FC2ブログ

大学院教授が出題範囲を漏らす

2016年03月18日(金)20時40分 NHK NEWSWEB京都放送局

大学院教授が出題範囲を漏らす

京都府立大学の大学院の教授が去年行われた大学院の入試を前に、指導する学生に対し、出題範囲を漏らしていたことがわかり、大学はこの教授を停職5か月の懲戒処分にしました。
これは京都府立大学が会見を開いて明らかにしました。
それによりますと、大学院生命環境科学研究科の61歳の男性の教授は、去年8月に行われた大学院の入試を前に大学で受け持っているゼミの学生2人に対して、「講義した光合成関係を勉強するように」といった趣旨の発言をしたり、メールを送ったりして、出題範囲を漏らしていたということです。
この教授は入試問題を作成する立場にあり、入試では5つの問題で構成される筆記の専門試験の中で光合成の問題が1問出題され、2人の学生は合格したということです。
問題そのものは漏れていなかったということですが、大学の調査に対して教授は事実関係を認めた上で、「学生たちへの親心があった」などと話しているということです。
大学は光合成の問題を除いて、改めて採点を行いましたが合否に変更はなかったとしています。
去年12月、学生からの指摘を受けて調査を進めた結果、明らかになったということで、大学はこの教授を停職5か月の懲戒処分にしました。
京都府立大学の小沢修司副学長は「学生や府民の信頼を損なう事態となり、心からお詫び申し上げます。再発防止を図りたい」と話しています。


スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
検索フォーム
リンク