FC2ブログ

児童買春の疑いで中学校の教諭を逮捕 / 大阪

2015年09月07日(月)12時29分 NHK NEWSWEB 京都放送局

児童買春の疑いで教諭を逮捕

大阪・寝屋川市の中学校に勤務する41歳の男の教諭が、ことし3月、15歳の女子中学生に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いで警察に逮捕されました。
逮捕されたのは、寝屋川市立第九中学校の教諭、阪口純一容疑者(41)です。
警察の調べによりますと、阪口教諭はことし3月、大阪・枚方市内のホテルで、当時15歳の女子中学生に現金1万6000円を渡してわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いが持たれています。
京都府警は、ことし4月に出会い系アプリを利用して児童売春のあっせんをしていたとして、男らを児童福祉法違反の疑いで逮捕し、男らのメールの履歴などを調べていたところ、阪口教諭があっせんをうけて児童買春をした疑いが強まったということです。
調べに対して阪口教諭は容疑を認め「間違いありません」と供述しているということで、警察は詳しいいきさつを調べています。
阪口教諭が勤める寝屋川市立第九中学校の河本和人校長は「寝屋川市の教育委員会とともに事実関係を確認したい」とコメントしています。
スポンサーサイト



司法試験の問題内容 教え子に漏らした疑い

2015年9月7日(月)21時03分 NHK NEWSWEB

司法試験の問題内容 教え子に漏らした疑い

ことしの司法試験で、問題の作成などを担当した明治大学法科大学院の教授が、教え子だった受験生に試験問題の内容を漏らしていた疑いがあるとして、法務省が調査を行っていることが関係者への取材で分かりました。教授は関係者に対し、漏えいを認める趣旨の説明をしているということで、法務省は詳しいいきさつについて調査を進めています。

関係者によりますと、明治大学法科大学院の60代の男性教授は、ことし5月に行われた司法試験で試験問題の作成などを担当する「考査委員」を務めていましたが、試験前、教え子の20代の女性に試験問題の内容を漏らした疑いがあるということです。
漏えいした疑いがあるのは、この教授が問題の作成に関わった憲法の論文試験などの内容とみられ、法務省は教授や受験生から事情を聴くなど、調査を行っているということです。教授は関係者に対し、漏えいを認める趣旨の説明をしているということで、法務省は詳しいいきさつについて調査を進めています。
NHKが教授への取材を申し込んだのに対し、教授の家族は「本人は体調が悪いので応じられない」と話しています。
「考査委員」は法務大臣が任命する非常勤の国家公務員で、ことしは法科大学院の教授や裁判官、それに弁護士など、合わせて131人が担当しましたが、試験問題の内容などについて守秘義務が課せられています。
司法試験を巡っては平成19年、考査委員を務めた慶應大学法科大学院の教授が試験前に学生を集めて開いた勉強会で、実際の出題と関連するテーマを教えていたことが明らかになりました。これを受けて法務省は考査委員のうち、法科大学院の教授の数を大幅に減らしたほか、問題の作成に関わる考査委員については受験資格のある学生らに一切指導しないことなどを義務づけていました。
.

■合格率は年々低下

法科大学院は知識の詰め込みだけではなく、幅広い教養や人間性を兼ね備えた質の高い法律の専門家を養成しようと、司法制度改革の一環として設けられ、平成18年から法科大学院を修了した人などを対象にした新しい司法試験が始まりました。
当初は法科大学院の学生の7、8割が司法試験に合格することを想定していましたが、全国に70以上もの法科大学院が設立されたことで競争が激化しました。その結果、法科大学院を修了した人の合格率は、平成18年は48%でしたが、年々下がり続け去年は22.6%と過去最低となりました。
この教授が在籍していた明治大学の法科大学院も9年前の最初の合格率は、45.3%でしたが、その後下がり続け、去年は17.3%に落ち込んでいました。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
検索フォーム
リンク