FC2ブログ

つくばの教諭、酒気帯び運転で懲戒免 鹿行の教諭は教員免許失効後も授業

2016年12月27日(火) 東京新聞 TOKYO Web

つくばの教諭、酒気帯び運転で懲戒免 鹿行の教諭は教員免許失効後も授業

 県教育委員会は二十六日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで県警に摘発されたつくば市立茎崎一小の男性教諭(33)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 県教委によると、教諭は今月一日、石岡市内の飲食店で友人らとビールを飲み、乗用車を運転して市内の自宅に帰る途中、巡回中の石岡署員に停車を求められ、飲酒検知で呼気から規定値以上のアルコール分が検出された。

 また県教委は同日、鹿行地域の小学校の女性教諭が教員免許状を失効したまま、一年八カ月にわたり授業をしていたと発表した。

 県教委によると、教諭は免許状の修了確認期限の延期を申請してあると思い込み、更新講習を受講せず、二〇一五年三月末で失効した。

 期限前の一四年五月、教諭は教頭に相談し、教頭は市教委に問い合わせをしていたが、いずれも制度を正しく理解していなかった。

 今月、県教委の調査で発覚。教諭はその後、講習を受け、年内に新しい免許状が交付される見通し。失効期間の授業の単位は有効という。
スポンサーサイト



体罰で教諭2人を懲戒処分

2016年12月28日(水)12時20分 YOMIURI ONLINE

生徒の両頬を平手打ち、鼓膜破る…中学教諭処分

 兵庫県教委は27日、男子生徒を平手打ちして鼓膜を破るけがを負わせた、姫路市立中学校の男性教諭(36)を停職1か月にするなど、計2人を懲戒処分とした。

 発表によると、男性教諭は、前の勤務先の中学校で生活指導担当だった2015年3月20日、友人同士のトラブルを巡り、2年の男子生徒を呼び出して指導。生徒が座っていたイスの背もたれを蹴った後、両頬を複数回、平手打ちし、左耳の鼓膜を破るけがをさせた。県教委の調査に対し、「生徒の態度にカッとなった」と話したという。

 また、10月に担任する高等部3年の男子生徒の頭をつかんで揺さぶり、机に打ち付けたとして、県立のじぎく特別支援学校(神戸市西区)高等部長の男性教諭(57)を戒告とした。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
検索フォーム
リンク