FC2ブログ

生徒が作ったツリーを捨てる教諭

京都新聞
2017年12月23日(土)08時16分

障害児作のツリー、教諭が4人分廃棄 滋賀の重症児養護学校

 滋賀県立三雲養護学校紫香楽校舎(甲賀市)に勤務していた30代男性教諭が、児童生徒のクリスマスツリーの作品を捨てていたことが22日、分かった。同校は校舎に隣接した病院に入院している重症心身障害の子どもたちが在籍しており、保護者は「親にとってはかけがえのない作品で、あきれた行為」と批判。学校側は「軽率だった」と謝罪している。

 同校によると、昨年冬、小学部・中学部の児童生徒5人が授業の工作で、画用紙を使って高さ30センチほどのツリーを一つずつ作った。校内で保管し、今年3月ごろ、教諭が入学式に飾るため花びらを付けて桜の木に変えようとしたが、五つのうち四つを「うまくいかなかったので廃棄した」(同校)という。

 ほかの一つは、同月に保護者懇談で訪れた保護者の一人に求められ渡していた。保護者が、ツリーの底に書かれていた作者の名前を見て自分の子どもの作品ではないことに気づき、11月に「うちの子のものとかえてほしい」と問い合わせて、廃棄されていたことを知った。

 保護者は「子どもの立場を考えたら、あってはいけないこと」と話す。同養護学校の安藤宗久校長は「教師は一つ一つの活動の意味を考え、大事にしなければならない。教諭に悪意はなかったが軽率だった」とする。
スポンサーサイト



「バイト」で生徒に農作業 県立高実習教諭支払いせず

岩手日報
2017年12月22日(金)

「バイト」で生徒に農作業 県立高実習教諭支払いせず

 県南教育事務所管内の県立高校の40代の男性実習教諭が、勤務先の女子生徒3人に自身が職務外で借りた畑で農作業をさせ、事情を知った保護者らに追及されるまで約束のアルバイト代を3カ月以上、支払わずにいたことが21日、関係者らへの取材で分かった。生徒は「進路の不利になると思い断れなかった」と話しており、県教委が調査に乗り出した。

 関係者の話をまとめると、生徒は6月中旬から8月中旬にかけての放課後や土日に、ピーマンの苗植えから収穫まで一連の作業に従事した。1900本もの苗を植えるよう指示され、3人ではできないため家族も協力した。生徒は開始時に実習教諭から「『学校の先生には言うな』と言われた」と主張している。

 生徒によると実習教諭はアルバイト代を「収穫後に支払う」と話していたが問い合わせや催促に応じなかった。事情を知った保護者から指摘されて11月29日と12月11日の2回に分けて生徒と家族計7人分の20万円超を支払った。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク