FC2ブログ

県立高校の男性教諭「王様気分」で女子生徒にセクハラ

2015年12月22日(火)17時01分 SANSPO.COM

県立高校の男性教諭「王様気分」で女子生徒にセクハラ

 広島県教育委員会は22日、女子生徒を膝の上に座らせるなどのセクハラ行為を繰り返したとして、県立高校の男性教諭(41)を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は同日、依願退職した。

 生徒が学校側に訴えて発覚。教諭は「王様気分でやってしまった」と話している。

 教諭は6~9月、顧問をしていた部活動で、複数の生徒に対し、膝の上に座らせたほか、マッサージをしたり、腹部や下半身を触ったりするなどして不快感を与えた。
スポンサーサイト



校長に誘われ、はしご酒…中学教師“酒気帯び運転”

2015年12月22日(火)17時21分 テレ朝news

校長に誘われ、はしご酒…中学教師“酒気帯び運転”

中学校の教師が酒を飲んで運転したとして懲戒免職になりました。

 処分を受けたのは、熊本市立の中学校に勤務する男性教師(55)です。この教師は今月4日、熊本市で行われた懇親会で酒を飲んだ後、校長(54)に誘われて別の飲食店でも酒を飲み、車を運転。酒気帯び運転の疑いで検挙されました。熊本市教育委員会は、飲酒後すぐに運転したことや基準の2倍を超えるアルコールが検出されるなど悪質性が高いとして免職処分としたほか、校長を戒告処分としました。

山梨大大学院教授 パワハラで懲戒処分

2015年12月21日(月)18時23分 NHK NEWSWEB甲府放送局

山梨大大学院教授を懲戒処分

山梨大学大学院の女性教授が、部下の助教に対し、感情的な叱責を繰り返したり、流産したあと退職を促す発言をしたりするなど、いわゆる「パワーハラスメント」を行ったとして、大学はこの教授を減給の懲戒処分としました。

懲戒処分を受けたのは、山梨大学大学院の総合研究部医学域の50代の女性教授です。
大学によりますと、この教授は、部下の助教が妊娠中に出血しても学生の指導に当たらせたほか、助教が流産したと報告すると退職を促す内容の発言をしたということです。
さらに、感情的な叱責を繰り返し行い、学生の指導を助教に任せ、指導教員としての責任も果たさなかったということです。
助教は、ことし3月から休んでいるということです。
大学では、助教からの相談を受け調査した結果、地位を利用した嫌がらせ、「パワーハラスメント」にあたるとして、「減給半日」の懲戒処分としました。
山梨大学は「誠に遺憾で、教職員に規範意識の自覚と、人権を守る意識の徹底を図ります」とコメントしています。

女子高生とわいせつ行為 自宅に泊める 担任教諭を懲戒免職

2015年12月21日(月)17時08分 産経ニュース

女子高生とわいせつ行為 自宅に泊める 担任教諭を懲戒免職

 兵庫県教育委員会は21日、担任をしていたクラスの女子生徒とわいせつな行為をしたとして、県立高校の20代の男性教諭を懲戒免職にした。

 県教委によると、教諭は女子生徒から家庭の相談を受けたり、家を飛び出して帰りたがらないため自宅アパートに泊めたりし、好意を抱くようになった。7月5日にはメールで女子生徒を自宅に呼び寄せ、わいせつな行為をした。

 また、教え子の女子生徒に無料通信アプリLINE(ライン)でみだらな内容のメッセージを55回送り、生徒の自宅で頭をなでたとして、30代の県立高校教諭を停職6カ月の懲戒処分にした。

現金40万円を捨てた教諭

2015年12月22日(火)10時16分 YOMIURI ONLINE

中学校金庫の40万円紛失、女性教諭「捨てた」

 徳島県阿波市の市立中学校で、職員室の金庫に保管していた現金約40万円がなくなり、同校の50歳代の女性教諭が無断で持ち出していたことが、市教委などへの取材でわかった。阿波吉野川署は、窃盗の疑いで捜査している。

 市教委などによると、現金は2年生の保護者から集めた教材費で、10日、会計担当の男性教諭が金庫に入れた。11日に業者への支払いのために金庫を開けると見当たらず、校長が同日、同署に盗難の被害届を出した。18日、女性教諭が自ら同署を訪れ、「お金を持ち出し、ゴミ箱に捨てた。ストレスを感じていた」と話したという。

 同校では教職員全員が金庫の開け方を知っていた。今後は校長と教頭しか開けることができないようにして再発防止を図る。市教委は「金銭の紛失は大変遺憾。捜査の推移を見守りたい」としている。

中学教諭、部活中ビール…受験引率でパチンコも

2015年12月22日(火)10時16分 YOMIURI ONLINE

中学教諭、部活中ビール…受験引率でパチンコも

 北九州市教委は21日、部活動の昼食時間に飲酒した小倉南区の中学校の男性教諭(52)を停職6か月とするなど、5件6人の懲戒処分を発表した。

 市教委によると、男性教諭は5月と6月、顧問を務める部活動の練習で苅田町の中学校に行った際、昼食時にビールを飲み、その後も指導を続けた。飲酒運転はしていない。

 保護者が市教委に連絡して発覚。その後、教諭は他校の顧問2人に「飲酒のことは知らないことにして」と口止めしていた。「飲酒はだめだと思っていたが、少しならという甘えがあった」と話しているという。

 市教委は、教諭が口止めしたことや、2004年にも高校受験の引率中にパチンコをして停職1か月の処分を受けていたため、免職の次に重い処分とした。監督責任として校長(58)も戒告処分にした。

 そのほか、剣道部の指導中に防具の上から竹刀で太ももを打つ体罰をしたとして、八幡西区の中学校の男性教諭(35)を停職1か月とした。児童生徒の頬を平手でたたくなどした中学校の男性教諭2人(29歳、34歳)と小学校の女性教諭(49)もそれぞれ戒告処分にした。

 市教委は来年、今年度に体罰などを行った11人に対し、感情を制御する手法を学ぶ研修などを行う方針。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
検索フォーム
リンク