FC2ブログ

暴行罪で罰金30万円

中日新聞
2019年3月14日(木)19時57分

生徒に暴行で罰金30万円の即日判決 天白養護学校の教諭

 名古屋市立天白養護学校(天白区)で生徒に暴力を振るったとして、暴行罪に問われた同校教諭の稲垣達雄被告(60)=愛知県春日井市、停職=の初公判が14日あり、名古屋地裁は求刑通り罰金30万円の即日判決を言い渡した。

 稲垣被告は起訴内容を認め、「(校庭での運動時間中)生徒に注意したが、聞いていないと思った。理由はどうあれ、いきすぎた行為だった」と語った。

 近藤和久裁判官は判決理由で「一方的に暴力を振るった、被害者を辱める悪質な態様。真摯な教育に尽力する他の者への悪影響も懸念される」と述べた。

 判決によると、2017年11月16日昼、同校の校庭で、男子生徒(19)の尻を2回蹴り、右足首を踏み付けたり、右耳をつかんで引っ張ったりした上、右太ももを1回蹴った。

 事件を巡っては昨年12月、名古屋区検が暴行罪で略式起訴したが、今年1月に名古屋簡裁が「不相当」と判断し、公開の法廷で審理された。

 判決後、男子生徒の両親が名古屋市内で会見。母親(47)は「注意を聞かないのなら暴力を振るうのではなく、行動に移せるようにするのが本当の教えだと思う」と話した。

続きを読む

スポンサーサイト



剣道部顧問、太鼓のばちで部員たたく 山口の商業高校

朝日新聞
2019年3月14日(木)11時18分

剣道部顧問、太鼓のばちで部員たたく 山口の商業高校

 山口県下関市の市立下関商業高校で、剣道部顧問の男性教諭が複数の部員に対し、太鼓のばちや竹刀でたたくなどの体罰を繰り返していたことがわかった。学校側は昨秋にこの教諭を顧問から外し、保護者らに説明。市教委は今年1月に体罰と認定し、教諭を厳重注意した。

 市教委によると、男性教諭は長年にわたって同校で剣道部の顧問を務めていた。部活の指導中、ばちや竹刀で部員の頭や尻などをたたき、「馬鹿」「アホ」などの暴言も繰り返していた。2017年12月に県外に遠征に行った際は宿泊先で飲酒し、女子部員全員を呼びつけた。うち1人が着ていたベンチコートのフードを頭にかぶせようとした際に生徒の上に抱きつくような姿勢で倒れ込んだという。

 昨年10月、部員らが学校側に訴えて発覚した。男性教諭は「軽い気持ちでやったが、行きすぎた行為だった。認識が甘かった」と話しているという。

女子生徒にわいせつ行為 教諭3人を懲戒処分

熊本日日新聞
2019年3月14日(木)12時00分

公立中3教員を懲戒処分 熊本県教委、女子生徒にわいせつ行為

 熊本県教委は13日、女子中学生の体に触れたり、キスをしたりするなどのわいせつ行為をしたとして、県内の公立中学の男性教員3人の懲戒処分を発表した。処分内容は同日付で免職と停職が各1人。昨年1月18日付で停職1人。県教委の2018年度の懲戒処分は11件14人で、うち5件5人がわいせつ事案となった。

 県教委学校人事課によると、生徒の体に触れるなどしたとして懲戒免職になった男性教諭は「教師として、大人として絶対に許されない行為」と話したという。校長も戒告とした。

 生徒にキスをしたとして停職となった2人は臨時任用の講師。停職6カ月相当で、いずれも退職している。

 処分教員の年齢や所属校の地域、発生時期などは「保護者の強い要望」を理由に明らかにしなかった。

 宮尾千加子・県教育長は「教職員がわいせつ行為などを行うことは断じて許されない。全力で不祥事防止に取り組む」とのコメントを発表した。県教委は14日、不祥事防止を徹底するため、緊急教育事務所長会議を県庁で開く。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク