FC2ブログ

死亡事故で教授を逮捕

中日新聞
2018年2月2日(金)12時08分

岐阜の国道交差点で81歳はねられ死亡 岐阜大教授を逮捕

 2日午前6時25分ごろ、岐阜市加納桜道1の国道157号の信号機のある交差点で、横断歩道を渡っていた同市加納大手町の無職赤尾寿美子さん(81)が、右から直進してきた乗用車にはねられた。赤尾さんは頭などを強く打ち、搬送先の病院で間もなく死亡した。岐阜南署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた岐阜大教授、吉田弘樹容疑者(56)=同市加納城南通1=を現行犯逮捕した。

 署によると、吉田容疑者は通勤途中で「事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めている。赤尾さんは散歩中だった。

 本紙の取材に、岐阜大の担当者は「本人かどうか確認中」としている。
スポンサーサイト



女子部員へのセクハラで出勤停止

NHK NEWS WEB
2018年02月01日(木)21時22分

聖カタリナまた教諭セクハラ処分

女子ソフトボール部の男性監督が女子部員にセクハラ行為をしたとして諭旨解雇になった松山市の聖カタリナ学園高校で、今度は陸上競技部の43歳の男性教諭が女子部員にセクハラ行為をしたとしてきょう出勤停止20日の処分を受けました。
これは今夜、学校側が記者会見して明らかにしました。
それによりますと出勤停止の処分を受けたのは聖カタリナ学園高校の保健体育の教諭で女子陸上部の監督を務めていた43歳の男性教諭です。
この男性教諭は去年11月ごろ足のケガをした女子生徒を本人がいやがっているのに治療院に連れて行ったり、2人きりの帰りの車の中で手を握るなどしたということです。
また、マッサージの中で女子生徒の鎖骨の付近をさわったということです。
学校側は、去年12月に女子生徒側からの相談を受けて男性教諭から聞き取りをしたところ一連の行為を認め、辞職を申し出たため、きょう臨時理事会を開いた結果、セクハラ行為と認定し、20日間の出勤停止処分を決めたということです。
男性教諭は、学校側の聞き取りに対し「生徒がケガをしていたので励ますつもりで手を握った」などと話しているということです。
聖カタリナ学園高校の芳野敬三校長は「再びこのような事態を起こしてしまい、生徒や保護者の方々に深くおわびを申し上げます」と話しています。
聖カタリナ学園高校では1月20日に、女子ソフトボール部の30歳の男性監督が女子部員にセクハラ行為や体罰をしたとして男性教諭を諭旨解雇になっています。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
 
検索フォーム
リンク