FC2ブログ

児童買春の疑いで逮捕

名古屋テレビ
2019年4月3日(水)19時08分

ホテルで少女とみだらな行為をしたとして2人が逮捕 愛知県の教師と消防士の男

 愛知県の教師と消防士が、ホテルで少女とみだらな行為をしたとして逮捕されました。

 児童買春の疑いで逮捕された愛知県あま市立甚目寺中学校の教師・渡辺淳一容疑者(37)は、去年7月インターネット上で知り合った16歳の少女に現金を渡し、名古屋市西区のホテルでみだらな行為をした疑いがもたれています。

 渡辺容疑者は「身に覚えがありません」と否認しているということです。

 また、豊田市消防本部中消防署東分署に勤務する消防士長・深津秀樹容疑者(43)は、先月岐阜県海津市のホテルで16歳の少女とみだらな行為をしたとして、岐阜県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。

 深津容疑者は「18歳未満だったことは知りませんでした」と容疑を否認しているということです。
スポンサーサイト



「犬でも採用した方が」近大教授が投稿、諭旨解雇処分に

産経新聞
2019年4月3日(水)20時08分

「犬でも採用した方が」近大教授が投稿、諭旨解雇処分に

 近畿大は3日、50代の男性教授が、複数の同僚教員に対し、人格や能力を否定する内容のメールを送るなどのハラスメント行為をしたとして、諭旨解雇処分としたと発表した。処分は1日付。

 近大によると、男性教授は所属する学部の教職員約50人が参加するメーリングリストで、複数の同僚に対し「犬でも採用した方がマシ」「彼らを採用したことは大きな損失」などとのメールを送信。また、一部教員を誹謗(ひぼう)中傷する内容の文書を作成し、自らの研究室の前に張り出した。

 昨年12月には、同僚の女性教員にかばんでけがをさせたとして、大阪府警が傷害容疑で書類送検。その後、過失傷害罪で略式起訴されたが、男性教授側の請求で正式裁判になっている。

 近大は「このような事態が生じたのは誠に遺憾であり、教職員のコンプライアンスを徹底する」とした。

鳥獣保護法違反

東京新聞
2019年4月3日(水)13時01分

大東大の准教授、ハトに農薬容疑 同様事件の関連も捜査

 農薬を混ぜた餌を公園にまいてハトを殺したとして、警視庁赤羽署は3日、鳥獣保護法違反の疑いで、東京都北区赤羽西、大東文化大の准教授藤井康成容疑者(51)を逮捕した。同大によると、藤井容疑者は外国語学部英語学科の講師だったが、1日付で准教授となった。

 逮捕容疑は、1月13日午前11時半ごろ、北区内の公園で、農業用の殺虫剤として使われる劇物「メソミル」を水に溶かしてコメに付け、ハト4羽に食べさせ殺した疑い。

 赤羽署管内の公園などでは、2016年から今年1月までに十数回、計約100羽のハトやスズメなどが毒物で殺されたとみられる事件が起き、同署が関連を調べている。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
検索フォーム
リンク