FC2ブログ

校外学習で水筒忘れた児童、教諭が水分取らせず

読売オンライン
2018年08月16日(木)07時24分

校外学習で水筒忘れた児童、教諭が水分取らせず

 東京都の小金井市の市立小学校に勤務する20歳代の男性教諭が7月、校外学習の際に、水筒を忘れた児童に水分を取らせなかったなどとして、市教委が口頭で注意していたことが15日、わかった。市教委は「命に関わる可能性もあった」とし、保護者に経緯を説明した。

 市教委によると、男性教諭は都から派遣された臨時職員で、4月から同小に勤務。7月10日に行われた校外学習で近くの寺に向かう際、水筒を忘れた児童に「出発前に学校で水をたくさん飲んでいけばいい」などと言って、水分補給などの対策を取らなかった。児童は強い日差しの中、往復30分の道のりを歩き、寺での学習の時間も含め約1時間、水を飲むことができなかった。

 児童は帰宅後、母親に頭痛を訴え、母親が市教委に連絡したという。男性教諭は市教委の聞き取りに「児童が何も言って来なかったから大丈夫だと思った」と説明したという。

 市教委は今回の件とは別に、男性教諭に対して2回、口頭で注意していた。別の児童に「死ね」と発言するなど、不適切な言動を繰り返したとしている。
スポンサーサイト



55歳高校教諭が女子生徒の体触り懲戒処分 三重

日刊スポーツ
2018年8月16日(木)19時32分

55歳高校教諭が女子生徒の体触り懲戒処分 三重

 三重県教育委員会は16日、顧問を務める部活動に所属する女子生徒の体を触ったなどとして、県立高校の男性教諭(55)を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は同日付で依願退職した。

 県教委によると、教諭は6~7月、部活動の指導を終えた後、校内や教諭の自宅で生徒を個別指導した。その後、膝の上に座らせて顔や腰などを触ったり、抱きしめて唇で生徒の首筋に触れたりした。生徒が学校側に相談し、発覚した。

 また別の県立高校の宿直室で5月、女子生徒の体を触り、スカートの中に手を入れたとして男性非常勤職員(66)を出勤停止6カ月とした。16日付で依願退職した。

 同県の広田恵子教育長は記者会見で「学校教育に対する信頼を著しく損ない、おわびする。再発防止に努める」と話した。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク