FC2ブログ

児童に正座させた教諭に厳重注意

毎日新聞
2018年10月17日(水)09時43分

体罰
教諭、態度悪いと4児童を床に正座させる 厳重注意


 山梨市立八幡小の50代の男性教諭が先月、児童4人を教室の床に正座させていたことが判明した。市教委は「体罰に当たる」として12日付で教諭を厳重注意した。

 市教委によると、教諭は9月21日、運動会の練習に参加していた3年生の児童4人の態度が悪かったとして、放課後、約20分間にわたって教室の床に正座させた。教諭は4人のクラスの副担任だった。事実関係を認めているという。
スポンサーサイト



2校781人分の成績入りUSB 教諭が無断で持ち出し紛失

神戸新聞
2018年10月15日(月)18時12分

2校781人分の成績入りUSB 教諭が無断で持ち出し紛失

 兵庫県教育委員会は15日、県立東灘高校(神戸市東灘区)の男性教諭が、同校の生徒と、前任の県立鳴尾高(西宮市)の卒業生計781人の名前と成績が記録されたUSBメモリーを紛失したと発表した。

 県教委と東灘高によると、USBメモリーには、同校1年生280人と3年生21人の定期テストの点数や成績▽鳴尾高に2014~17年度に在籍した480人の定期テストの点数と成績-をまとめたファイルが記録されていたという。ファイルにはパスワードが設定されていなかった。漏えいなどの被害は確認されていない。

 男性教諭は9月28日に校内でUSBを確認し、成績処理などのため管理職に無許可で自宅に持ち帰ろうとしたが、その後の記憶があいまいで、10月1日に紛失に気付いたという。全職員で捜索したが、見つかっておらず、該当する生徒や卒業生に謝罪している。

小学校教諭が盗撮で停職処分

NHK NEWS WEB
2018年10月11日(木)18時05分

小学校教諭が盗撮で停職処分

大分市の小学校に勤務する29歳の男性教諭が、みずからが所属するスポーツの同好会の活動中に女性2人の着替えの様子を盗撮していたとして大分県教育委員会は、11日、この男性教諭を停職の処分にしました。教諭は11日付けで依願退職しています。

停職の処分を受けたのは大分市の公立小学校に勤務する29歳の男性教諭です。

大分県教育委員会の発表によりますと、この男性教諭は、ことし7月、みずからが所属していたスポーツの同好会の活動中、更衣室として使っていた倉庫にスマートフォンを置いて女性2人が着替える様子を盗撮していたということです。

女性たちがスマートフォンに気づき教諭を問い詰めたところ教諭は盗撮を認めたということです。

男性教諭は教育委員会の調査に対し、過去にも2度、同じ女性たちの着替えを盗撮していたと話しており、「職場でのストレスを抱えていて自分の弱さに負けた。教職に対する信頼を損ない申し訳なく思っている」と話しているということです。

教育委員会では信用を失墜する行為だとしてこの男性教諭を停職6か月の処分とし、教諭は11日付けで依願退職したということです。

大分県教育委員会教育人事課の法華津敏郎課長は記者会見で「教育に対する信頼を損ない申し訳ありません。不祥事の根絶に向けて綱紀の粛正をします」と話しています。


男子児童に体罰

毎日新聞
2018年10月17日(水)11時02分

体罰
男性教諭、トイレで男児の頭殴る 訓告処分 香川


 香川県中部の公立小学校で今年3月中旬、20代の男性教諭がトイレの個室にこもった男子児童の頭を複数回殴っていたことが16日、地元教育委員会への取材で分かった。地元教委は体罰にあたるとして7月に訓告処分にした。

 地元教委によると、教諭は昼休み後の校内清掃が終わった際、上級生とボール遊びをしていた男児に教室へ入るよう指示。男児は応じず、ふざけてトイレの個室にこもった。男児が教諭へ暴言を繰り返したことから、教諭は洗面台に足をかけ、個室の上部から頭を拳で2回殴り、腕も1回たたいたという。男児は拳を避けようとして個室内の窓枠に頭をぶつけた。

 教諭は男児を保健室へ連れて行き、腫れた頭部の手当てを受けさせた。同日中に男児の保護者に経緯を説明し、校長とともに謝罪。暴言に腹が立ったと説明しているという。

 地元教委の担当者は「手を上げたのは許されない行為で、教職員に指導のあり方を徹底するよう校長に伝えた」と話している。監督責任を問い、校長も口頭での厳重注意処分とした。

女子生徒の着替えを盗撮

サンスポ
2018年10月13日(土)20時39分

着替え中の女子生徒を盗撮…男性中学教諭が校内で 保護者会開き謝罪

 兵庫県西宮市立中で、男性教諭(29)が着替え中の女子生徒をビデオカメラで撮影していたことが13日、学校への取材で分かった。同校は同日、保護者会を開いて謝罪した。既に校長と教諭が管轄する警察署を訪れ、事情を話したという。

 学校によると、9日昼ごろ、体育の授業のため空き教室で着替えをしていた中学3年の女子生徒が、段ボール箱に開いた穴からビデオカメラのレンズがのぞいているのを見つけた。校長が一時保管したが、生徒らを担任する男性教諭が持ち主だと名乗り出た。

 その後、教諭は学校の調べに「置いたのは1回だけ。なぜやってしまったのか分からない」と話し、盗撮目的でカメラを置いたことを認めた。名乗り出た際、カメラを操作して撮影した動画は全て消去したと話しており、生徒の着替え姿の動画は確認できなかったという。

陸上部顧問が体罰

毎日新聞
2018年10月17日(水)10時49分

京都の府立高
陸上部顧問が部員の尻など蹴る 左腕骨折


 京都府立乙訓(おとくに)高校(同府長岡京市)の陸上部顧問の男性教諭(54)が、部の合宿後、2年生部員の男子生徒(17)の尻などを蹴る体罰を加え、左腕を骨折させていたことが17日、同校への取材で分かった。府教委の処分が決まるまで男性教諭は自宅謹慎している。

 同校によると、陸上部は今月12日から1泊2日で府内の大学で合宿。解散直後の13日午後6時半ごろ、教諭は男子生徒1人を呼び、練習に遅れたことなどを注意。生徒に「尻を出せ」と指示して蹴ったところ、生徒がかばおうとした左腕にも当たったという。

 教諭は学校の調査に「大変申し訳なく、反省している」と話し、日常的な体罰は否定している。教諭は生徒指導部長も務めており、藤本悟史副校長は「あってはならないことで再発防止に取り組む」としている。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク