FC2ブログ

大学教授が検定の問題と解答を学生に漏えい

日テレNEWS24
2017年9月26日(火)17時53分

大学教授が検定の問題と解答を学生に漏えい

 大学教授が検定の問題と解答を学生に漏えいしていた。

 栃木県の文星芸術大学によると今年7月、77歳の男性名誉教授が、学内で行う予定だった「日本語ワープロ検定」の問題と模範解答のコピーを学生10人に事前に渡していたという。名誉教授は「他人にはしゃべらないこと」などと書いた紙も同封し口止めもしていた。漏えいの発覚を受けて試験は中止された。

 名誉教授は大学の聞き取りに「全員を合格させたかった」と話し、先月、依願退職している。
スポンサーサイト



部活中に女子生徒の脚触る 加古川の中学教諭

神戸新聞
2017年9月28日(木)06時50分

部活中に女子生徒の脚触る 加古川の中学教諭

兵庫県加古川市立中学校の40代男性教諭が、顧問を務める運動部の活動中、女子部員の脚を触り、保護者に謝罪していたことが27日、分かった。この教諭は卒業生の10代女性にも、無料通信アプリ「LINE(ライン)」でデートや交際を求めていたという。

 市教育委員会によると、教諭は6月、ほかの部員がいる場所で女子部員の脚を触ったという。保護者から苦情を受け、学校が確認したところ、教諭は「マッサージのつもりだったが、誤解を招きかねない行為だった」と説明。7月、部活の保護者会で校長と教諭が謝罪した。

 ラインは3~6月ごろ、卒業生に「デートしてね」「ちゅーしてまうかも」などと交際や男女関係を望む趣旨のメッセージを複数回送信。市教委は不適切な行為として県教委に報告した。

 市教委は「市民の信頼を損なう行為。公務員として自覚と責任を持って行動するよう、指導に努めたい」とした。

体罰で県立高教諭を懲戒処分

テレビ西日本
2017年09月28日(木)18時15分

男子生徒に“平手打ち”で骨折など全治3カ月 県立高校の男性教師を減給処分

県立高校に勤務する男性教師が、男子生徒の顔を平手打ちし、骨折など全治3カ月のけがをさせたとして懲戒処分を受けました。

28日付けで減給3カ月の懲戒処分を受けたのは、福岡市内の県立高校に勤務する30代の男性教師です。

福岡県の教育委員会によりますと、この男性教師は今年5月、書道の授業中に顔に墨で落書きをした男子生徒に対し、4回にわたって顔を洗うよう注意をしました。

しかし生徒が従わなかったため、男性教師は水が入ったペットボトルを投げつけたほか、その後、顔を洗いに行った生徒の太ももを蹴ったうえ頬を平手打ちしました。

生徒はあごの骨を折るなど全治3カ月のけがをしました。

男性教師は「体罰という絶対許されない行為をし、大けがを負わせてしまったことを大変申し訳なく思っています」と謝罪しているということです。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
検索フォーム
リンク