FC2ブログ

教諭、児童に「腹打ち三銃士」発言 鳥取のプール事故

2017年3月5日(日)0時00分 日本経済新聞

教諭、児童に「腹打ち三銃士」発言 鳥取のプール事故

 鳥取県湯梨浜町の町立小学校で昨年7月、6年生の女子児童(12)が放課後の水泳の課外授業の際、プールに飛び込み頸髄(けいずい)損傷の大けがをした事故があり、指導中の男性教諭が、飛び込みが苦手な他の児童を「腹打ちの三銃士」などと呼んでいたことが4日、分かった。

 町教育委員会は今月2日に事故に関する調査委員会を初めて開いており、不適切な発言が児童にプレッシャーを与え事故につながった可能性についても調査する方針。

 町教委によると、男性教諭は飛び込んだ時に水面で腹部を打つ児童4人に対して「腹打ちクイーン」「腹打ちのキング」とも発言していた。事故後、児童の保護者からの指摘で発覚した。

 町教委は2月、課外授業に参加した児童など計95人を対象にアンケートを実施し、33人が発言を聞いたと回答。「言われた人が泣いていた」「周りにいた先生も注意していなかった」などの記述もあった。

 学校によると、女子児童は高さ約36センチの飛び込み台から教諭の指示で、水中の別の児童が持ったフラフープめがけて飛び込み頭を強打した。6日間入院し、現在も手などにしびれが残り、リハビリを続けているという。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク