FC2ブログ

他人名義のカードで買い物をした講師

2015年8月26日(水)12時41分 産経WEST

他人のカードで禁断「爆買い」…支援学校講師がテレビやミシンを

 他人名義のクレジットカードをだまし取り、テレビなどを購入したとして、大阪府警港署は8月26日、詐欺容疑で大阪市港区に住む府立交野支援学校常勤講師の容疑者(29)を逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、平成26年11月下旬、自宅マンションに以前住んでいた女性名義のクレジットカードが届けられ、そのまま受け取ったうえ、12月中旬~平成27年4月下旬、大阪市内の家電量販店などで、このカードを使って液晶テレビと電動ミシン(計約4万9千円相当)を購入したとしている。

 容疑者は他にも服や食料品などを購入していたといい、被害額は計約26万9千円に上るとみられる。カードの不正使用に気づいた女性が5月末、府警に被害を相談していた。
スポンサーサイト



中学生を買春 中学教諭と家庭教師を容疑で逮捕

2015年8月25日(火)16時02分 産経ニュース

中学生を買春 中学教諭と家庭教師を容疑で逮捕

 茨城県警生活環境課などは25日までに、女子中学生を買春したとして、児童買春・児童ポルノ法違反の容疑で、茨城県守谷市立中の教諭、海老原孝一容疑者(32)=同県つくばみらい市=と、千葉県茂原市の家庭教師、名張真幸容疑者(33)を逮捕した。2人とも容疑を一部否認している。

 2人の逮捕容疑は、昨年12月から今年1月にかけて、茨城県土浦市のホテルで、県南地域に住む当時公立中3年の女子生徒(15)と、金を払う約束をして性行為をしたとしている。

 生活環境課によると、女子生徒は土浦市内の無店舗型風俗店で従業員として働いており、海老原容疑者は客として利用していたという。

 名張容疑者は、平成25年8月から昨年12月まで、この女子生徒の家庭教師として働いており、度々性行為を迫っていたとみられる。女子生徒は、名張容疑者から迫られたことなどを苦に、昨年12月中旬に家出。無店舗型風俗店で勤務し始めると、名張容疑者は勤務先を突き止めて、料金を支払わずに性行為を行っていたという。

 調べに対し、海老原容疑者は「性行為はしたが、(女子生徒の)年齢はよく覚えていない」、名張容疑者は「性行為はしたが、金は渡していないし、渡す約束もしていない」などと、いずれも容疑を一部否認しているという。

 県警では、両容疑者ともに余罪が複数あるとみて、慎重に捜査を進めている。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
検索フォーム
リンク