FC2ブログ

中学生のいじめ自殺 教育委員会が隠蔽

毎日新聞
2017年7月30日(日) 07時00分

取手中3いじめ 市教委、自殺隠す 「突然の死」と説明

 茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自殺した問題で、同市教委が自殺の直後、生徒や保護者らに自殺と伝えない方針を決めていたことが分かった。両親は死亡の5日後にいじめが原因と疑い調査を求めたが、市教委は自殺と伝えないまま生徒へのアンケートなどを実施。「いじめは無かった」と結論づけていた。

 毎日新聞の情報公開請求に市教委が開示した学校の緊急報告書などから判明した。菜保子さんは11月10日に自宅で自殺を図り、翌11日に死亡。学校が同日、市教委に提出した緊急報告書には「自殺を図り救急車で運ばれた」と書かれていた。ところが市教委は同日夜の臨時会合で、生徒らには自殺の事実を伝えない方針を決定。校長も12日の全校集会で「思いがけない突然の死」と説明し、その後の学校の報告書などでも「死亡事故」と表記した。生徒の自殺があった場合に開催する臨時保護者会も開かれず、自殺は対外的に伏せられた。

 両親の要望を受けた学校は15年12月、菜保子さんには触れずに全校アンケートを実施。市教委は3年生にヒアリングをした際、菜保子さんに触れたが、自殺とは明かしていなかった。

 市教委は16年3月、アンケート結果を基に自殺は「いじめによる重大事態に該当しない」と議決。直後に記者会見を開き、自殺があったと明らかにした。市教委は事実関係を認めた上で「遺族の意向と受験を控えた生徒らへの影響を考えた当時の判断は適切だった」と回答した。


2017-07-30毎日新聞添付画像


続きを読む

スポンサーサイト



下着泥棒の教頭 懲戒免職

2017年07月28日(金)
長崎文化放送

小学校教頭が女性用下着収集で懲戒免職

西彼・時津町の小学校の教頭が4年間にわたり女性用の下着を盗んでいたとして懲戒免職処分を受けました。28日付で懲戒免職となったのは時津町立時津北小学校の渕上孝志教頭59歳です。県教委によりますと、渕上教頭は4年前、コインランドリーで女性用の下着を拾ったことをきっかけに収集を始め、今年5月まで月に2回ほど、長崎や佐賀のコインランドリーのゴミ箱などから合わせて71点の女性用の下着を持ち帰りました。今年6月、大村市の駐車場で仮眠をとっていたところを警察に職務質問され、その際、車の中から130点の下着などが見つかりました。渕上教頭は「出来心で持ち帰ったのがきっかけで、ひそかな楽しみとなっていた。多くの人に迷惑をかけて申し訳ない」と話しているということです。警察は窃盗の疑いで捜査しています。時津北小学校は臨時の保護者会を開き説明します。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
検索フォーム
リンク