FC2ブログ

盗撮目的で保健室に侵入 高校教諭逮捕

朝日新聞
2018年4月30日(月)17時57分

盗撮用カメラ設置目的、勤務先の高校に侵入容疑 京都


 盗撮用カメラを設置するために勤務先の高校に侵入したとして、京都府警は4月30日、府立宮津高校伊根分校(同府伊根町)教諭の木村亮人(あきと)容疑者(25)=同府宮津市滝馬=を建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。

 宮津署などによると、木村容疑者は同月9~24日の間に、小型カメラを設置する目的で保健室に侵入した疑いがある。別の教員が24日、室内にカメラがあるのを発見。カメラ内の映像記録に木村容疑者が映っていた。木村容疑者は「下着を盗撮するために入った」と供述している。

 伊根分校の岩月有行副校長は「信頼を裏切ることになって誠に申し訳ない」と話した。
スポンサーサイト



偽の休暇届で減給処分

毎日新聞
2018年4月27日(金)

懲戒処分
教諭が偽休暇届、裁判に証拠提出 愛知県教委処分


 自作したうその休暇届を民事裁判の証拠として裁判所に提出したとして、愛知県教育委員会は26日、同県豊田市立豊南中学校の女性教諭(38)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。


 県教委や豊田市教委によると、教諭は2015年7月に個人相手に起こした私的な訴訟で、精神的苦痛を訴えるためうその休暇届を自宅で作成し、証拠書類として提出した。休暇理由を「うつ状態」「摂食障害」などと記し、コピーした校長印を貼り付けていた。

 17年9月の判決で教諭の精神的苦痛が認定され、訴訟は終結したが、うその休暇届が根拠になったかどうかなど詳細は不明という。

 休んだとする時期に教諭が活動する様子が学校のホームページに掲載され、訴訟の相手方が今年3月、市教委に問い合わせて発覚した。教諭は「精神的苦痛を証明したい一心でうその証拠を出した」と話しているという。

女性教諭 勘違いで失職

京都新聞
2018年04月27日(金)23時22分

勘違いで教員免許失効、失職 滋賀の小学校女性教諭

 滋賀県教育委員会は27日、県内の公立小学校に勤務していた40代女性教諭の教員免許が3月で失効していたことが分かり、失職としたと発表した。

 県教委によると、教諭は1995年に小学校の教員免許を取得した。この教諭の場合は2018年3月が免許更新の期限だったが、17年に特別支援学校教諭の免許を取得したことから、手続きをすれば27年10月まで取得済みの免許の有効期限を延期することができた。

 教諭は、特別支援学校の免許を取得すると自動的に有効期限が延長されると誤認。念のために相談した所属先の校長も同様に誤認したことから、延期の手続きをしなかったという。

 4月に入って教諭の教員免許が失効していることに教頭が気付き県教委に連絡。県教委が確認し、24日に失職(3月31日付)を通告した。教諭が4月以降に行った授業は有効だという。県教委の岸田英嗣教職員課長は「信頼を損ねたことを深くおわびする」とした。

中学校教諭みだらな行為容疑逮捕

NHK NEWS WEB
2018年04月30日(月)17時46分

中学校教諭みだらな行為容疑逮捕

須賀川市に住む中学校の男性教諭が18歳未満の少女にみだらな行為をしたとして、30日午前、福島県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは須賀川市に住む中学校教諭、川崎貴裕(23)容疑者です。
川崎容疑者は3月28日、会津地方の屋外の場所で18歳未満の少女にみだらな行為をしたとして福島県青少年健全育成条例違反の疑いが持たれています。
4月26日に少女の保護者が警察に届け出たということで、調べに対して川崎容疑者は「間違いありません。被害者が18歳未満であることはわかっていた。申し訳ないことをした」と話し容疑を認めているということです。

盗撮やわいせつ、男性教諭2人懲戒免職 北九州

産経WEST
2018年4月27日(金)20時38分

盗撮やわいせつ、男性教諭2人懲戒免職 北九州

 北九州市教育委員会は27日、盗撮や生徒へのわいせつ行為をしたとして、市立小の男性教諭と市立中の男性教諭の2人を懲戒免職とした。

 市教委によると、市立小の20代男性教諭は平成27年ごろから飲食店などで盗撮を繰り返したほか、同僚だった女性教諭宅に侵入し、浴室を盗撮したとして住居侵入などの疑いで3月に書類送検された。

 市立中の男性教諭は昨年12月、女子生徒を車で自宅に送った際、手にキスし、わいせつな画像を見せた。

 このほか、今年1月に男子児童の顔面を蹴り、骨折などのけがを負わせたとして、市立小の男性教諭(26)を停職12カ月の懲戒処分とした。


強制わいせつ傷害容疑で小学校の教諭逮捕

TBS NEWS
2018年4月26日(木)15時32分

強制わいせつ傷害容疑で小学校の教諭逮捕

 横浜市の路上で女性に抱きつき、わいせつな行為をしてけがをさせたとして、小学校の教諭の男が逮捕されました。

 強制わいせつ傷害の疑いで逮捕されたのは、横浜市立荏田西小学校の教諭、秋山研三容疑者(25)です。

 秋山容疑者は、先月5日未明、横浜市旭区の路上で20代の女性に抱きついたうえ、胸を触るなどのわいせつな行為をしてけがをさせた疑いが持たれています。女性は、腕や両膝に軽いけがをしました。

 警察によりますと、秋山容疑者は近くの駅のタクシー乗り場で「相乗りをしませんか」と女性に声をかけて同乗し、タクシーを降りたところで抱きつくなどしたということです。調べに対し、秋山容疑者は容疑を認めていて、市の教育委員会は「事実関係を踏まえて厳正に処分します」としています。

教諭の停職6カ月処分、取り消し判決 東京地裁

産経ニュース
2018年4月25日(水)19時04分

教諭の停職6カ月処分、取り消し判決 担任していた女子高生に845通以上のメール

 女子生徒に不適切なメールを送ったとして、停職6カ月の懲戒処分を受けた東京都立高の男性教諭(36)が、処分は重すぎるとして取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、請求を認めて取り消した。

 教諭は今回の処分前の平成26年に懲戒免職処分を受けて提訴。勝訴し取り消し判決が確定したことから都が28年5月に改めて処分し、教諭が再び提訴していた。

 西村康一郎裁判長は「悪質性からすると厳しい処分は理解できる」と指摘。ただ前回の免職処分が取り消されるまでの間、通常勤務に就けず、不利益を受けたことなどを考慮し「停職6カ月の処分は相当性を欠き、裁量権の乱用に当たる」と述べた。

 判決によると教諭は23年4~11月、担任していた女子生徒に「抱かれにおいで」などのメールを845通以上送った。

 都教育委員会の中井敬三教育長は「判決は誠に遺憾。内容を確認し、対応を検討していく」とのコメントを出した。

続きを読む

中学校教諭、生徒の首絞め失神させる 大分

日テレNEWS24
2018年4月25日(水)15時42分

中学校教諭、生徒の首絞め失神させる 大分

先週、大分市内の市立中学校の男性教諭が、下校の指導中に生徒の首を絞めて失神させていた事が分かった。

この問題は今月20日、大分市内の市立中学校の50代の男性教諭が、下校指導中、男子生徒の首をつかんで転倒させ頭などにケガをさせたもの。関係者によると、この際、教諭が生徒の首を絞めて失神させていたという。

市教委は不適切な指導だったとして、今月22日に会見を開いて謝罪した。

しかし、その際の説明では「転倒した後、すぐに立ち上がった」などとして、気を失った事実を明らかにしていなかった。理由について市教委は、「事実関係の確認を行っていた途中であり、隠す意図はなかった」と釈明している。

警察が事実関係の確認を進めている。


2018-04-25、日テレNEWS

続きを読む

教諭2人を懲戒処分 / 福島

福島民友
2018年04月21日(土)08時45分

男性教諭、女子生徒抱きつき停職6カ月 車に複数回同乗させる

 県教委は20日、教え子の女子生徒の体を触るなど不適切な行為があった50代の男性教諭を停職6カ月、交通事故を起こした男性教諭(51)を減給1カ月とする懲戒処分も発表した。処分はいずれも同日付。

 県教委によると、停職6カ月の処分を受けた50代の男性教諭は県北地方の高校に勤務。2015(平成27)年夏ごろから昨年3月までの間、当時在校生だった女子生徒を複数回にわたり自家用車に同乗させて抱きしめたり、手を握ったりしていた。教諭は生徒が卒業後も同様の行為を繰り返し、3月に2人で車内にいたところ、パトロール中の警察官から職務質問を受けたことをきっかけに、自ら校長に事実関係を報告したという。

 県南地区の高校に勤務する男性教諭(51)は昨年10月、私用で自家用車を運転して郡山市の市道から店舗駐車場に入る際に、自転車の女性をはねて腰や膝にけがをさせた。




児童押し倒し尻を蹴る 30代教諭を懲戒処分

神戸新聞
2018年4月24日(火)18時48分

児童押し倒し尻を蹴る 30代教諭を懲戒処分

 兵庫県教育委員会は24日、授業時の私語を注意した際、児童3人を押し倒すなどの体罰を加えたとし、姫路市立小学校の男性教諭(39)を、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、男性教諭は2月21日、別の教員が担当する音楽の授業で私語をしたと申し出た5年の男子児童8人を教室内で指導中、「どうしたらできるようになるのか」と言った後、3人の胸ぐらをつかんで押して倒し、うち1人の尻を蹴ったという。3人にけがはなく、男性教諭は終業後に謝罪したという。

 男性教諭は管理職に報告していなかったが、同日夕、保護者からの連絡で発覚。「これまでの指導が児童に通じていないなどの焦りがあった」と話しているという。その後、別の学校に異動している。

京大教授、手当など不正請求 東京に住み出張費を計上

2018年4月23日(月)21時04分 朝日新聞デジタル

京大教授、手当など不正請求 東京に住み出張費を計上

 京都大経済研究所の元所長で60代の男性教授が手当などを不正に請求したとして、京大が近く処分を検討していることがわかった。住所が京都市にあると大学に届け出ながら実際は東京の自宅に住み、実態にあわない出張費を計上。単身赴任手当や東京―京都間の交通費などを受け取っていた。総額は約2年間で計約270万円。教授は学内の調査に不正を認めているという。

 教授は、経済理論の専門家で、日本経済学会長を務めたことがある。2015年10月に別の大学から京大に移った。

 関係者によると、京大は寄せられた情報に基づき、17年9月から調べていた。教授は京都市内にある賃貸住宅を住所として大学に届け出て、17年8月までに単身赴任手当や住居手当など計180万円あまりを受け取っていた。

 また、教授は京大で授業を受け持っていなかったが、会議などのために出勤する際に、京都から東京方面に出張したことにして実態にあわない出張費を請求。実際にかかった交通費にあてていた。こうした「カラ出張」は24件、計80万円あまりに上った。

 昨年度までの出勤状況を確認すると、大学に実際に出勤したのが計約80日に対し、学外で従事したとする日が計300日以上あった。秘書に指示して出勤簿に押印させ、出勤したことにしていたこともあったという。

 調査に対し教授は、当初は京都に住む予定だったが、持病が悪化し、東京の自宅で家族と同居して京都に通うようにしていたと釈明。自宅で研究や業務ができると考えていたといい、「不正の認識はなかったが、反省している」と説明しているという。

 京大では15年と17年にも元教授や助教のカラ出張が判明し、京大は17年7月、再発を防ぐ体制を整備すると表明していた。京大は「現状ではコメントできない」としている。

のぞき見で小学校教諭を逮捕

時事ドットコム
2018年04月20日(金)19時51分

女子高生のスカート内のぞき見=容疑で小学校教諭逮捕-大阪府警

 駅の階段で女子高校生のスカート内をのぞき見たとして、大阪府警東署は20日、府迷惑防止条例違反の疑いで、東大阪市立小学校の教諭堀内誠容疑者(39)=同府富田林市寺池台=を逮捕した。同署によると容疑を認め、「約5年間で300回以上のぞきや盗撮をした」と供述。同容疑者のスマートフォンには盗撮したとみられる画像が多数保存されており、同署が詳しく調べる。
 逮捕容疑は20日午前7時20分ごろ、大阪市中央区の大阪メトロ長堀鶴見緑地線玉造駅の階段で、女子高生のスカート内をのぞき見た疑い。

体罰で懲戒処分

京都新聞
2018年04月19日(木)22時41分

男子生徒2人の頬、平手でたたく 滋賀、顧問の教諭処分

 滋賀県立栗東高の20代男性教諭が昨年5~9月、顧問を務める運動部の男子生徒2人に体罰を行っていたことが、19日までに分かった。部活動中に生徒の頰を平手でたたいたといい、滋賀県教育委員会は「指導として行きすぎた行為」として、昨年12月20日付で教諭を文書訓告の処分をした。

 県教委によると、昨年5月、生徒が授業中に缶コーヒーを飲んでいたと聞いた教諭が、顧問を務める運動部の指導中に1回たたいた。もう一人の生徒に対しては、同7月に学業成績の報告がなかったことや、大会に遅刻したことを注意し各1回たたいた。9月にも話を聞く態度が悪いとして5、6回たたいたという。

 9月に県教委に届いたメールを受けて、同高が聞き取りを実施。教諭が事実を認めたため部活動の指導から外した。同高は生徒らにも聞き取りを行い、2人以外の生徒への体罰は確認されなかった。教諭は10月に生徒2人と保護者に謝罪。部活の保護者説明会も開催した。

 県教委によると、教諭が顧問を務める運動部は全国大会に出場する強豪。教諭は今年3月から部活動の指導に復帰しているという。

試験中に酔って騒ぐ教諭

読売オンライン
2018年04月20日(金)19時55分

センター試験中に四合瓶2本、高校教諭大騒ぎ

 大学入試センター試験が行われた1月14日、試験会場となった福島県いわき市の大学の引率者控室で、県立高校の男性教諭(57)が試験時間中に飲酒し、酔って騒ぐなどしていたことが分かった。

 県教育委員会は20日、この教諭を減給10分の1(1か月)の懲戒処分にした。

 県教委の発表によると、男性教諭は、受験生の引率教諭の控室で、他の教諭が後日の慰労会用に購入していた日本酒(720ミリ・リットル)2本を見つけ、「めずらしい酒だな」と言って飲み始めた。正午頃からの約5時間に一人で飲みきり、話し声が大きいと注意した同僚の胸ぐらをつかむなどしたという。

 男性教諭は引率担当ではなかったが、「同僚を激励したかった。酒に自堕落な性格が原因だと反省している」と話しているという。県教委の大沼博文教育次長は「生徒の受験中に酒を飲むとは常識的に考えてありえない」と述べ、陳謝した。

少女とわいせつ行為 高校の講師を逮捕

日テレ2
2018年4月19日(木)17時14分

関商工講師 児童福祉法違反の疑いで逮捕(岐阜県)

 少女とわいせつ行為をしていた公立高校の講師が19日、逮捕されました。警察によりますと、児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、岐阜県関市立関商工高校の講師・山田昇弘容疑者(28)です。山田容疑者は先月11日、18歳未満と知りながら岐阜県内に住む10代の少女とホテルでわいせつな行為をした疑いがもたれ、調べに容疑を認めているということです。山田容疑者と少女は以前からの知り合いで、少女の父親から警察への相談で発覚したということです。

都立高教諭 児童買春容疑で逮捕

NHK NEWS WEB
2018年04月18日(水)14時20分

都立高教諭 児童買春容疑で逮捕

東京の公立高校の47歳の教諭が去年、SNSで知り合った奈良県内に住む女子高校生に現金を渡し、奈良市内のカラオケ店でわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、東京都立上野高校の教諭、藤田将章容疑者(47)です。
警察によりますと、藤田教諭は去年8月、「ツイッター」で知り合った奈良県内に住む当時16歳の高校2年生の女子生徒に現金1万3000円を渡し、奈良市内のカラオケ店の室内でわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いが持たれています。
去年12月、奈良県警察本部の捜査員が、サイバーパトロールで援助交際をうかがわせる書き込みを見つけたことから事件が発覚したということです。
藤田教諭は、女子生徒に会うため、休日に奈良を訪れ、犯行に及んでいたということで、警察の調べに対し、「事実間違いない」と供述し、容疑を認めているということです。
東京都教育委員会は、「事実関係を確認し、事実であればしかるべき対処をする」としています。

部活コーチが体罰

名古屋テレビ
2018年4月16日(月)17時34分

岐阜県の高校で部活コーチが体罰 依願退職後も体罰続けていたとの情報も

2014年岐阜県下呂市の県立高校の部活コーチが、部員に足を蹴る体罰を加え依願退職していたことが明らかになりました。

岐阜県教育委員会によりますと2014年県立益田清風高校で、女子ハンドボール部の60代の男性コーチが部員に足を蹴る体罰を加え、肉離れのけがをさせていたことがわかりました。男性コーチは依願退職しましたが、その後も学校外の施設での練習に加わり、体罰を続けていたという情報が寄せられているということです。教育委員会は退職後の体罰について調査するとしています。

続きを読む

水泳授業中、水着のまま国語の課題…複数児童に

読売オンライン
2018年4月15日(日)15時04分

水泳授業中、水着のまま国語の課題…複数児童に

 高松市立小学校の教諭が、授業時間内に課題が終わらなかった児童に対し、次の授業の水泳の時間にプールサイドで課題を続けさせていたことが、市教委への取材で分かった。市教委は不適切として教諭を指導した。

 市教委によると、教諭は昨夏に複数回、読書の課題を国語の授業中に終えなかった複数の児童に、次の水泳の授業の開始から5分間で仕上げるように指示。他のクラスの児童もいる中、プールサイドのテントの下で水着姿で課題を続けさせたという。児童の1人が保護者に相談し発覚した。

 市教委は「やり残した課題を次の授業で行うことに問題はないが、児童の心身の負担になったことは不適切だった」としている。

生徒にわいせつ行為 女性教諭を懲戒免職

毎日新聞
2018年4月13日(金)

わいせつ
生徒に 女性教諭懲戒免 県教委 /長野


 県教育委員会は12日、18歳未満の生徒にわいせつな行為を行ったとして特別支援学校の30代女性教諭を3月31日付で懲戒免職処分にしたと発表した。3月下旬、同校校長に生徒の保護者から問い合わせがあり、校長が教諭に確認して発覚した。

 県教委によると、教諭は「生徒に好意を抱いていた」と話し、昨年度にわいせつな行為をしたと認めた。わいせつ行為の内容について、県教委は「被害者保護のため」として明らかにしなかった。

 県教委は2016年11月、「わいせつな行為根絶のための特別対策」として研修や自己分析支援チェックシートを導入。処分を受けた女性教諭も月1回の校内研修などを受けていた。対策開始以降、わいせつ行為による教諭の処分は初めてで、昨年度の懲戒処分は7件となった。

 原山隆一教育長は「すべての学校関係者が真剣に取り組んでいる中でこのような事案が発生したことはきわめて遺憾であり、深刻に受け止めている」と陳謝した。

道路上に女性、軽乗用車にひかれ死亡 滋賀の県道

京都新聞
2018年04月13日(金)14時00分

道路上に女性、軽乗用車にひかれ死亡 滋賀の県道

 12日午後10時45分ごろ、大津市稲津2丁目で、大津市里7丁目、小学校教諭の女性(24)の軽乗用車が、道路上に横たわっていた女性をひいた。女性はまもなく死亡し、大津署が身元の確認を急いでいる。

 同署によると、車は瀬田方面から大石東方面へ走行中で、現場はゆるやかな右カーブだったという。

中学教諭が元教え子にわいせつ行為

産経WEST
2018年4月12日(木)18時45分

元教え子にわいせつ疑い 公園駐車場に停めた車の中で 岐阜の中学教諭逮捕

 教え子だった10代の女性にわいせつな行為をしたとして、岐阜県警は12日、児童福祉法違反の疑いで、同県大野町の町立大野中学校大野分校教諭の男(51)を逮捕した。「わいせつな行為は一切していない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は3月29日午後、同県大垣市の公園駐車場に止めた車内で、18歳未満と知りながら県内に住む元教え子の女性にわいせつな行為をした疑い。

 県警によると、同日に女性が県内の警察署に相談して発覚した。

 大野町教育委員会の八木正之教育長は記者会見し「誠実な勤務態度だったので驚いている。二度と不祥事を起こさないよう再発防止に努める」と謝罪した。

大学のカメラ横領容疑、北九州市立大の准教授を逮捕

朝日新聞
2018年4月12日(木)23時24分

大学のカメラ横領容疑、北九州市立大の准教授を逮捕

 大学の研究機材の映像制作用カメラを横領したとして、福岡県警は12日、北九州市立大国際環境工学部情報メディア工学科の准教授、松波勲容疑者(35)=北九州市若松区ひびきの=を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。「間違いない」と認めているという。

 捜査2課によると、松波容疑者は2016年9月20日ごろ、研究機材のラージセンサーカメラセット(税抜き納入価格62万1600円)を北九州市内の質屋に持ち込み、50万円で売却した疑いがある。

 松波容疑者は13年4月から准教授として勤務し、研究機材の保管や管理を任されていた。カメラセット購入には、科学研究費補助金が充てられたという。県警は松波容疑者が納入日の9月20日ごろ売却したとみており、動機を調べている。

 市立大の中尾泰士副学長らは12日に会見して「関係者に多大なご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪。備品の管理体制を見直し、再発防止に努めるという。

児童の母親と性的な関係持つ 小学校の校長を懲戒免職

NHK NEWS WEB
2018年4月11日(水)21時54分

児童の母親と性的な関係持つ 小学校の校長を懲戒免職

東京・多摩地域にある小学校の校長が、児童の保護者と性的な関係を持ったとして、都の教育委員会は懲戒免職の処分にしました。

懲戒免職の処分を受けたのは、東京・多摩地域の小学校の54歳の校長です。

都の教育委員会によりますと、この校長は、4年前からことし1月にかけて、小学校に通う児童の母親と、ホテルや自宅で性的な関係を持ったということです。

匿名の情報提供があり、教育委員会が調査したところ、校長は事実関係を認め、「深く反省している」と話したということです。

都の教育委員会は、児童の人権に配慮する必要があるとして、校長の名前や学校名を公表していません。

校長がスカート内盗撮

NHK NEWS WEB
2018年4月11日(水)15時06分

入学式出席後に10代女性を盗撮か 小学校の校長を逮捕

埼玉県志木市にある小学校の58歳の校長が、10日夜、都内のスーパーマーケットで、10代の女性のスカートの中をカメラで盗撮したとして警視庁に逮捕されました。校長は入学式に出席したあとだったということです。

逮捕されたのは、埼玉県志木市にある市立小学校の校長、伊東孝泰容疑者(58)です。

警視庁の調べによりますと、伊東校長は10日午後8時ごろ、東京・板橋区のスーパーマーケットで、10代の女性のスカートの中をカメラで盗撮したとして、都の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。

不審な動きをしている人がいるという通報を受けて、警察官が駆けつけ、伊東校長から事情を聴いたところ容疑を認めたことなどから、11日未明に逮捕したということです。

志木市教育委員会などによりますと、伊東校長は今月1日に着任し、10日に入学式に出席していたということです。志木市教育委員会は「警察から連絡があり、調査をしているところでコメントできない」としています。

続きを読む

教諭から性的行為 市に賠償命令

NHK NEWS WEB
2018年04月10日(火)12時33分

教諭から性的行為 市に賠償命令

金沢市の市立中学校に通っていた男性が、当時担任だった元男性教諭から継続的に性的行為を受け精神的な苦痛を受けたとして金沢市に損害賠償を求めていた裁判で、金沢地方裁判所は、市に330万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。
この裁判は、金沢市の市立中学校に通っていた男性が、当時担任だった元男性教諭から継続的に性的行為を受け、精神的な苦痛を受けたとして、おととし、金沢市に対し550万円の損害賠償を求める訴えを起こしたものです。
判決で金沢地方裁判所の加島滋人裁判長は、元教諭が学級担任や部活動の顧問など職務上の立場を利用して男性に対して繰り返し性的行為を行い、男性の心身の健全な発達を阻害して多大な精神的苦痛を与えたと認めました。
その上で、中学校の管理者である金沢市に対して、慰謝料などとして330万円を支払うよう命じる判決を言い渡しました。
今回の判決について金沢市教育委員会は「判決文を精査したあと、市教育委員会としての対応を検討したい」とコメントしています。

市立中校長を停職

産経WEST
2018年4月9日(月)20時37分

大阪市教委、市立中校長を停職処分 支援員の臨時職員を雑用に従事

 大阪市教育委員会は9日、臨時職員を本来業務と関係のない雑用に従事させていたとして、市立中の男性校長(63)を停職1カ月の懲戒処分としたと発表した。処分は3月29日付。校長は同月末で依願退職した。

