FC2ブログ

大麻所持で中学教諭逮捕

テレ朝news
2017年08月23日(水)18時52分

落し物から大麻 持ち主探してみたら…中学校の先生

落とし物のリュックから見つかった大麻の持ち主は、中学校の教師でした。

 神奈川県三浦市立初声中学校の英語の臨時教師・山本真紀夫容疑者(28)は去年5月、神奈川県横須賀市の路上で落とし物として見つかったリュックの中に乾燥大麻一袋、0.4グラムを所持した疑いが持たれています。リュックの中にあった証明写真をもとに、警察が持ち主の特定を進めていました。警察によりますと、山本容疑者は「大麻は自分のもので間違いない」と容疑を認めています。山本容疑者の自宅からは葉巻やパイプなどが押収されています。
スポンサーサイト



中学校教諭が「ベランダから飛び降りろ」発言 謝罪へ 福島

NHK.
2017年8月23日(水)17時39分

中学校教諭が「ベランダから飛び降りろ」発言 謝罪へ 福島

東京電力福島第一原発の事故のあと避難を続けている生徒が通う福島県内の中学校で、1年生の担任の男性教諭が、先月生徒に対して「ベランダから飛び降りろ」と発言していたことがわかりました。学校側は担任の交代を決めるとともに、23日夜保護者への説明会で謝罪することにしています。

発言が問題となっているのは、原発事故のあと生徒たちが避難している福島県いわき市の仮設校舎で授業を行っている双葉町立双葉中学校の50代の男性教諭です。

NHKの取材に応じた複数の生徒と保護者によりますと、教諭はこの春別の学校から赴任して5人の生徒がいる1年生の担任になりましたが、先月下旬、授業中に男子生徒が自分の意見を発表できない様子を見て「ベランダから飛び降りろ」などと発言したということです。

また1学期の間には、この生徒に対し声が小さいことへの指導だとして、腹を強く押したり首を絞めたりする行為を繰り返したということです。

町の関係者によりますと、今月上旬複数の保護者から抗議を受けた学校側が聞き取り調査を行った結果、教諭は「飛び降りろ」と発言したことは認めましたが、腹を押したり首を絞めたりする行為はしていないと答えたということです。

学校側は保護者と生徒に対し「不適切な言動があった」などと伝えました。

学校側では25日始まる2学期から担任の交代を決めるとともに、23日夜、保護者への説明会を開き謝罪することにしています。


発言は埼玉の問題の直後

生徒と保護者、学校によりますと、教諭が「ベランダから飛び降りろ」と発言したのは先月下旬だということです。

これは、先月18日に埼玉県所沢市の小学校の40代の男性教諭が4年生の児童に対し「窓から飛び降りなさい」などと発言したことが報道された直後の時期でした。

埼玉県の問題を知っていた生徒たちは、同じような発言にショックを受け、通っている塾の関係者や保護者に相談したということです。


教諭の行為について生徒と保護者は

教諭の行為について1年生の生徒は「黙っていると首を絞められたり声を出すためだと言って腹を強く押されたりした。1学期は嫌なことが多かった」と話していました。

生徒の母親は「息子は声が小さいという理由で『毎日のように暴力を受けていた』と話しています。

学校からは『コミュニケーションの一環』などと説明を受けましたが、納得がいかず許せません」と訴えています。

この生徒の同級生の母親は「中学校に入ってから子どもが学校のことを話さなくなりました。こういうことがあると安心して子どもを学校に預けることはできません」と話しています。

さらに別の生徒の母親は「子どもたちは男性教諭に対して恐怖を感じ、精神的に追い詰められています。中学校の仮設校舎は狭く、ほかの教諭は知らなかったのか疑問です」と学校の対応に不満を感じていました。


全校生徒は11人 いずれも避難を経験

東京電力福島第一原発が立地する福島県双葉町は、今も全域で避難指示が出されています。

原発からおよそ4キロほどの場所にある双葉中学校は、町にあるただ1つの中学校で事故のあと授業を休止していましたが、平成26年の春に避難している住民が多いいわき市で授業を再開しました。

その年の夏からは新たに建設された仮設の校舎で授業を行っています。

現在の全校生徒は11人でいずれも避難を経験し、複数回、転校した子どももいるということです。



2017年8月23日、NHKニュース

愛媛大教員がセクハラ

毎日新聞
2017年8月23日(水)11時26分

愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情

 愛媛大(松山市)の複数の男女学生が今年3月、教員が女子学生の体を触ったり、飲み会を断った学生に単位を出さないなどの対応をしたりしているとして、大学側に相談していたことが22日、大学への取材などで分かった。

 毎日新聞の情報公開請求に愛媛大が開示した関係資料によると、3月1~7日、複数の学生が、同じ教員による被害について大学側に相談した。

 このうち女子学生2人は、教員が飲み会で女性の体を触ったり、飲み会を断った学生には単位を出さないなど対応が悪くなると相談。さらに、この教員は学会のため出張する際には必ず女子学生を同伴させていたという。学生は「飲み会を開くのをやめてほしい。指導できないのであれば、研究指導をしてほしくない」と訴えた。

 別の学生4人も「(この教員は)女性を遅くまで連れ回し、体に触ったりする。研究室の指導から教員を外してほしい」などと訴えた。

 また、男子学生2人は、この教員に「大学院進学後は研究室を変わりたい」などと伝えたところ、卒業に必要な単位を取り消されたという。「卒業判定が間近に迫っているにもかかわらず、どうしたら卒業できるかとの問いにも明確に答えてもらえない。人により態度が明らかに違う」などと相談した。

 このほか、男子留学生は、この教員から進学に必要な科目の追試験を受けさせてもらえず、ストレスから睡眠不足が続いたため薬を飲むようになったり、髪が抜け落ちているように感じたという。

 相談を受けた大学の人権問題対策委員長が、所属部局に対処を依頼し、対処結果について対策委員長に報告した。

 愛媛大では、女子学生が昨年4月、別の教員(既に依願退職)から性的な関係を迫られたとして、大学側に相談していたことなども明らかになっている。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
検索フォーム
リンク