FC2ブログ

女子中学生にわいせつ行為 教員を懲戒免職

2015年10月26日(月)18時51分 NHK NEWSWEB水戸放送局

中学校教諭がわいせつ行為か

14歳と15歳の女子中学生に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、32歳の中学校の教員が26日付けで懲戒免職となりました。

懲戒免職となったのは守谷市立守谷中学校に勤務していた32歳の男性教員です。
県教育委員会によりますと、この教員は去年の11月と12月に土浦市のホテルでそれぞれ当時14歳と15歳の女子中学生に対し現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたということです。
当時15歳の女子生徒に対してのわいせつ行為について、教員は児童買春などの疑いで警察に逮捕されましたが、先月、「嫌疑不十分」で不起訴となっています。
県教育委員会は、26日の会見で「刑事責任は問われなかったものの信用を失墜させた責任は重い」として、懲戒免職にしたと発表しました。
県教育委員会によりますと、今年度、懲戒処分を受けた教職員は7人目だということです。
県教育委員会義務教育課の小島睦課長は「あってはならない不祥事で県民の皆さまにご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。教育の信頼回復のため、教員の倫理観の向上を図りたい」と話していました。
スポンサーサイト



女性教諭 生徒の個人情報を無断で持ち出し紛失 / 静岡

2015年10月27日(火)21時10分 NHK NEWSWEB静岡放送局

教師が生徒個人情報を盗難紛失

26日、南伊豆町の中学校教諭が車上狙いにあい、生徒の個人情報が入った書類やUSBメモリーをかばんごと盗まれました。
南伊豆町教育委員会は、個人情報の紛失を謝罪するとともに再発防止を図ることにしています。

個人情報を紛失したのは町内の中学校で国語を担当している30代の女性教諭です。
南伊豆町教育委員会によりますと教諭は26日午前7時半ごろ、下田市内の保育施設に自分の子どもを預けるために車で立ち寄りましたが、ドアの鍵をかけず中に置いていたバッグを盗まれる車上狙いにあいました。

バッグの中には全校生徒77人のテストの成績が記入されたノートや顧問を務めるクラブの生徒の連絡先などが記録されたUSBメモリーが入っていたということです。

教諭は自宅で仕事をするため書類などを持ち出していましたが、校長から許可を得ていなかったうえ、USBメモリーに情報を見られないようにするパスワードをかけていませんでした。

南伊豆町教育委員会は「保護者や関係の皆様に迷惑をかけたことをおわびいたします。個人情報の適正な取り扱いについてさらなる指導の徹底を図り再発防止に努めたい」としています。

女性教諭 生徒の個人情報を無断で持ち出し盗難

2015年10月26日(月)20時02分 NHK NEWSWEB神戸放送局

西宮の中学校で個人情報盗難

西宮市の市立中学の教諭がおよそ170人の生徒のテストの解答用紙などを自宅に持ち帰る途中で盗まれ、市教育委員会は、保護者や生徒に謝罪するとともに個人情報の取り扱いを定めたマニュアルを守るよう徹底することにしています。

西宮市教育委員会によりますと西宮市立山口中学校の2年生の国語科を担当している30代の女性教諭が、今月23日午後6時ころ、帰宅途中に自分の子どもを市内の保育所に迎えに行った際、駐車場に止めた車から離れた間に窓ガラスが割られ助手席近くに置いていたショルダーバッグが盗まれたということです。
バッグの中には生徒およそ170人分の漢字テストの解答用紙やおよそ130人分の作文などが入っていて、いずれも氏名やクラスが書かれていたということです。

市教育委員会のマニュアルでは、個人情報が書かれた資料を学校から持ち出すには管理職の承認が必要ですが、この教諭は「採点のために持ち帰ろうとしたが、迎えの時間に間に合わないので承認をもらう時間がなかった」と話しているということです。
これまでは、個人情報の悪用などの被害は出ていないということで市教育委員会は、保護者や生徒に謝罪するとともに個人情報の取り扱いを定めたマニュアルを守るよう徹底することにしています。

東大教授、女子院生にセクハラで停職

2015年10月27日(火)16時53分 SANSPO.COM

東大教授、女子院生に性的言動繰り返す…セクハラで停職1カ月

 東大は27日、セクハラ行為をしたとして、大学院の50代の男性教授を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は19日付。

 東大によると、男性教授は2013年9~10月、大学院生の女性に対して性的な言動を繰り返した。東大は、教授の所属研究科や言動の内容について「女性のプライバシーを侵害する恐れなどがあり、答えられない」としている。

小学校担任、テスト実施や採点サボる 講師減給、依願退職

2015年10月27日(火)20時59分 産経WEST

小学校担任、テスト実施や採点サボる 講師減給、依願退職 大分

 大分県教育委員会は27日、同県日出町立小学校2年のクラス担任の男性臨時講師(24)が、決められたテストを実施せず、実施済みのテストも採点をしなかった上、保護者と学校にうその報告をしていたとして減給処分にした。講師は同日、依願退職した。

 県教委によると、教科書の理解度を測るテストが、5~7月に国語で11回予定されていたが、うち5回は行わなかった。実施した国語と算数のテストも計12回分を採点しなかった。一方、保護者への「学習連絡票」には虚偽の点数を記載していた。書かれた点数と実際の点数の違いに気付いた保護者が学校に連絡し、発覚した。講師は県教委の調査に「怠け心があった」と話した。

 県教委は、酒気帯び運転し事故を起こしたとして、大分市の県立高校の男性教諭(58)も減給処分にした。教諭は依願退職した。

盛岡の小学校教諭が暴行 2月、男児を投げ略式命令

2015年10月20日(火) 岩手日報WebNews

盛岡の小学校教諭が暴行 2月、男児を投げ略式命令

 盛岡市の市立小学校で2月、男性教諭が当時6年生の男子児童に暴力を振るい、9月に暴行罪で罰金10万円の略式命令を受けていたことが19日、関係者らへの取材で分かった。県教委は事実関係を調査し教諭の処分を検討しているもようだ。

 児童の関係者によると、2月に集団下校をする際、児童が同校のげた箱付近をはや歩きをしたところ、男性教諭が首を後ろからつかんで引きずった上、女子トイレに投げ飛ばした。児童は教諭に引きずられる際に手洗い場にぶつかり、脚などに青あざができた。

 児童の家族は3月の卒業式終了後、盛岡東署に被害届を提出。教諭は9月25日付で暴行罪で盛岡簡裁に略式起訴され、罰金10万円を命じられた。同校によると、男性教諭は現在も同校に勤務している。同校の副校長は岩手日報社の取材に対し「教育委員会に対応を一任している」としている。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
検索フォーム
リンク