FC2ブログ

太った子へ暴言「おかしいのか」と教諭 停職処分に

朝日新聞
2018年12月13日(木)21時04分

太った子へ暴言「おかしいのか」と教諭 停職処分に

 名古屋市教育委員会は13日、生徒に暴言を吐いたり、足を踏むなどの暴力を振るったりしたとして、市立天白養護学校高等部の男性教諭(60)を停職109日の懲戒処分とし、発表した。市教委は「停職6カ月に相当する」としたが、今年度末の定年退職までの処分とした。

 弁護士などで作る有識者会議の意見を採り入れた調査報告書も公表し、懲戒処分の対象として12件の体罰や暴言が確認できたことも明らかにした。

 市教委によると、教諭は2015年から今年にかけ、生徒に日常的に「チビ」「デブ」などの暴言を吐いていたほか、生徒を蹴ったり、耳を引っ張ったりした。トイレの個室にいた生徒にホースで水をかけたこともあった。教諭は暴行の疑いで今月3日に書類送検されている。

 報告書によると、教諭は「こちらを向かせようと足で押さえた」「太っている子に(デブと)言うのはおかしいのか」などと弁明。懲戒対象の事案以外にも、情報提供を受けながら事実確認ができなかった暴言や体罰などが複数あった。

 また、監督責任を問い、同校の男性校長(59)も減給10分の1(1カ月)とした。市教委の担当者は「校長は事案を把握しながら市教委に報告せず、本人への指導にとどめていた。結果的に指導で状況は改善しなかった」と話し、校長の責任を重く捉えたという。
スポンサーサイト



高校部活の女子部員にセクハラ繰り返す 顧問の男性教諭

神戸新聞
2018年12月14日(木)18時20分

高校部活の女子部員にセクハラ繰り返す 顧問の男性教諭

 神戸市教育委員会は14日、女子生徒にセクハラを繰り返したとして、市立高校の男性教諭(53)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分としたと発表した。

 市教委によると、男性教諭は2017年8月~18年5月、顧問を務めていた部活動の女子部員を体育倉庫へ連れ込み「自分のことを好きなら抱きしめたいと思った」と言ったり、メールで「自分はどんな存在か」と尋ねたりするなど計6件のセクハラ行為をした。市教委には「性的な意図やセクハラの認識はなかった」と説明したという。

 男性教諭は10年前にも部活動の指導中に女子生徒の体を触るなどしたが、当時はセクハラと判断されず、処分もなかった。市教委は「研修を受けさせたが対応が甘かった。反省している」とした。

 また、9月に体育の授業中、男子生徒の態度に腹を立てて手のひらで顔をたたき、鼻の骨を折るなどのけがを負わせたとして、長田区の市立中学校の男性非常勤講師(26)をけん責とした。一般職員の戒告に相当する。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
検索フォーム
リンク