FC2ブログ

香川県教委 教諭5人を懲戒処分

四国新聞
2018年12月20 日(木)09時39分

酒酔いの教諭、懲戒免職 県教委が5人処分 セクハラ、侵入は停職

 県教委は19日、教諭5人を懲戒処分にしたと発表した。道交法違反(酒酔い運転)の罪で罰金刑を受けた志度中学校(さぬき市)の寺井英登教諭(57)を懲戒免職、女子生徒へのセクハラ行為や知人女性宅への侵入で男性教諭2人を停職=いずれも同日付で辞職=とした。このほか、体罰を行ったとして男性教諭2人を戒告とした。

 県教委によると、寺井教諭は6月8日夜、元同僚との懇親会後、さぬき市内で乗用車を運転し、ガードレールに衝突して田んぼに転落。高松簡裁から罰金60万円の略式命令を受け、納付した。代行運転を利用していたが、途中で業者を帰らせ、自宅まで運転したという。「懇親会の途中から記憶がない」と話している。

 高松市内の県立高校の男性教諭(58)は10月、職員室で教科の指導中、女子生徒に性的な発言をし、膝や顔などを触ったとして、停職12カ月とした。また、東かがわ市内の県立高校の男性教諭(59)は7月、勤務時間中に知人女性宅の庭に侵入し、干していた下着を手に取ったなどとして、住居侵入と窃盗未遂の容疑で書類送検され、高松区検は不起訴処分とした。停職期間は6カ月。

 体罰で戒告の処分を受けたのは、観音寺市内の県立高校の男性教諭(34)と丸亀市内の公立小学校の男性教諭(43)。

 工代祐司教育長は「県民の信頼を著しく傷つけ、誠に遺憾で申し訳ない」と謝罪。同日、緊急の小中学校長会を開いたほか、25日には県立高校の校長、教頭を集め再発防止を徹底する。 本年度の教職員の懲戒処分は9件で、昨年度の4件を大きく上回っている。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
検索フォーム
リンク