FC2ブログ

皇学館大教授、博士号論文に盗用

2016年2月5日(金)13時09分 47NEWS

皇学館大教授、博士号論文に盗用 九州保健福祉大の通信制大学院で

 皇学館大(三重県伊勢市)の女性教授(53)が九州保健福祉大(宮崎県延岡市)の通信制大学院で博士号を取得するために執筆した論文に、複数の盗用が見つかったとして、九保大が博士号を取り消していたことが5日、両大学への取材で分かった。皇学館大は昨年6月、教授を停職3カ月の懲戒処分にしていた。

 九保大などによると、教授は2012年度、博士課程に在籍。ハンセン病に関する論文を提出し、13年3月に博士号を得た。昨年3月ごろ、外部の研究者から指摘があり、両大学が調査を開始。少なくとも8カ所の記述が、他の研究者の論文やネットからの盗用だったと確認。教授は盗用を認めた。
スポンサーサイト



万引き隠した教諭 停職6か月

2016年02月04日(木)19時48分 NHK NEWSWEB 長野放送局

万引き隠した教諭 停職6か月

長野県教育委員会は、過去10年の間に2回、万引きをしたとして、警察の取り調べを受けたにも関わらず勤務先に報告していなかったとして、県内の特別支援学校の60歳の教諭を、停職6か月の懲戒処分にしました。

長野県教育委員会によりますと、県内の特別支援学校に勤務する60歳の男性教諭は、去年12月8日に県内の書店で1500円相当のCD1枚を万引きしたとして、警察の取り調べを受けたということです。
さらに、この教諭は10年前にも、県内の量販店で1万円相当の調理器具を盗んだとして書類送検され、不起訴処分となっていたことが分かったということです。
いずれも教諭は勤務先の学校に報告しておらず、今回、警察からの問い合わせで明らかになったということで、県教育委員会は4日付けでこの教諭を停職6か月の懲戒処分にしました。
長野県教育委員会特別支援教育課の中坪成海課長は「学校教育に寄せる信頼を失墜させた責任は重く、県民の皆様におわび申し上げるとともに、綱紀粛正や服務規律の確保にいっそう努めたい」と話しています。
このほか、去年10月、勤務中に車を運転していた際スピード違反をしたとして罰金6万円の略式命令を受けた、東信地区の県立高校に勤務する48歳の男性講師を戒告処分としました。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
 
検索フォーム
リンク