FC2ブログ

特別支援学級の生徒を殴り軽傷を負わす

2015年11月17日(火)09時56分 産経WEST

特別支援学級の生徒殴りけが、名古屋市立中の50代男性教諭「指導として行った」

 名古屋市千種区の市立中学校で10月下旬、50代の男性教諭が知的障害などがある生徒が所属する特別支援学級の男子生徒の頭を殴り、軽傷を負わせていたことが17日、分かった。市教育委員会は、体罰があったとして、調査した上で、教諭の処分を検討する。

 市教委によると、生徒側が被害届を出し、愛知県警が捜査している。

 男性教諭は特別支援学級を受け持っており「生徒が授業に遅れ、落ち着きを欠いたので、指導として行った」と暴力行為を認めている。11月9日から自宅療養を理由に学校を休んでいるという。

 10月21日午後、数学の授業の開始直後に、教諭が男子生徒の頭を数回、拳で殴った。帰宅後に保護者が頭の腫れに気付き、病院で全治3日程度の打撲と診断された。

 中学校が特別支援学級に通う8人の生徒の保護者を対象に10月28日に開いた説明会では「過去に子供が頭をたたかれた」との訴えがあり、市教委が事実関係を調べている。
スポンサーサイト



柔道部顧問、部員を「いじめろ」…複数に命令

2015年11月17日(火)09時56分 YOMIURI ONLINE

柔道部顧問、部員を「いじめろ」…複数に命令

 茨城県立石岡一高(石岡市石岡、藤田知巳校長)の30歳代の男性体育教師が、顧問を務める柔道部の複数の部員に対し、特定の部員を「トイレに連れ込みいじめろ」と命じたり、別の部員の顔を平手打ちしたりしていたことが16日、わかった。

 同校は同日、事実を把握し、体罰にあたるとして県教育委員会に報告した。男性体育教師も認めている。

 同校によると、男性体育教師は同日午前7時半頃、同校の武道館で、部員で1年生の男子生徒の顔面を1回平手打ちしたほか、足を数回蹴り、スマートフォンを取り上げて床に投げ捨てるなどしていた。

 男性体育教師は10月、校内で、複数の部員に、別の1年生の男子生徒をトイレに連れ込み暴行を加えるよう命じた。命じられた部員たちは従わず、暴行は行われなかったという。

 同校は16日、生徒の保護者らの訴えから男性体育教師に事情を聞いたところ、男性体育教師はいずれも事実だと認めた。部員たちの態度に腹を立てたという。

 男性体育教師は今年4月、同校に赴任。当初からけがをしている部員が練習を休むことを申し出ても認めずに練習させたり、大声で罵倒したりしたとされる。

 6月に、部員が男性体育教師の言動について、他の教師に相談。報告を受けた藤田校長が男性体育教師と面談したが、事実関係を否定した。藤田校長は部員らへの確認などはせず、そのままにしていたという。

 県教委によると、男性体育教師は前任校で生徒に暴行を加えたとして訓告処分を受け、藤田校長も把握していた。学校関係者によると、男性体育教師の暴言などから体調を崩し、心因性の症状と診断され、通院治療を受けている部員もいる。藤田校長は「6月に報告を受けた時点で適切な対応がとれなかったのは申し訳ない。事実関係を詳細に調査し、対応に努めたい」と話している。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
検索フォーム
リンク