FC2ブログ

佛教大教授 パワハラで戒告処分

産経WEST
2018年8月17日(金)19時37分

佛教大教授、パワハラで戒告処分 同僚女性に人格否定するメール

 佛教大学(京都市北区)は17日、同僚女性に対するパワーハラスメントがあったとして、文学部の50代の男性教授を戒告の懲戒処分にした。

 大学によると、教授は平成28年6月~29年12月、同じ学部で勤務する非常勤講師の50代女性に対し、仕事でのトラブルを理由に、女性の性格や知性などを否定する内容のメールを何度も送るなどした。教授は「自身の言動に誤解される点があったかもしれない。反省している」と話しているという。

 女性が昨年12月、大学の相談窓口に通報して発覚。女性は精神の不調を訴え、病院への通院歴もあるという。
スポンサーサイト



テスト不合格の児童らに教諭「大学行けないよ」

読売オンライン
2018年08月17日(金)11時35分

テスト不合格の児童らに教諭「大学行けないよ」

 2017年5月、青森県五所川原市内の市立小学校で、学級担任の男性教諭がテストで不合格だった児童10人を起立させ「大学に行けなくなる」などと発言し、1人が2週間ほど学校を休んでいたことが16日、県教育委員会への取材で分かった。市教委は11月、不適切な発言で登校できなくさせたとして、教諭を文書訓告の処分にした。

 県教委によると、教諭は帰りのホームルーム時、その日の授業で行われた漢字テストを返却し、不合格だった児童10人を起立させた。テストは10問中9問正解で合格だった。教諭は、前日に出題される可能性のある漢字を予告していたことから、「合格するための勉強は少しの時間で済むはずだ」と叱咤しったし、「将来大学に行けなくなるよ」などと発言したという。翌日から、不合格だった児童のうち1人が2週間ほど学校を休んだ。

 教諭は6月上旬、児童が学校に来なくなったことから、校長らに「自分の指導が不適切で恐怖心を抱かせてしまったかもしれない」と報告。学校側はこの児童と家族に謝罪した。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク