FC2ブログ

教諭5人を懲戒処分

埼玉新聞
2018年3月19日(月)

女児にスカートのままブリッジさせて触る…県教委、教諭5人処分 女子生徒にみだらな行為、暴行、虚偽も


 県教育委員会は19日、わいせつ行為などで教職員5人について、懲戒免職や減給などの処分を行ったと発表した。

 懲戒免職となった南部地区公立小学校の男性教諭(33)は2017年11月2~10日の間、派遣されていた海外の日本人学校で、女子児童2人に対し計4回、スカートをはいたままブリッジなどをさせ、腰や太もも付近を触ったり自分のカメラで動画を撮影した。

 北部地区県立高校の男性教諭(27)も懲戒免職。同年3月16日~6月2日の間、同校に在籍する2人の女子生徒に対し、それぞれ男性教諭の自宅でみだらな行為をしたり、校内でキスをするなどした。

 県立上尾高校定時制の男性教諭(56)は正当な理由なく64日間欠勤したほか、出勤しても授業を行わなかったとして懲戒免職。担当する日本史Aの18年度教科書について、自分が選んだものと別の教科書を校長が選んだことが不服だと話しているという。

 草加市公立中学校の男性教諭(48)は減給3カ月(10分の1)。17年4月29日、顧問を務める部活の男子生徒が必要書類をすぐに提出する様子がなかったことから、職員室で左すね付近をけるなどの暴行を加え、打撲など全治約2週間のけがを負わせた。

 県立羽生第一高校の女性教諭(30)は、同校の女子生徒が志望する専門学校の推薦選考の出願書類を受付期限までに提出することを忘れた上、生徒と保護者に対して「書類に不備があり受理してもらえなかった」と虚偽の説明をしたとして、減給1カ月(10分の1)。生徒は一般選考を受け、合格した。

 本年度の教職員の懲戒処分件数は23件(うち免職10件)。過去5年間で最多だった16年度から12件減ったものの、不祥事が後を絶たない状況。県教育局は、不祥事防止に向けた意見を教職員から募集するなど、対策を強化している。
スポンサーサイト



8人死亡の雪崩事故 引率教員3人を停職の懲戒処分

NHK NEWS WEB
2018年3月19日(月)18時24分

8人死亡の雪崩事故 引率教員3人を停職の懲戒処分

去年3月、栃木県那須町で登山の訓練中の高校生らが雪崩に巻き込まれて8人が死亡した事故で、県の教育委員会は、安全に対する配慮が不十分だったとして、訓練の責任者だった引率教員3人を停職5か月から3か月とするなどの懲戒処分としました。

去年3月、栃木県那須町の茶臼岳で登山の訓練中だった7つの高校の山岳部の生徒らが雪崩に巻き込まれ、生徒ら8人が死亡し、40人がけがをしました。

県の教育委員会は、午後2時から開かれた会合で、引率した教員らについて、危険性の認識を欠いた状態で当日の朝、訓練内容を変更したことや、斜面を進んだことなど、安全に対する配慮が不十分だったとして、処分を決定しました。

いずれも事故当日の朝に訓練内容の変更を決定した県高校体育連盟の登山専門部の当時の委員長で大田原高校の猪瀬修一教諭(51)と、副委員長だった真岡高校の菅又久雄教諭(49)をそれぞれ停職5か月、栃木高校の渡辺浩典教諭(55)を停職3か月としました。

このほか引率した教員5人を訓告や厳重注意としたほか、管理監督責任を怠ったとして、校長1人と県教育委員会事務局の職員2人を訓告としました。

また、県教育委員会の宇田貞夫教育長が給与の10分の1を6か月間自主的に返納するということです。


「責任を感じる」

栃木県教育委員会の宇田貞夫教育長は、19日の会見で、「安全安心であるはずの学校教育活動でこのような事故が起きてしまったことについて、教育行政の長として重く責任を感じています。今後このような事故を起こさないよう指導を徹底していきたい。深くおわび申し上げます」と述べ、改めて陳謝しました。


〓関連記事〓
スキー場で雪崩 高校生数人と連絡取れず 栃木 那須町

生徒にわいせつ行為、臨時講師懲戒免職 静岡県教委

静岡新聞
2018年3月17日(土)07時56分

生徒にわいせつ行為、臨時講師懲戒免職 静岡県教委

 静岡県教委は16日、女子生徒にわいせつな行為をした県立高の20代男性臨時講師を懲戒免職処分に、人身事故を起こした県立高の教職員2人を戒告の懲戒処分にしたと発表した。いずれも同日付。

 県教委によると、男性講師は2017年11月ごろから18年2月ごろまでの間、勤務する県中部の県立高の女子生徒にわいせつな行為をした。県教委の調査に事実と認め、2月中旬から自宅待機していた。県教委は保護者の意向を受け、男性講師の氏名や勤務校、わいせつ行為の内容などを明らかにしなかった。

 人身事故を起こしたのは、県中部の県立高で事務職を務める男性主査(53)と、県東部の県立高に勤務する男性教諭(58)。

 男性主査は17年11月15日、公務出張で乗用車を運転中、藤枝市の県道交差点で横断歩道を渡っていた自転車の男子高校生2人に衝突、打撲や指骨折など5日~3週間のけがをさせた。男性教諭は17年2月27日、神奈川県湯河原町の自宅近くの国道交差点で乗用車を運転し、横断歩道上の70代男性に衝突、前頭骨折など1カ月のけがを負わせた。ともに罰金50万円の略式命令を受け、納付済み。

市立中の校長 教諭に暴行し懲戒処分

毎日新聞
2018年3月10日(土)

懲戒処分
教諭をたたいた中学校長を戒告 県教委 /大分


 杵築市立中学校の男性校長(60)が昨年末の同校の忘年会で、部下の男性教諭(53)の頭をたたいた問題で、県教委は9日、校長を同日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。


 県教委によると、忘年会は2学期の終業式があった昨年12月22日夜に、別府市内の飲食店であった。12人が参加した2次会で、校長は会話中に男性教諭の後頭部付近を平手で少なくとも1回たたき、その弾みで教諭はテーブル上にあったグラスに額をぶつけた。

 教諭は同25日に病院で後頭部と顔面の打撲と診断され、別府署に被害届を提出。1月10日から現在まで、病気休暇となっている。

 校長は1998年に部活動中の生徒への体罰で戒告処分を受けていた。3月末で退職するが、「私の至らなさを後悔し、心より反省している。校長自ら学校運営への信用を失墜させ、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と話しているという。

体罰で停職処分

テレビ西日本
2018年03月15日(木)19時00分

小3児童を骨折させた男性教師 停職6ヶ月に 体罰などで6人を懲戒処分 福岡市

福岡市は15日、体罰で小学生を骨折させた担任の教師を停職処分にするなど、6人に対する懲戒処分を行いました。

停職6カ月の懲戒処分を受けたのは、福岡市西区の市立小学校に勤務する38歳の男性教師です。

市の教育委員会によりますと、男性教師は去年12月、小学3年の男子児童を注意しようと胸ぐらをつかみ壁に押しつけるなどして、鎖骨を折る重傷を負わせました。

男性教師は先月、傷害の疑いで書類送検され、体罰を受けた男子児童は現在も学校を休んでいるということです。

 このほか、早良区の市立中学校の56歳の男性教師がバスケットボール部の指導中、中学2年の男子生徒を拳で突いて転倒させ手の指を骨折させるなど、5人が懲戒処分を受けています。

体罰でサッカー部顧問を懲戒処分

毎日新聞
2018年3月16日(金)

懲戒処分
教諭に殴られ生徒が顔骨折 紀央館高 /和歌山


 県教委は15日、県立紀央館高(御坊市)でサッカー部顧問を務めている保健体育担当の男性教諭(45)が1年生の男子生徒(16)を殴って骨折させたとして、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。


 県教委によると、教諭は今月2日午後2時45分ごろ、部活動の指導中、生徒の顔を2回殴り、鼻の奥の骨を折るけがを負わせた。ミニゲーム終了直後、教諭が負けたチームにグラウンド整備を指示した際、生徒が不服そうな態度をとったとして腹を立てたらしい。教諭は調査に「許されない行為をしてしまい、申し訳ない」と話している。県教委学校人事課の松本泰幸課長は「信頼回復に向け努力するとともに再発防止に努めたい」とコメントした。

酒気帯び事故で中学教諭を懲戒免職

産経ニュース
2018年3月15日(木)23時33分

元日に酒気帯びで事故、中学教諭を懲戒免 都教委

 東京都教育委員会は15日、酒気帯び運転で男性にけがを負わせたなどとして過失運転致傷などの罪で起訴された八王子市立上柚木中教諭、長田洋平被告(25)を懲戒免職処分とした。

 都教委によると、長田被告は1月1日、酒気帯びの状態で自家用車を運転。車線変更の際、前の車に衝突して運転していた男性に腰部打撲などの軽傷を負わせ、さらに停車していた別の車にも衝突した。長田被告は「大みそかの夕方から元日の朝まで知人と立川市内で飲んでおり、帰宅しようとした」と話しているという。

 このほか、都教委は15日、以前勤務した高校の女子生徒と2人だけでレンタルルームに宿泊した区部の中学校の男性教諭(33)を停職6月とするなど2人を懲戒処分とした。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
検索フォーム
リンク