した。

 県教委によると、女性教諭は、前任の中学校で肢体不自由学級の担任を務めていた昨年5月、机に向かい合って男子生徒に生活指導をしていた。その際、男子生徒の態度に腹を立て、自分の筆箱を机に投げつけた。

 さらに、翌日の三者面談に来なかったことから、男子生徒の腕や服を強く引いてポロシャツを破った。女性教諭はいったんは謝罪したが、その後も男子生徒に対し「これぐらいのこともできないのか、あほか」などと暴言を吐いた。男子生徒は体調不良を訴え、一時、学校を休んだという。

 このほか、県南部の市立小学校の男性教諭(41)は昨年11月、同僚の女性教員に性的な発言やキスをするなどのセクハラで減給10分の1(6カ月)とし、加古川市立中学校の男性教諭(28)は妻に暴行したとして逮捕(起訴猶予処分)されたため、戒告とした。

体罰

朝日新聞
2019年5月28日(火)05時00分

尼崎でまた…授業中に体罰 「再発防止」誓った2日後に

 兵庫県尼崎市の市立中学校で23日、40代の女性教諭が体育の時間中に3年の男子生徒の顔をたたく体罰があったことが、市教育委員会への取材でわかった。けがは確認されていないという。市立尼崎高校男子バレーボール部で部員が一時意識を失うなどした体罰問題を受け、市と市教委が会見で再発防止を誓ってから2日後のことだった。

 市教委によると、市立中での体罰は3年生の学年体育の時間中に発生。教諭は、見学していた男子生徒の様子に腹を立て、顔を平手で1回たたいた。他の生徒らも目撃していたといい、市教委が当時の状況を調べている。

 尼崎市の稲村和美市長は市教委幹部と同席した21日の会見で、「(体罰根絶に)全市を挙げて取り組む」と表明。市教委は市立の学校・幼稚園全てを対象に体罰実態調査を始めると説明していた。市教委幹部は取材に「学校現場に伝わっていなかったのかと正直ショックを受けている。現場の意識を変えていかなければいけない」と話した。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク