FC2ブログ

60歳教諭わいせつ行為で免職

NHK NEWS WEB
2019年01月31日(木)21時08分

60歳教諭わいせつ行為で免職

広島県教育委員会は、女子生徒の下着の中に手を入れて胸を触るなどしたとして、県立高校の60歳の男性教諭を31日付けで懲戒免職処分にしました。

懲戒免職の処分を受けたのは、県東部の県立高校の60歳の男性教諭です。
この教諭は去年11月、空き教室で女子生徒と2人きりになった際、下着の中に手を入れて直接胸を触るなどのわいせつな行為を行ったということです。
県教育委員会の調査に対し、この教諭は「触りたいという感情が芽生え、手を入れてしまった。性的欲求により、下着の中に手を入れて胸を触った」と述べ、事実関係を認めているということです。
また、県内の公立小学校の56歳の男性教諭はおととし10月下旬、放課後に学習指導をしていた女子児童の胸付近を指先で触って上下に動かすセクハラ行為を行ったとして、停職1か月の処分を受けました。
この教諭は「軽率な行動により、児童やご家族に深刻なご心痛をおかけしたことを心よりおわびします」と話していて、31日付けで辞職したということです。
県教育委員会の山田哲也教職員課長は「児童生徒に対するわいせつやセクハラ行為は本当に許しがたく、学校に対する信頼を失墜させることになり申し訳ありません」と述べ、再発防止に努める考えを示しました。
スポンサーサイト



市教委が“父からいじめ”回答を父に渡す

日テレNEWS24
2019年1月31日(木)12時12分

市教委が“父からいじめ”回答を父に渡す

千葉県野田市で10歳の女の子が死亡し、父親が逮捕された事件で、女の子が「父親にいじめられている」と学校に答えたアンケートを市の教育委員会が父親に渡していたことが分かった。

この事件は今月24日、野田市に住む栗原心愛さんが自宅の浴室で死亡しているのが見つかったもので、父親の栗原勇一郎容疑者が傷害の疑いで逮捕されている。

その後の野田市への取材で、心愛さんが「父親にいじめられている」と学校に答えたアンケートのコピーを野田市の教育委員会が、去年1月、栗原容疑者に渡していたことが分かった。

心愛さんは、このアンケートをきっかけに、児童相談所に一時保護されたが、栗原容疑者が、学校に「人の子を誘拐するのか」「アンケートの実物を見せろ」などと激しく抗議したため、野田市の教育委員会と学校が協議し、虐待の抑止につながればと考え提供したという。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
検索フォーム
リンク