FC2ブログ

「なんでできんがな」「あほか」教師、何度も暴言

読売
2019年5月24日(金)15時05分

「なんでできんがな」「あほか」教師、何度も暴言

 高知県内の公立小中高校と特別支援学校で2017年11月から1年間に、教諭が児童生徒に対し、体罰など不適切な行為をしたと認定された事案が84件に上ることが、県教委の実態調査でわかった。県教委は行きすぎた行為をした教諭3人を減給や戒告の懲戒処分とし、15人の教諭を文書注意などにした。

 県内では教諭が体罰で懲戒処分を受けるなど不祥事が絶えず、体罰根絶に向けた取り組みを強化するため昨年11月、17年11月~18年10月を対象期間として児童・生徒計5万9581人にアンケートを実施し、5万7688人から回答(回収率96・8%)を得た。

 結果によると、不適切な行為と認定した84件のうち、たたく、蹴るなどの「有形力の行使」が35件、教諭の暴言による「尊厳を損なう行為」が49件あった。有形力の行使は小学校が21件と最も多く、尊厳を損なう行為では中学校が38件と目立った。

 有形力の行使では、たたく、蹴るのほか、生徒指導中に正座をさせたり、給食の時間に入っても課題を続けさせたりする事案があった。一方、尊厳を損なう行為では、部活の指導で「へたくそ」「なんでできんがな」などと厳しく叱責しっせきを繰り返したり、授業中に「あほか」など何度も暴言を吐いたりするケースがあったという。

 懲戒処分などを受けた教諭に聞き取り調査したところ、大半が「指導の一環だった」と回答し、「保護者や子どもたちの信頼を裏切り申し訳ありませんでした」と反省しているという。

 県教委は「体罰や暴言は子どもたちの心に傷を負わす悪質な行為であり、調査結果を重く受け止め、それぞれの教員に対し厳正に対処していく」とし、再発防止策として「市町村教委や校長会と連携を図りながら、各学校での綱紀粛正を徹底させていく」としている。


スポンサーサイト



研究費不正使用で出勤停止

山形新聞
2019年05月22日(水)09時04分

山形大、農学部教授を懲戒処分 研究費を不正使用

 補助金として国などから支払われた研究費のうち、研究室の旅行や歓送迎会の費用などとして約142万円を不正使用したとして、山形大は21日、農学部の50代男性教授を出勤停止5日の懲戒処分にした。一部で実態と異なる報告を行うなどし不正受給した分もあったとしている。教授の私的流用はなかったという。

 同大総務部によると、教授は学生に指示し、研究のための人件費として支払われたアルバイト料を研究室の学生活動費として集金、管理して使っていた。2011~17年度の7年間で国の大学改革推進等補助金や同大農学部地域産学官連携協議会の助成金などから142万8500円をプール。一部で学生に実態と異なるアルバイトの出勤簿も作成させており、同大は不正受給としている。

 同大の聞き取りに対し、教授は不正を認めた上で「学生同士のコミュニケーションが重要だと思い、懇親会などに参加しやすくするためだった」と話している。昨年2月の内部通報をきっかけに調査を続けてきた。小山清人教授は「深くおわびし、再発防止に努める」とのコメントを発表した。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク