FC2ブログ

元教諭わいせつ、県に1092万円支払い命令

2018年07月21日(土)14時54分

元教諭わいせつ、県に1092万円支払い命令

 公立学校の元教諭の男(受刑中)による女子生徒への強制わいせつ事件で、被害者4人とその両親らが、学校を設置した茨城県などを相手取り、約5286万円を求めた国家賠償請求訴訟の判決があった。水戸地裁土浦支部は、県の教育環境配慮義務違反などを認め、県に慰謝料など約1092万円の支払いを命じた。

 裁判で原告側は「(元教諭の行為は)職務中で、県は学校を設置、運営する主体として、安全で良好な環境で教育を受けられる環境を整備するように配慮すべき義務を負っていた」などと主張。県側は「職務の範囲に含まれず、職務との密接な関連性もない」などとして請求の棄却を求めた。

 判決は18日にあり、松田典浩裁判長(針塚遵裁判長代読)は「校内で部活動の指導中や近接した時間に行われており、職務の範囲に含まれる」と指摘。複数の教諭が、元教諭が女子生徒にマッサージするのを目撃しており、校長は男に指導するべきだったのに有効な対策を講じず事件が起きたとし、教育環境配慮義務違反があったと認定した。

 原告側代理人は「わいせつ行為で多くの被害者が出ているのに学校が止めなかったことを、明確な法律違反と認めた意義のある判決だ」と話した。

 県教育委員会は「判決の内容を詳細に確認し、代理人とも相談して対応を早急に検討する」とのコメントを出した。

 元教諭は昨年2月22日に懲役8年6月の刑が確定している。



〓関連記事〓
マッサージするふりをして女子生徒の下半身を触り続けた中学教諭

スポンサーサイト



体罰で 教諭2人停職

NHK NEWS WEB
2018年7月20日(金)20時01分

部活動ランニングで脱水症状 “体罰にあたる” 教諭2人処分

去年8月、東京都立の特別支援学校で高等部の男子生徒が部活動のランニング中に熱中症による脱水症状を起こし、一時、意識不明の重体になった問題で、東京都教育委員会はランニングを指示した男性教諭2人を、体罰にあたるとして停職1か月の懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、都立の特別支援学校に勤務する32歳と33歳の男性教諭です。

この問題は、去年8月、杉並区にある都立永福学園でバスケットボール部に所属していた高等部1年の男子生徒が部活動のランニング中に倒れたものです。

この生徒は、熱中症による脱水症状で一時、意識不明の重体になりましたが、現在は回復しているということです。

都教育委員会によりますと、2人の男性教諭は当時、顧問を務めていましたが、気温が高い日と知りながら生徒の体調などを確認せず、通常の練習量を大きく超えるランニングをするよう指導していたということです。

教育委員会はこの指導などが体罰にあたるとして、20日付けで2人の教諭をそれぞれ停職1か月の懲戒処分にしました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
検索フォーム
リンク