FC2ブログ

高校教諭がキセル

北海道新聞
2018年12月05 日(水)21時50分

鉄道ファンの高校教諭をキセル乗車で懲戒処分 道教委

 道教委は5日、JRをキセル乗車し、鉄道営業法違反の疑いで書類送検された渡島管内七飯町の高校の男性教諭(40)を、減給10%1カ月とする懲戒処分を発表した。同法違反での教員の処分は初めて。

 道教委によると、教諭は昨年9月、JR新函館北斗駅で170円の入場券を購入し、JR七飯駅まで乗車。無人の改札を通り正規運賃210円を支払わなかった。教諭は今年3月に書類送検され、4月に起訴猶予処分となった。

 道教委の調べに、教諭は新函館北斗―七飯間で同様のキセル乗車を5~10回繰り返したことを認めた。これとは別に教諭は北海道新幹線の新函館北斗―木古内間の切符しかないのに、新青森駅まで乗車。改札を出ずに木古内駅まで戻るなどの不正乗車も30回ほど繰り返した。教諭は鉄道愛好家で、「ストレス発散でやった」と話しているという。
スポンサーサイト



暴行で助教を懲戒解雇

毎日新聞
2018年12月5日(水)20時53分

学生の頭を金属製の棒で殴りけがさせる 九州工業大助教を懲戒解雇

 九州工業大(北九州市戸畑区)は5日、同大大学院工学研究院の20代の男子学生の頭を金属製の棒で殴ってけがをさせるなどしたとして、30代の男性助教を懲戒解雇した。

 同大によると、助教はこの学生に対し、3月ごろ平手打ち▽5月上旬と中旬に顔面殴打▽6月ごろ右上腕部を金属製の棒(長さ50~60センチ)で殴打▽8月8日に頭頂部を金属製の棒で3回殴打し2針縫う傷を負わせる――5回の暴力行為をした。

 他にも学生の前髪をハサミで切るなどの行為もあり、いずれも実験室で2人きりの時に行われた。助教は「実験サンプルを壊されたりしたので手を上げてしまった」などと認めているという。

 学生が実家に帰省した際に暴行を両親に打ち明け、母親が大学に通報して発覚した。助教は学生の頭に傷を負わせた際、学生に「病院には『上から物が落ちてきてけがをした』と言いなさい」と言い含めていたという。

 記者会見した尾家祐二学長は「人材を育てる場としてあるまじき行為。再発防止に全力を挙げる」と述べた。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
検索フォーム
リンク