FC2ブログ

”防犯カメラに2歳児への暴行“ 幼稚園教諭が傷害の疑いで逮捕

NHK NEWS WEB
2017年12月30日(土)20時35分

”防犯カメラに2歳児への暴行“ 幼稚園教諭が傷害の疑いで逮捕

兵庫県尼崎市で、幼稚園の教諭が2歳の園児の顔をたたくなどしてけがをさせたとして傷害の疑いで逮捕されました。防犯カメラにはおよそ2時間にわたって断続的に暴行が繰り返される様子が写っていたということで、警察が詳しい状況を調べています。

逮捕されたのは、尼崎市西立花町にある「めぐみ幼稚園」の教諭、岡田恵美子容疑者(41)です。警察の調べによりますと、岡田容疑者は今月27日、教室の中で、園児の2歳の男の子の顔を平手でたたいたり押し倒したりする暴行を加えて、耳に2週間のけがをさせたとして傷害の疑いが持たれています。

耳の辺りにあざがあるのを母親が見つけて男の子に聞いたところ、「先生にたたかれた」と話したということで、警察が防犯カメラに写った暴行の状況を確認し、逮捕しました。
暴行はおよそ2時間にわたって断続的に繰り返され、強く揺さぶるような様子も写っていたということです。

警察によりますと、この日は、1歳と2歳の園児たちに自分の服を片づける指導が行われていたということで、調べに対し岡田容疑者は、「片づけをしなかったので指導のつもりだった」などと供述しているということです。その場には別の教諭もいたということで、警察が当時の状況を詳しく調べています。


幼稚園「行き過ぎた指導と認識」

これを受けて、「めぐみ幼稚園」の園長や副園長らが30日夕方、会見を開きました。

この中で、幼稚園側は、岡田容疑者が園児の顔を両手で挟んだり肩をゆすったりしているのを防犯カメラで確認したとして、「行き過ぎた指導だったと認識している」と話しました。


2017-12-30 NHK NEWS WEB

続きを読む

スポンサーサイト



中学女子生徒 男性教諭の性的質問でPTSDに

NHK NEWS WEB
2017年12月29日(金)13時49分

中学女子生徒 男性教諭の性的質問でPTSDに 埼玉

先月、埼玉県三郷市の中学校で、20代の男性教諭が女子生徒に性体験の有無を尋ねるなどの不適切な発言をし、その後、女子生徒がPTSD=心的外傷後ストレス障害と診断されていたことがわかりました。

三郷市教育委員会によりますと、先月4日、市内の市立中学校に勤務する20代の男性教諭が女子生徒と2人で教室で補習を行っていた際、休憩中に性体験の有無を尋ねたということです。

このほかにも、無料通信アプリLINEの連絡先を交換するよう求めたほか、休憩中のやり取りを誰にも言わないよう口止めする不適切な発言をしていたということです。

女子生徒はその後PTSDと診断されたということで、男性教諭は市の教育委員会の調査に対し不適切な発言をしたことを認めたうえで、依願退職しました。

三郷市教育委員会は「信頼を損ねる事態となり大変申し訳なく思っています。今後は信頼回復に努めます」とコメントしています。

中学教諭が女子生徒の着替え盗撮

テレ朝news
2017年12月29日(金) 10時31分

大掃除で発覚…女子更衣室にカメラ 中学校教師逮捕

北海道千歳市で、教師の男が盗撮目的で学校の女子更衣室にカメラを仕掛けたとして逮捕されました。カメラは大掃除をしていた生徒が発見しました。

 千歳市の中学校教師・島貫哲郎容疑者(41)は28日午前9時前、勤務する千歳市内の学校の体育館にある女子更衣室に侵入し、盗撮目的でデジタルビデオカメラを設置した疑いが持たれています。部活動を終え、大掃除をしていた生徒が棚に置いてあったカメラを発見しました。島貫容疑者は「女子更衣室にカメラを仕掛けて、ワクワク感を楽しみたかった」と容疑を認めているということです。また、今月中、今回の犯行以外にもカメラを仕掛けたことがあったという趣旨の供述をしていて、警察は余罪についても調べています。

教員のわいせつ行為続々 神奈川県教委「非常事態」

NHK NEWS WEB
2017年12月27日 (水)18時43分

教員のわいせつ行為続々 神奈川県教委「非常事態」

神奈川県教育委員会は、県内の高校に勤務する男性教諭2人が、女子生徒を抱きしめたりキスをしたりしたとして、27日、いずれも停職6か月の懲戒処分にしました。神奈川県内では、わいせつ事案による教員の懲戒処分が相次いでいて、県教育委員会は「非常事態だ」として再発防止に努めるとしています。

県教育委員会によりますと、相模原市内の県立高校の40歳の男性教諭が、去年から先月までに、顧問を務める野球部のマネージャーの女子生徒2人に、SNSのLINEで「好きだ」などと何度もメッセージを送ったほか、校内で抱きしめたということです。

また、平塚市の県立高校の23歳の男性教諭は、ことし6月から先月にかけ、女子生徒1人とLINEでやり取りし、車の中で複数回、キスをしたということです。

県教育委員会は27日付けで、2人の教諭をそれぞれ停職6か月の懲戒処分としました。2人はいずれも依願退職したということです。

県教育委員会がわいせつ事案で教員を懲戒処分した件数は今年度、7件となり昨年度の5件を上回りました。

県教育委員会は「非常事態だ」としたうえで、児童や生徒とのSNSを使ったやり取りの禁止を改めて周知するなど、再発防止に努めるとしています。


〓関連記事〓
LINE:神奈川県教委が禁止に 教諭2人わいせつ懲戒

児童や生徒などへのわいせつ行為で処分された教員が過去最多に

NHK NEWS WEB
2017年12月27日 (水)18時06分

わいせつ行為で処分の教員 過去最多

児童や生徒などにわいせつな行為をしたとして、昨年度処分された教員は、全国で226人と過去最多に上りました。文部科学省は、懲戒処分を徹底し、再発防止を図るとしています。

文部科学省によりますと、児童や生徒などにわいせつな行為をしたとして、昨年度懲戒処分などを受けた全国の公立学校の教員は、合わせて226人でした。

これは前の年度より2人多く、調査を始めた昭和52年度以降最も多くなりました。

内訳は小学校で68人、中学校で79人、高校で67人、特別支援学校で12人となっています。

わいせつ行為の対象は、同じ学校の児童生徒が109人と最も多く、全体の48.2%に上ったほか卒業生が10人で4.4%、勤務する学校の教職員が38人で、16.8%などでした。

文部科学省は、全国の教育委員会にセクハラに当たる行為や懲戒処分の基準を公表するよう求めていますが、6つの県と政令市の教育委員会が、これらを公表していないということです。

文部科学省初等中等教育企画課の矢野和彦課長は、「子どもから信頼されるべき教員のわいせつな行為は、絶対に許されない。懲戒処分を徹底するなど再発防止を図りたい」と話しています。


被害者支援団体「子どもは嫌なことを嫌と言えない」

学校で起きたセクハラの被害者支援におよそ20年間取り組んでいるNPOの代表は、今回の数字について「氷山の一角だ」と指摘しています。

大阪・守口市のNPO「スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワーク」代表の亀井明子さんは、1人の教員が複数の生徒に加害行為を行うケースが多く見られるとして、「実際にはこの何十倍もの被害が起きていると考えたほうがいい」と指摘しています。

また、学校でわいせつ行為が起きる背景について「先生と生徒という絶対的な権力構造の中で起きるもので、子どもは先生の言うことを聞きなさいと言われて育っている。嫌なことを嫌と言えない状況にある」と話しています。

さらに、子どもたちが被害を訴えやすい環境作りが必要だとしたうえで「生徒が被害を訴えても、加害者が否定して処分できないままになっているケースはとても多い。教育委員会は処分の基準を公表して終わりではなく、本腰をいれて厳正に処罰する姿勢を見せてほしい」と話しています。


精神的な病気で休職の教員 5000人弱

今回の調査ではうつ病などの精神的な病気で休職した公立学校の教員の数についても公表されました。

文部科学省によりますと、昨年度、その数は4891人で、前の年度から118人減少し、4年ぶりに5000人を下回りました。

内訳は、小学校で2205人、中学校で1366人、高校で695人、特別支援学校で622人などとなっています。

都道府県別では、東京都が560人と最も多く、次いで、大阪府の272人、愛知県の218人、埼玉県の196人、沖縄県の163人などとなっています。

年代別では、50代以上の教員が1881人と4割近くを占めて最も多くなっています。

文部科学省は相談体制の充実など支援策が効果をあげている一方、長時間勤務や業務の見直しが進まず、悩みを抱える教員も多いとして、働き方の見直しを進めていきたいとしています。

続きを読む

弘前大、アカハラで教員処分=卒論指導に「条件」

時事ドットコム
2017年12月25日(月)17時13分

弘前大、アカハラで教員処分=卒論指導に「条件」

 弘前大学(青森県弘前市)は25日、学生に対するアカデミックハラスメント(嫌がらせ)や不適切な言動があったとして、30代の男性教員を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は今月15日付で、教員は同日付で退職した。

 弘前大によると、教員は昨年10月、ゼミの4年生8人に対し、卒論指導を受ける条件を記した文書を配布。アルバイトの契約解除▽ゼミ合宿では徹夜で懇親▽OB会に全員参加▽教員の結婚相手を探す-との内容を完全に受け入れることを求めた。また以前から、ゼミの女子学生を自宅に呼んで指導したり、頻繁に食事に誘ったりしていた。
 教員は文書を配布する際、「9月の合宿で(学生が)かまってくれず、楽しくなかった。惨めな思いをしたから、お前たちにも惨めな思いをさせるため文書を作った」と学生に話したという。

セクハラで教頭1人、体罰で教諭4人、交通違反で教諭2人を懲戒処分

山形新聞
2017年12月26日(火)10時18分

セクハラで中学教頭を懲戒処分 県教委・体罰や違反の3教諭も

 県教育委員会は25日、教員にセクハラ行為をした庄内地区の中学校に勤務する50代男性教頭を停職1年の懲戒処分にしたと発表した。教頭は退職願を提出し、県教委は同日付で受理した。また、体罰と交通違反で教諭計3人を減給、または戒告の懲戒処分とした。

 県教職員課によると、男性教頭は当時教諭だった2014年10月上旬、研究会の懇親会(酒席)終了後、出席者で知り合いの女性教員に自宅まで車で送るよう依頼した。その後、「酔いざましに付き添ってほしい」と言って訪れた公園で、女性教員に抱きつく、服の上から体を触る、キスを迫るなどした。今年に入って県教委が事案を把握した。

 体罰に関しては、村山地区の中学校に勤務する50代男性教諭を戒告とした。授業中に注意しても従わなかった生徒に対し、平手で頭やほおをたたく行為を計4回行った。同校の50代男性校長は管理監督責任で厳重注意。

 このほか生徒指導の際にたたくなどの行為をしたとして、村山地区の中学校の50代男性教諭、庄内地区の高校の50代男性教諭を文書訓告とした。村山地区の高校の60代男性教諭は厳重注意とした。

 交通違反では、村山地区の特別支援学校の50代男性教諭を減給10分の1(1カ月)とした。自家用車を運転中に衝突事故を起こし、相手にけがをさせた。速度超過で村山地区の高校の30代男性教諭を戒告とした。

小学校の教頭がわいせつ行為

朝日新聞
2017年12月26日(火)13時25分

小学校教頭がわいせつ行為か 元講師の女性が被害届

 宮崎県北部の公立小学校の男性教頭にわいせつな行為をされたとして、同校の非常勤講師だった女性が被害を訴えていることが26日わかった。県教育委員会は教頭に不適切な行為があったと認定したが、言い分に一部食い違いがあると判断。教頭は今年5月、懲戒処分には至らない文書訓告とされた。

 県教委によると、昨年3月の休日、教頭は女性を飲食店に誘い出した。飲食後に2人は教頭宅へ移動。教頭が女性に抱きついたり体を触ったりして不快な気持ちにさせた行為があったという。県教委の聞き取りに、女性は「教材研究している時に無理やりされた」と訴えたが、教頭は「抵抗された記憶はなく、相手の意に反した行動という認識はなかった」と説明したという。県教委は「合意の有無を判断できなかった」としている。

 女性は今年3月、校長に被害を申告し、退職。県警に被害届も出しているという。県教委は「警察に被害届が出されているので状況を見守っていく」としている。


セクハラで准教授を諭旨解雇

読売オンライン
2017年12月25日(月)10時58分

処分後もセクハラ行為続ける、准教授を諭旨解雇

 山口大(山口市)は25日、複数の女子学生にセクハラ行為をしていたとして、同大大学院創成科学研究科の男性准教授(50歳代)を諭旨解雇の懲戒処分にしたと発表した。

 処分は12日付で、准教授はすでに退職した。

 発表によると、准教授は2014年4月から、指導していた同大工学部の複数の女子学生に対し、胸や手を触ったり、体形について不適切な発言をしたりするなどの行為を繰り返したという。

 准教授は以前にも、別の女子学生に同様の行為をしたとして、同年3月に戒告の懲戒処分を受けていた。昨年6月に一部の女子学生から大学側に相談があり、セクハラ行為を続けていたことが発覚。同大の調査に対し、「学生の勝手な主張で、事実ではない」と行為を否定しているという。

 同大の岡正朗(まさあき)学長は「誠に遺憾で、被害学生に深くおわびする。再発防止に努めたい」とコメントした。

沖縄で相次ぐ教員のわいせつ事案

沖縄タイムス
2017年12月25日(月)11時58分

教室で指導中にキス、遠征先で性的行為… 沖縄で相次いだ教員のわいせつ

 教室で個別指導中にキス、遠征先のホテルで生徒に性的な行為、未成年を買春-。本年度に入り、教員によるわいせつ事案が相次いだ。管理職である教頭による盗撮や、教室での犯行もあり、学校の「安全・安心」は大きく揺らいでいる。

 21日に開かれた沖縄県教育委員会会議。わいせつ行為2件を含む教員不祥事の懲戒処分が決まった後、平敷昭人教育長は「これといった打開策がなく、対応に苦慮している」と厳しい表情を浮かべた。

 本年度、わいせつ関連による懲戒処分は7件。少なくとも1989(平成元)年度以降では最も多く、うち6件は一番重い懲戒免職となった。飲酒運転などを含めた懲戒処分全体も22件と最多で、県教委は「これまでにない深刻な状況」と受け止める。

 教育関係者や保護者の間で特に衝撃が大きかったのは、最も安全であるべき教室内でもわいせつ行為が起きたことだ。

 11月には、中学校に勤務する20代の男の教諭が教室で個別指導中の女子生徒に複数回キスをしたとして懲戒免職。同じ月には、小学校の教室内で低学年の女児にわいせつな行為をしたとして、20代の元学習支援員の男が強制わいせつ容疑で逮捕された。

 相次ぐ不祥事に、保護者からは「安心して子どもを任せられない」と怒りの声が上がる。

 県教委も手をこまねいているわけではない。定期的な教職員研修で服務規律の徹底を呼び掛けてきたほか、ことし8月以降は懲戒処分が出るたびに、事案の概要とわいせつ行為を防ぐチェックポイントなどを記した文書を、市町村教委を通して各学校に配布。来年1月には、校長会に県教委の担当者が出向き、より踏み込んだ注意喚起をする予定だ。

 ただ、学校という閉じられた空間では、外部の目は届きにくい。セクシュアリティー教育に詳しい村末勇介琉球大学教職大学院准教授は「学校側にはまだ『例外的な人が起こした例外的な不祥事』との認識が強いのではないか。いじめなどと比べ、相談窓口も整備されていない」と指摘。「教員が性や命に関する知識や指導方法を学ぶための研修を設けるべきだ」と提言した。

生徒が作ったツリーを捨てる教諭

京都新聞
2017年12月23日(土)08時16分

障害児作のツリー、教諭が4人分廃棄 滋賀の重症児養護学校

 滋賀県立三雲養護学校紫香楽校舎(甲賀市)に勤務していた30代男性教諭が、児童生徒のクリスマスツリーの作品を捨てていたことが22日、分かった。同校は校舎に隣接した病院に入院している重症心身障害の子どもたちが在籍しており、保護者は「親にとってはかけがえのない作品で、あきれた行為」と批判。学校側は「軽率だった」と謝罪している。

 同校によると、昨年冬、小学部・中学部の児童生徒5人が授業の工作で、画用紙を使って高さ30センチほどのツリーを一つずつ作った。校内で保管し、今年3月ごろ、教諭が入学式に飾るため花びらを付けて桜の木に変えようとしたが、五つのうち四つを「うまくいかなかったので廃棄した」(同校)という。

 ほかの一つは、同月に保護者懇談で訪れた保護者の一人に求められ渡していた。保護者が、ツリーの底に書かれていた作者の名前を見て自分の子どもの作品ではないことに気づき、11月に「うちの子のものとかえてほしい」と問い合わせて、廃棄されていたことを知った。

 保護者は「子どもの立場を考えたら、あってはいけないこと」と話す。同養護学校の安藤宗久校長は「教師は一つ一つの活動の意味を考え、大事にしなければならない。教諭に悪意はなかったが軽率だった」とする。

「バイト」で生徒に農作業 県立高実習教諭支払いせず

岩手日報
2017年12月22日(金)

「バイト」で生徒に農作業 県立高実習教諭支払いせず

 県南教育事務所管内の県立高校の40代の男性実習教諭が、勤務先の女子生徒3人に自身が職務外で借りた畑で農作業をさせ、事情を知った保護者らに追及されるまで約束のアルバイト代を3カ月以上、支払わずにいたことが21日、関係者らへの取材で分かった。生徒は「進路の不利になると思い断れなかった」と話しており、県教委が調査に乗り出した。

 関係者の話をまとめると、生徒は6月中旬から8月中旬にかけての放課後や土日に、ピーマンの苗植えから収穫まで一連の作業に従事した。1900本もの苗を植えるよう指示され、3人ではできないため家族も協力した。生徒は開始時に実習教諭から「『学校の先生には言うな』と言われた」と主張している。

 生徒によると実習教諭はアルバイト代を「収穫後に支払う」と話していたが問い合わせや催促に応じなかった。事情を知った保護者から指摘されて11月29日と12月11日の2回に分けて生徒と家族計7人分の20万円超を支払った。

続きを読む

スピード違反の教諭を戒告処分

産経ニュース
2017年12月21日(木)19時09分

「トイレに急いで」高速を168キロで走行…千葉県立高の女性教諭を戒告

 高速道路を168キロで走行して摘発されたとして、千葉県教委は21日、県立千葉工高の女性教諭(27)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。教諭は県教委の聞き取りに対し「トイレを急いでいた」と話しているという。

 県教委によると、教諭は7月8日朝、大学時代の友人の男女2人と日帰り旅行で新潟県内を運転中、同県小千谷市の関越自動車道下り線で制限時速100キロのところを、68キロ速度超過する168キロで走行したとしている。最寄りのインターチェンジまで残り約3キロの地点で、後日、道交法違反(速度超過)容疑で同県警に摘発された。

 教諭は11月9日に同罪で千葉簡裁から罰金9万円の略式命令を受け、後日納付。10月2日に免許停止90日の行政処分を受けた。

愛知県教委、3教諭懲戒 生徒にわいせつ、盗撮など

中日新聞
2017年12月22日(金)12時57分

愛知県教委、3教諭懲戒 生徒にわいせつ、盗撮など

 愛知県教委は22日、教え子の男子生徒にわいせつ行為をしたとして、三河地方の中学校の男性教諭(35)を懲戒免職にした。

 県教委教職員課によると、10月1日、生徒を勤務する学校に呼び出し、性器を触ったり、触らせたりした。別の教諭が男子生徒から話を聞いて分かった。

 男性教諭は1年ほど前から同じ生徒に同様の行為をしていたことを認めており、「欲望を満たそうとした」と話しているという。

 一方、県教委は盗撮をしたとして県立岡崎商業高校の男性教諭(50)を停職6カ月とした。教諭は22日付で退職した。2016年8月~今年10月、通勤途中のコンビニの駐車場で、面識のない女性の後ろ姿をほぼ毎日、撮影。勤務校では16年8月ごろと17年8月ごろ、同僚の女性職員のスカート内を盗撮したという。

 また、県教委は瀬戸市立品野中学校の女性教諭(32)について、10月12日、出張先の小学校の本棚にあった学校図書1冊を無断で自宅に持ち帰ったとして、停職3カ月とした。

女子生徒にキスなど 61歳教諭を懲戒免職

日テレNEWS24
2017年12月21日(木)21時20分

女子生徒にキスなど 61歳教諭を懲戒免職

広島県内の高校に勤める61歳の男性教諭が、女子生徒にキスをしたり胸を触ったりするなどの行為を繰り返し懲戒免職になった。

懲戒免職になったのは、広島県西部の県立高校の男性教諭。県教育委員会によると、男性教諭は今年8月下旬から10月下旬までの間、女子生徒とたびたび2人きりになり、唇にキスをしたり胸を触ったりするなどわいせつな行為を10回以上繰り返した。

女子生徒が担任に「セクハラを受けている」と相談したことで発覚した。女子生徒は「キスをされたりした時は驚きのあまり動けなかった」と話しているという。

男性教諭はこの学校で2年前に定年を迎え、再任用されていた。広島県内の教職員の懲戒処分は今年度10件目で、うち5件がわいせつやセクハラによるもの。

強制わいせつ容疑の教諭を懲戒免職

テレビ神奈川
2017年12月21日(木)

強制わいせつ容疑で逮捕 男性教諭を懲戒免職

去年4月、横浜市保土ケ谷区の路上で女性にわいせつな行為をして逮捕されたとして、横浜市教育委員会は55歳の中学校教諭の男性を21日付けで懲戒免職の処分にしました。

懲戒免職の処分になったのは、横浜市立中学校で英語を担当していた55歳の男性教諭です。市教委などによりますと、この男性教諭は去年4月、横浜市保土ケ谷区の路上で、当時21歳の女性を後ろから押し倒し、胸や下半身を触るなどしたとして、ことし10月に県警に逮捕されました。男性教諭は今月、不起訴処分となりましたが、その後の市教委の聞き取りに対し、「身勝手な考えで犯行におよび、謝っても許されない」と話したということです。東部学校教育事務所の上條慶昭所長は、「児童、生徒や市民の信頼を取り戻すべく、不祥事防止に全力で取り組むよう指導する」とコメントしています。

中学教諭が無免許運転

産経ニュース
2017年12月21日(木)14時35分

無免許運転容疑で中学教諭を逮捕 静岡

 軽乗用車を無免許運転したとして、富士署は20日、道路交通法違反(無免許運転)の疑いで、静岡県富士市立富士南中学校教諭、望月理絵容疑者(27)=富士市中野=を逮捕した。望月容疑者は「通勤に必要だった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は11月8日午後10時10分ごろ、富士市内で自家用の軽乗用車を無免許運転したとしている。

 同署によると、望月容疑者は10月中旬の交通違反で免許取り消し処分を受けていた。

過失傷害の罪で当時の担任ら略式起訴

NHK NEWS WEB
2017年12月19日(火)17時19分

シャッターに挟まれ児童大けが 当時の担任ら略式起訴 横浜

おととし、横浜市の小学校で、避難訓練のあと教室に戻ろうとした女子児童が、煙を防ぐためのシャッターに挟まれて大けがをした事故で、検察は安全を十分に確認しないまま誤ってシャッターを操作したなどとして、当時の担任教諭ら2人を業務上過失傷害の罪で略式起訴しました。

おととし12月、横浜市磯子区の山王台小学校で、避難訓練を終えて教室に戻ろうとしていた当時、小学6年生の女子児童が、1階の廊下にある煙を防ぐためのシャッターに挟まれ、ろっ骨を折るなどの大けがをしました。

警察は、40歳の当時の担任教諭が、安全を十分に確認しないまま誤ってシャッターを操作し、ワイヤーが切れてシャッターを落下させたとして、ことし2月、担任教諭と、安全管理の責任者だった60歳の当時の副校長を書類送検していました。その結果、検察は19日、2人を業務上過失傷害の罪で略式起訴しました。

教諭2人を懲戒処分 埼玉県教委

埼玉新聞
2017年12月19日(火)

女子生徒に抱き付き、頬を顔に接触 県教委、セクハラ行為で高校教諭を処分 生徒が相談し発覚

 県教育委員会は19日、勤務先の県立高校で女子生徒にセクハラ行為を行ったとして、県西部の高校の男性国語教諭(54)を停職3カ月の懲戒処分にした。

 県教育局によると、女子生徒は男性教諭が顧問を務める部活動に在籍。教諭は5月24日、自身の乗用車に女子生徒を同乗させて県内で行われた部活動の代表者会議に出席した後、車で茨城県内の筑波山へ向かった。筑波山ではケーブルカー内で女子生徒を隣に座らせて肩に手を掛け、女子生徒を最寄り駅付近まで送る帰りの車内でも信号待ちの際に同様の行為をしたという。

 7月25、31日には、校内の生徒指導室で女子生徒に小論文の個別指導を実施。指導後、女子生徒に抱き付いたり、自身の頬を女子生徒の顔に接触させたりしたという。嫌悪感を抱いていたという女子生徒が10月中旬、養護教諭に相談し、発覚した。

 男性教諭は「よく頑張り、本音で話せる生徒だった。そのために思い込みが強くなり、生徒との距離が近くなり過ぎた。申し訳ないことをした」と話しているという。

 また、県教委は、車で自転車の草加市在住の70代男性をはね、左足首骨折の重傷を負わせたとして、県東部の県立特別支援学校の女性教諭(44)を戒告の懲戒処分にした。

覚せい剤使用で中学教諭逮捕

時事ドットコム
2017年12月20日(水)16時22分

中学教諭が覚せい剤=使用容疑で逮捕-警視庁

 覚せい剤を使用したとして、警視庁中野署は20日までに、覚せい剤取締法違反容疑で埼玉県狭山市立中学教諭の鹿島勝容疑者(57)=同県富士見市=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は11月下旬から今月上旬、東京都内か周辺で覚せい剤を使用した疑い。
 同署によると、5日午後8時45分ごろ、新宿区で車を運転していた鹿島容疑者をパトロール中の警察官が職務質問。上着の胸ポケットから注射器2本が見つかった。同署で尿検査をしたところ、覚せい剤の陽性反応が出た。
 狭山市教育委員会によると、鹿島容疑者は社会科の教諭で、5日は休みを取っていたという。同教委は「生徒や保護者の信用を失う事態を招き、深くおわびする。再発防止と信頼回復に努める」としている。

高校教諭が女子高校生をスマホで盗撮、懲戒免職に

日刊スポーツ
2017年12月20日(水)19時21分

高校教諭が女子高校生をスマホで盗撮、懲戒免職に

 山梨県教育委員会は20日、女子高校生のスカートの中にスマートフォンを差し入れ盗撮したとして、県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕され、起訴猶予となった県立吉田高の吹野卓弘教諭(30)を懲戒免職処分にした。

 高校教育課によると、吹野教諭は9月15日、山梨県富士吉田市内のコンビニで女子高生2人のスカート内にスマートフォンを差し入れたとして、10月に逮捕された。

 同課の聞き取りに「約1年半前から、20~30回盗撮をした」と話しているという。

生徒77人分の個人情報を紛失

チューリップテレビ
2017年12月19日(火)17時55分

滑川高校20代教諭 生徒の個人情報入りUSBを紛失

 滑川高校の20代の教諭が生徒の個人情報や成績の記録が入ったUSBメモリを紛失させていたことが分かりました。

 県教育委員会によりますと、先月29日、滑川高校の20代の教諭が、全校生徒の名簿と、海洋科の生徒77人分の成績の記録を私物のUSBメモリに複製しカバンに入れて持ち帰りました。

 今月6日にこの教諭が、USBメモリを学校で使用しようとしたところ紛失に気づき、その後学校に報告しました。

 今のところ、個人情報が外部に漏えいした事実は確認されていませんが、紛失したUSBメモリにパスワードは設定されていないということです。

 県教委は、生徒の個人情報を校外に持ち出すことを原則禁止していますが、この教諭は成績を処理をするために学校に無許可で私物のUSBメモリに複製し自宅に持ち帰っていました。

 県教委は、生徒や保護者に紛失した情報について説明した上で謝罪し、県内全ての学校に対して個人情報の管理の徹底を指導するとしています。

准教授が自転車のサドル盗む

産経ニュース
2017年12月18日(月)20時24分

自転車のサドル盗み新潟大准教授逮捕 持ち主に取り押さえられる

 自転車のサドルを盗んだとして、新潟県警新潟西署が窃盗の疑いで新潟大医歯学総合病院薬剤部の准教授の男(44)=新潟市西区青山=を現行犯逮捕していたことが18日、分かった。准教授は既に釈放され、同署は任意で捜査を続ける。

 逮捕容疑は16日午前10時5分ごろ、同区小針のアパートの階段下に置いてあったスポーツ用自転車のサドル(時価2千円相当)を盗んだとしている。物音に気付いた持ち主の男性が准教授を取り押さえ、110番通報した。容疑を認めたという。

 同病院は「情報収集中でコメントできない」としている。

女性教諭が女子生徒7人の髪切る

朝日新聞
2017年12月19日(火)05時02分

教諭、はさみで女子生徒7人の髪切る 「言葉遣い悪い」

 香川県立坂出高校の女子カヌー部顧問の20代の女性教諭が今年8月、合宿中に言葉遣いなどが悪いことを理由に、同校を含む3高校の女子生徒6人と、中学の女子生徒1人の髪をはさみで切っていたことが、県教委などへの取材でわかった。同校は「不適切」だとして9月に顧問を外し、生徒や保護者に謝罪。県教委は今月7日に教諭を口頭で厳重注意した。

 県教委などによると、教諭は8月に山梨県内であった国体強化選手の合宿に女子チームの責任者として参加。生徒らに「言葉遣いが悪い」などと注意し、「(ある言葉を)一度言うごとに、髪を1センチ切る」と決め、最終日に該当した生徒7人の髪を切った。その場で拒否した2人には「切っておくように」と指示し、2人は後に髪を切ったという。教諭は「お互いゲーム感覚だった。生徒の心を傷つけてしまった」と反省しているという。

 一方、復帰を求める嘆願書が保護者らから提出されていることなどから、同校は近く顧問に復帰させる予定という。

教諭3人を懲戒処分 宮城県教委

河北新報
2017年12月19日火曜日

<宮城県教委>体罰や暴言3教諭処分 頬を平手打ち「死ね」「ばか」

 宮城県教委は18日、子どもに体罰や不適切な発言をしたとして、仙台教育事務所管内の中学校男性教諭(24)を減給6カ月、東部教育事務所管内の中学校男性教諭(55)を減給3カ月、大河原教育事務所管内の小学校男性教諭(61)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。
 減給6カ月の教諭は2016年11月~17年10月、顧問を務める運動部の部員全員に「死ね」などと言い、男女2人の頬をたたくなどの体罰をした。保護者の通報で発覚後、学校側の聞き取りに対し、教諭は日常的に不適切な発言を繰り返していたと認めた。
 減給3カ月の教諭は16年5~9月、顧問を務めるバスケット部の男子部員4人に「ばか」などと言い、平手打ちの体罰をした。小学校教諭は17年8~10月、障害がある6年生男児の頭をたたくなどした。
 本年度の懲戒処分は計16人(14件)で、昨年度の15人(15件)を既に上回った。県教委は19日に臨時の県立学校長会議を開催する。高橋仁教育長は「処分者の増加は、極めて遺憾だ。服務規律の確保を呼び掛ける」との談話を出した。

女子生徒の着替え盗撮で懲戒免職

NHK NEWS WEB
2017年12月14日(木)12時59分

女子生徒を盗撮 教諭を懲戒免職

由利本荘市の中学校に勤務する43歳の男性教諭が教室にタブレット端末を設置し、女子生徒の着替えを盗撮したとして、県教育委員会は、この教諭を14日付けで懲戒免職にしました。

懲戒免職の処分を受けたのは、由利本荘市の本荘北中学校の飯嶋誠宏教諭(43)です。

県教育委員会によりますと、飯嶋教諭はことし10月1日、文化祭のときに、顧問を務める吹奏楽部の女子生徒およそ40人が着替えをしていた教室に私用のタブレット端末を設置し、盗撮したということです。

タブレット端末は棚に並んだDVDの裏に隠すようにして録画状態にして置かれているのを女子生徒が見つけ、発覚しました。

発覚後、飯嶋教諭が端末を初期化し、映像を消しましたが、およそ1か月後に盗撮目的だったことを認め、「自分の心の弱さに負けてしまった」と話しているということです。

飯嶋教諭は警察の捜査を受け、今月7日に建造物侵入の疑いで書類送検されています。

県教育委員会は教員に求められる倫理観を著しく欠いたとして、14日付けで懲戒免職にしました。

県教育委員会義務教育課の佐藤有正課長は14日、県議会の教育公安委員会で処分を報告し、「教職員の不祥事により、生徒を深く傷つけ信頼を損ねたことをおわびし、再発防止に務めます」と陳謝しました。

女子生徒にセクハラ 50歳の男性教諭を停職処分

福島民友
2017年12月16日(土)08時51分

高校教諭がセクハラ、停職3カ月 女子生徒3人に抱き付く

 県教委は15日、元の勤務先の女子生徒3人に抱き付くなどのセクハラ行為をしたとして、会津地区の県立高の男性教諭(50)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。県教委によると、教諭は「(生徒が)傷ついているという認識はなかった。反省している」と話しているという。

 県教委によると、教諭は昨年6月~今年9月、3月まで前任校で顧問を務めていた部活動の女子生徒3人に対し「愛している」「会えないのが寂しい」「世界一かわいい」などと声を掛けたり、メールを送信するなどした。生徒を私有車で送迎した際、手を握ったり、抱き付くなどした。

 3人の生徒のうち1人が養護教諭に相談して発覚。県教委は前任校と現在の勤務校でセクハラの有無を問うアンケートを行ったが、3人以外の被害は確認されなかった。教諭は現任校に異動後も、前任校の校長からの要望で部活動の顧問を続けていた。

部活中の男子生徒に体罰し脅迫

岩手日報
2017年12月13日(水)

生徒体罰の高校教諭処分 県教委、平手打ちで鼓膜破る

 県教委は12日、顧問を務める運動部の部活中に高校1年の男子生徒3人に体罰を行い、うち1人の鼓膜を破るけがを負わせたとして、盛岡教育事務所管内の高校男性教諭(40)を停職2カ月の懲戒処分にした。停職は13日から。同校の校長は訓告処分とした。

 県教委によると、教諭は10月27日午後4時40分ごろ、学校内の体育施設で、指示した練習メニューなどを守らなかったとして、生徒の左ほほを右手で1回ずつ平手打ちし「今後、このようなことがあったらぶっ殺す」と脅した。

 生徒1人は左耳の鼓膜が破れ、約1カ月通院した。生徒は通学しており、部活動にも所属している。けがをした生徒の保護者が学校に電話連絡して同30日に発覚。同日に教諭は顧問を解任されたが、現在も同じ高校に勤務している。

柔道部の練習でケガ 教諭を書類送検

朝日新聞
2017年12月12日(火)18時49分

柔道中に生徒けが 教諭を業過致傷容疑で書類送検 愛知

 柔道部の練習中にけがをした生徒への適切な処理を怠ったとして、愛知県警が私立愛知高校(名古屋市千種区、松本正孝校長)の60代男性教諭を業務上過失致傷容疑で書類送検していたことが、捜査関係者や高校への取材でわかった。5日付。容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、5月22日にあった柔道部の練習で1年生の男子部員(16)が乱取り稽古で頭などを強く打ち、けがをする事故があった。書類送検された教諭は当時、部の顧問で、指導の際に安全配慮の義務を怠った疑いがある。

 愛知高によると、男子部員はその後、頭痛やめまいなどの症状が出る「脳脊髄(せきずい)液減少症」と診断されたという。現在も学校を休むなど完治しておらず、男子部員の保護者が11月に県警へ被害届を出していた。

 男子部員は柔道未経験者で、4月に入部したばかり。受け身の練習を経た上で、乱取り稽古に進んでいた。教諭は約40年の柔道の指導経験があったという。教諭は10月に部活動の指導停止処分を受け、柔道部は現在休部中だという。愛知高の比沢徹夫教頭は「事故が起こったことや適切な対応が出来ず、申し訳ない。再発防止を尽くす」とコメントした。

小学校教諭が体罰

朝日新聞
2017年12月12日(火)11時12分

小学校教諭、児童7人に体罰 平手打ちなど計21件

 愛知県半田市立小学校の50代の男性教諭が4~7月、担任する高学年の児童7人に計21件の体罰を加えたとして、市教育委員会が文書訓告処分にしたことが分かった。けがをした児童はいないという。

 市教委によると、8月下旬に児童1人の保護者から体罰の訴えが市教委にあり、学級の全児童や保護者への聞き取りやアンケートを実施して、ほかの体罰も判明した。教諭は忘れ物を繰り返したり、友達をたたいたりした児童に、10センチほど離れたところから頭を平手やゲンコツでたたいたり、ほおを平手でたたいたりしたという。教諭は児童や保護者に謝罪して担任を続けているが、校長や教頭らが立ち会って2人態勢で授業をしているという。

 市教委は県教委に報告し、11月15日付で教諭を処分。校長も口頭で厳重注意とした。いずれも懲戒処分に当たらないため、県教委の公表基準に基づいて公表しなかったという。加来正晴教育長は「教諭は深く反省しており、2度とこのようなことがないよう職員を指導したい」と話した。
プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR