FC2ブログ

教師が、勤務先の校長に暴行

2016年6月1日(水)06時38分 メ~テレ 名古屋テレビ

名古屋で公立中学校教師が校長への暴行容疑で逮捕

名古屋市の公立中学校の男性教師が、勤務先の校長に暴行を加えた疑いで、逮捕されました。

暴行の疑いで逮捕されたのは名古屋市天白区に住む名古屋市立有松中学校教師、田村勝紀容疑者(57)です。
警察によりますと、田村容疑者は5月31日正午ごろ、自宅の玄関前で勤務先の57歳の校長に対し、
胸ぐらと腕を掴む暴行を加えた疑いがもたれています。
田村容疑者は、5月31日午前、体調が悪そうだったため校長が授業を休ませたところ無断で帰宅。
その後、校長を電話で自宅に呼び出した上、暴行を加えたとみられています。
警察の調べに対し、田村容疑者は、「授業をさせてもらえず腹が立った」と話しているものの、
容疑については、「知らん。覚えていない」と否認しています。

上智大教授、論文盗用か 学内紀要に発表、大学が処分

2016年6月1日(水)05時23分 朝日新聞DIGITAL

上智大教授、論文盗用か 学内紀要に発表、大学が処分

 学内の紀要に発表した論文にほかの論文からの盗用があったとして、上智大学が外国語学部ロシア語学科の上野俊彦教授(62)を処分していたことがわかった。上智大によると、上野教授は学内調査に不適切な流用を認めたが、大学側は「解雇処分に至っていない事案は公表しない」として処分内容を明らかにしていない。

 上智大によると、問題の論文は2015年3月発行の「上智ヨーロッパ研究」に掲載された「ウクライナ政変の背景」。ほかの研究者の論文から無断で転載した箇所が複数あったという。外部からの指摘を受けて発覚し、大学側は全国の大学図書館などに配った掲載誌を回収。今年3月に上野教授を処分し、文部科学省に報告した。

 上野教授は31日、朝日新聞の取材に、「経緯について私から特に申し上げることはない」と話した。

教諭、生徒の首元にのこぎり 

2016年6月1日(水)16時28分 産経WEST

25歳男性教諭、生徒の首元にのこぎり 保護者会には「腕」と説明 三重

 三重県いなべ市立北勢中学校で5月、技術科の男性教諭(25)が生徒の首や腕にのこぎりをあてがっていたことが1日、学校への取材で分かった。学校側は保護者会などで「腕にあてがっただけ」と説明していた。

 児玉光明校長は「生徒たちに不安を与えたくなかった。申し訳ないと思っている」と謝罪した。

 学校などによると5月11日、2年の男子生徒が休み時間に技術室にあるのこぎりを持っていたため、教諭が取り上げ注意した。生徒が取り返そうとしたことから、カバーが付いた状態で刃の部分を右腕や首元にあてがった。その際、シャツに引っかかり1センチほど裂けた。生徒にけがはなかった。

 同日、教諭が生徒の担任に話して発覚し、学校側は生徒と両親に謝罪。その後、学年集会や保護者会を開いたが、事実と異なる経緯を説明していた。教諭は今春採用された。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
検索フォーム
リンク