 市教委によると同校は平成26年5月~29年10月、障害のある生徒の特別支援員として臨時職員を雇用。しかし、実際は校長の事務作業の手伝いなどの雑用に従事させていた。

 昨年夏に公益通報があり発覚。市教委はこの期間に勤務していた男性教頭2人についても不正な事態を把握していたとして、戒告の懲戒処分とした。


中学生にわいせつ行為 容疑の教諭を逮捕 札幌

北海道新聞
2018年4月06日(金)16時00分

中学生にわいせつ行為 容疑の教諭を逮捕 札幌

 札幌白石署は6日、道青少年健全育成条例違反(わいせつな行為)の疑いで、札幌市東区北20東16、同市立中学校教諭中野恭輔容疑者(27)を逮捕した。

 逮捕容疑は5日夜、札幌市内の少女に対し、18歳未満と知りながら、同市内の路上に止めた車の中でいかがわしい行為をした疑い。

 同署によると、巡回中の署員が同日午後7時半ごろ、車内で少女と2人でいた中野容疑者を発見し、事情を聴いたところ容疑を認めたという。

 逮捕を受け、市教委の長岡豊彦教育長は「子供たちの教育に携わる職員が逮捕されたことは極めて遺憾、重大な事態と重く受け止めている」とのコメントを出した。

女子中学生に抱きついた教師を逮捕

ABC朝日放送
2018年4月4日(水)19時21分

【京都】東大阪市立中の教師 少女に路上わいせつで逮捕

京都府木津川市で去年、1人で帰宅中の女子中学生に抱きついたとして、東大阪市の中学校の教師が逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、東大阪市立上小阪中学校の教師・谷村和広容疑者(39)です。谷村容疑者は去年6月、木津川市の路上で、塾から1人で帰宅途中だった女子中学生(15)に後ろから突然抱きつき、上半身を触った疑いがもたれています。谷村容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。警察は、谷村容疑者が仕事後に現場へ向かったとみていて、周辺で発生している強制わいせつ事件との関連についても調べる方針です。東大阪市教育委員会は「事実確認が取れ次第、厳正に対処する」としています。


続きを読む

前橋市立の小中学校、全児童の個人情報が流出

読売オンライン
2018年04月05日(木)09時58分

前橋市立の小中学校、全児童の個人情報が流出

 前橋市教育委員会は4日、市立の全小中学校、特別支援学校に在籍する全ての児童生徒2万5725人分の氏名や住所、電話番号などの個人情報が流出したとみられると発表した。

 サーバーに不正アクセスがあったためで、幼稚園と小中学校の教職員や児童らから給食費を徴収するための口座情報も最大1万9932件分流出した疑いがある。4日時点で悪用されたとの情報はないという。

 市教委によると3月16日、各学校のホームページアドレスなどが掲載された「公開用サーバー」に不正なアクセスがあったことに気が付いた。調査を進めた結果、児童や生徒の個人情報が持ち出された痕跡が見つかった。公開用サーバーを経由し、個人情報を保存している「校務用サーバー」への通信が可能になっていたという。

 流出した情報には、保護者の氏名や児童らのアレルギー、既往症なども含まれる。

小学校講師の女、歓迎会で飲酒し酒気帯び運転

読売オンライン
2018年04月05日(木)13時24分

小学校講師の女、歓迎会で飲酒し酒気帯び運転

 富山県警富山中央署は3日、富山市二口町、立山町立小学校臨時的任用講師の女(40)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、女は同日午後10時50分頃、同市神通本町のビル敷地内で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。ビルの壁やブロック塀に衝突し、駐車していた車計3台を損傷させた。ビルにいた男性から通報を受け、同署員が駆けつけたところ、呼気から基準値以上のアルコール分が検出された。

 立山町教育委員会によると、女は今年度、同小学校に着任し、5日の始業式に出席する予定だった。同校によると、3日は教職員の歓迎会だった。大岩久七教育長は「教育に対する信頼を著しく損ね、大変遺憾だ。再発防止に努め、信頼回復に全力で取り組む」と述べた。町教委は4日、町内の全ての小中学校に綱紀粛正の徹底を図るよう通知を出した。
プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR