FC2ブログ

鹿児島県教委 体罰で教諭2人を懲戒処分

MBC南日本放送
2019年02月18日(月)19時50分

鹿児島県教委 体罰で教諭2人を懲戒処分

鹿児島県教育委員会は、生徒の頬を叩くなど体罰をしたとして、公立学校の教諭2人を減給などの懲戒処分にしました。

減給10分の1・1か月の懲戒処分を受けたのは、鹿児島地区の県立学校に勤務する32歳の男性教諭です。県教委によりますと、男性教諭は去年11月、生徒の頬を平手で3回、頭をスリッパで3回たたいたということです。男性教諭は「これまで指導してきたにも関わらず、遅刻や宿題を忘れたので感情的になった」と話していて、それ以前にも生徒数人の頭を平手でたたくなどしていたということです。

また、去年6月、授業中に生徒の胸ぐらをつかんで突き飛ばしたなどとして、姶良・伊佐地区の公立中学校の49歳の男性教諭を18日付けで戒告の懲戒処分にしました。

教職員の懲戒処分は今年度これで11件で、県教育委員会教職員課の大久保哲志課長は「体罰はいかなる場合も許されない行為で、正しい認識を持つようねばり強く指導したい」と話しています。
スポンサーサイト



部活動で教え子にわいせつ

フジテレビ 
2019年2月18日 月曜 午後7時00分

指導と称して教え子の体触る わいせつ行為の男性教師 懲戒免職 女性教師は元教え子とキス

静岡県東部の高校に勤める50代の男性教師が、部活動の教え子・女子生徒にわいせつな行為をしていたとして、懲戒免職処分を受けました。

処分を受けたのは、県東部の県立高校に勤務する50代の男性教師です。

この教師は去年、4回にわたり、顧問をしていた部活動の合宿や大会の際、宿泊先のホテルの部屋に、特定の女子部員を呼び出し、指導と称して体を触るなどのわいせつな行為をしていました。

男性教師は「能力に期待し、指導に熱が入った」と話していて、県教育委員会は18日付けで、免職処分としました。

県教育委員会 渋谷浩史理事「大変悪質な行為と判断しております。(被害部員によると)暴力行為等はないが、同意なく、嫌悪感を抱きつつも、師弟の関係から拒否できなかったと」

また、県東部の中学校に勤務する30代の女性教師が、教え子だった高校1年の男子生徒と、商業施設に行ったり、キスをしたりしていたとして、停職処分を受けました。

この教師は「まわりが見えなくなった」と話し、18日付けで退職しています。


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
 
検索フォーム
リンク