FC2ブログ

小学校教諭が男児に体罰

朝日新聞
2018年3月9日(金)08時40分

「暴力やめて」訴えても…殴る蹴る、児童に体罰2年

 横浜市教育委員会の体罰審査委員会は8日、青葉区内の市立小学校の男性教諭(46)が児童をたたいたり蹴ったりする行為を繰り返しており、これらが体罰にあたると認定した。処分を検討する。市教委は、教諭が一昨年4月から、特定の男児に体罰を繰り返していたことも明らかにした。

 市教委によると、教諭は5年生のクラス担任だった一昨年4月から、特定の男児を繰り返し注意。その際に背中をたたいたり、口ごもる男児に向かい「早く言いなさい」などと言ってひざ下を蹴ったりすることを繰り返した。

 昨年7月ごろには男児をクリップボードで殴った。男児はけがをしたと訴えたが、教諭はけがの有無を確認しなかった。

 昨年9月には、掃除について注意する際に、体育館のマットレスの上で男児に覆いかぶさり、体重をかけて圧迫した。

 この男児は「何度も暴力をやめてほしいと言ったのに聞いてもらえなかった」と説明。暴力がおさまらないため、男児の保護者が昨年12月に北部学校教育事務所に連絡した。

 これを受けて同じクラスの児童に聞き取りをしたところ、教諭が他の児童にも体罰を繰り返していたことがわかった。

 時期が特定できた範囲では、昨年7月以降に体罰が増えており、「所持品を壊された」との女児の訴えを聞いて、名指しされた男児をその場で蹴りつけたこともあった。実際に壊したのは別の男児だったという。

 この教諭は「自分のやっている行為が体罰という認識がなかった」と説明し、現在は反省を示しているという。体調不良を理由に、出勤していない。

 市教委が8日に明らかにしたところでは、年間の体罰認定件数は、2012年度15件▽13年度16件▽14年度4件▽15年度1件▽16年度4件。17年度は今回で5件になった。

 市教委の半沢俊和・担当部長は「体罰は人権を侵害する重大な行為で、決してあってはならない。学校や教員に繰り返し伝えていきたい」と説明した。


体罰と認定された事実の一覧

①2016年4月~17年12月、繰り返し特定の男児を注意し、背中をたたいたりひざ下を蹴ったりした

②17年7月5日、修学旅行先で就寝時間を過ぎても騒いでいた女児6人の頭をげんこつでたたいた

③17年7月下旬以降複数回、宿題を忘れたとして①の男児を含む3人の頭をクリップボードやげんこつでたたいた

④17年7月下旬、宿題を忘れたとして①の男児を含む2人の顔面を両手でたたいた

⑤17年9月上旬、体育館で、①の男児に覆いかぶさり圧迫した

⑥17年10月下旬、男児に所持品を壊されたとの女児の訴えを聞いて、名指しされた男児の腰をその場で蹴った。実際は、壊したのはこの男児ではなかった

※横浜市教育委員会の説明による
スポンサーサイト



千葉県教委 教諭2人を懲戒処分

千葉日報
2018年3月8日(木)05時00分

入試内容漏らし停職 淫行中学教諭は免職 千葉県教委処分相次ぐ

 千葉県教委は7日、自校の入試面接で質問する項目を特定の受験生に伝えようとしたとして、県立京葉工業高校(千葉市稲毛区)の男性教諭(28)を停職3カ月の懲戒処分にした。受験生の中学校に電話して伝言を頼んだため発覚し、合否に影響はなかったという。女子中学生とわいせつな行為をした疑いで神奈川県警に逮捕された君津市立周西南中学校の山石尭教諭(26)は懲戒免職処分にした。

 県教委によると、京葉工の男性教諭は2月8日、同高の前期選抜入試(面接は同月14日)に志願した中学3年の男子生徒1人が通う県内の公立中学校に電話。電話口に男子生徒の担任を呼び出し、面接で質問予定の7項目を一方的に説明して男子生徒へ伝えるよう頼んだ。しかし、中学校側は男子生徒に伝えず、京葉工の校長に通報した。

 男性教諭は野球部顧問。男子生徒も野球をしていた。男性教諭は「人づてに京葉工が第1志望と聞き、希望をかなえてあげたかった」と説明。生徒の野球練習を見に行き一度会ったが、入試に関する依頼はなかったという。面接評価は全体配点の1割強を占めていた。

 山石教諭は、神奈川県内の中学3年の女子生徒とわいせつな行為をしたとして同県青少年保護育成条例違反(淫行)の容疑で先月21日に逮捕。千葉県教委の聴取に事実関係を認めたという。

 また、県教委は7日、通勤手当を不正受給したとして県立千葉工業高校(千葉市中央区)の女性実習助手(60)も減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。電車とバスを使うとして約1年10カ月間で約19万円を受給したが、実際は自転車で通勤。不正を指摘する匿名の手紙が県教委に届いたという。

 県教委は一連の不祥事を陳謝し、改めて再発防止を図るとしたが、これで本年度に懲戒処分を行った教員(監督責任除く)は18人。うち、わいせつ事案による免職は8人目となった。

東大院教授が無免許運転

千葉日報
2018年3月9日(金)05時00分

柏の東大院教授を逮捕 無免許運転疑いで流山署

 流山署は8日、道交法違反(無免許運転)の疑いで、埼玉県三郷市中央1、柏市の東京大学大学院教授、竹谷純一容疑者(51)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、8日午前8時35分ごろ、流山市南の県道で、無免許で乗用車を運転した疑い。信号待ちの軽乗用車に追突し、駆け付けた同署員が逮捕した。

 同署によると、竹谷容疑者の運転免許証は停止中で、「停止中なのは分かっていたが、仕事で車を使う必要があった」と容疑を認めているという。柏市の東大大学院新領域創成科学研究科の教授。

 竹谷容疑者は、東大発のベンチャー企業「パイクリスタル」(大阪市)の取締役も務め、同社によると、曲げられるディスプレーや、低コストな電子タグの開発に携わっている。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
検索フォーム
リンク