FC2ブログ

信大准教授 研究費不正 カラ出張などで280万円

信濃毎日新聞
2018年10月18日(木)

信大准教授 研究費不正 カラ出張などで280万円

 信州大(本部・松本市)は18日、同大学術研究院教育学系の鈴木俊太郎准教授(社会心理学、臨床心理学)がカラ出張などの架空請求を繰り返し、研究費280万円余を不正に得ていたと発表した。得た額相当の現金が同准教授の研究室の金庫に保管されていた。同大は准教授が1人で行い、私的流用の事実は確認できなかったとしている。

 鈴木准教授は2009年に信大助教、12年から現職。同大研究推進部研究支援課によると、不正が確認されたのは12〜17年度。実際には行っていない出張に行ったことにしたり、宿泊数を水増ししたりした旅行完了報告書を提出し、計80回にわたり宿泊費や交通費などを得ていた。

 信大の調査によると、不正に得た研究費の一部は研究室のプリンターの修理に使われていた。大学運営資金から50万円余、国の科学研究費助成事業(科研費)から230万円余が支払われており、鈴木准教授は研究費を残すと研究がうまく進んでいないと思われるためだったとし、最終的には今後の研究に使うつもりだった―との趣旨の説明をしているという。

 不正は定例の内部会計監査で発覚した。今月17日に処分審査委員会が発足し、12月をめどに処分を決定する方針。不正に得た研究費は今後、返還するという。

 同大は18日、ホームページで「関係の皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫(わ)び申し上げる」などとするコメントを発表した。
スポンサーサイト



教諭2人を懲戒処分

河北新報
2018年10月20日土曜日

<宮城県教委>児童ポルノの動画所持、教諭停職 部活で体罰の女性教諭減給

 県教委は19日、教員2人の懲戒処分を発表した。児童買春・ポルノ禁止法違反(所持)の罪で罰金30万円の略式命令を受けた大河原教育事務所管内の小学校の男性教諭(56)を停職3カ月、部活動指導で体罰を繰り返した仙南地域の高校の女性教諭(43)を減給10の1(9カ月)とした。児童買春・ポルノ禁止法違反での教職員の懲戒処分は初めて。
 県教委によると、男性教諭は2月、児童ポルノの動画5点を収めた外付けハードディスク1台を所持したとして角田署に書類送検され、4月に略式命令を受けた。昨年3月にインターネットで動画を購入した。
 男性教諭は「1996、97年ごろから児童ポルノの動画を収集していた。違法性は認識していたが、処分できなかった」と話しているという。19日付で依願退職した。
 女性教諭は昨年10月末ごろから今年3月12日までの間、顧問を務める剣道部で、指示通りに動かなかったなどとして、当時1、2年の部員男女8人に対し、頬をたたいたり、顔にスリッパを投げ付けるなど計14件の体罰を行った。「体罰への認識が甘く、ずれていた」と話しているという。
 高橋仁教育長は「学校教育に対する信用を失墜させ、深くおわびする」とのコメントを出した。

わいせつ教諭に停職1年の懲戒処分

福島民友
2018年10月20日(土)08時30分

女子高生にマッサージ...わいせつ行為で30代教諭「停職12カ月」

 県教委は19日、会津地区の特別支援学校に勤務する30代男性教諭が、運動部の外部コーチとして指導していた別の高校の女子生徒に対し、わいせつな行為をしたとして、停職12カ月の懲戒処分とした。男性教諭は同日付で依願退職した。

 県教委によると、男性教諭は8月、大会遠征で女子生徒に3日間帯同し、県外の同じホテルに宿泊。自室で2人きりとなり、ベッド上で全身のマッサージを施した際、女子生徒の胸などに手指の一部が触れるなどした。女子生徒の体つきに関する発言もあった。不快感を持った女子生徒が警察に相談。教諭は問題となった行為があった日の前日夜にもマッサージを施した。

 教諭は県教委の調査に対し、胸などに触れたことや発言を「(性的な)意図ではなかった」と説明している。県教委は密室での行為自体が不適切と判断した。

 県教委はこのほか、重傷交通事故を起こしたとして、県北の特別支援学校の女性教諭(49)を減給1カ月の懲戒処分とした。

 県教委の本年度の懲戒処分は計13件となった。

アル中患者放置で口頭注意

神戸新聞
2018年10月19日(金)05時30分

中学部活の宴会で保護者が急性アル中で搬送 顧問教諭は2次会へ

 明石市立望海中学校(兵庫県明石市)で運動部の顧問を務める30代の男性教諭が7月中旬、部員が同席した保護者との宴会で、保護者の1人が急性アルコール中毒で救急搬送されたにも関わらず、2次会に参加していたことが18日、分かった。顧問は校長から口頭注意を受けたが、10月上旬にも保護者との宴会で飲酒をしていた。

 同校などによると、1回目の宴会は、運動部を引退する3年生の送別会として、午後7時ごろから市内の居酒屋で開催。保護者を含め約30人が参加し、生徒の飲酒はなかったという。

 閉会後、店の前で1人の保護者が体調不良を訴え、救急車で搬送されたが、顧問は店を変え、複数の保護者と深夜まで飲酒を続けたという。

 同校に情報提供があり、校長は7月下旬に顧問を注意。「搬送に付き添うことを申し出たが、保護者に2次会を促された」と説明したという。

 2回目の宴会は、顧問と保護者のみで催した。顧問は「保護者との人間関係を築くために参加したが、軽率な行動だった」と反省しているという。

 同校の校長は、神戸新聞の取材に「保護者の介抱を優先すべきで不適切だった」と謝罪した。市教委は「保護者との飲酒は禁止していないが、節度のある飲み方ではなく対応も不適切。再発防止を徹底する」とした。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク