FC2ブログ

体罰中学で急増 熊本市教委 1件から7件に

2015年05月23日(土) YOMIURI ONLINE 熊本版

体罰中学で急増 熊本市教委 1件から7件に

 熊本市教育委員会は22日、市立の小中学校と高校で2014年度、計9件の体罰があったことを明らかにした。前年度より4件増え、中学校では1件から7件に急増した。市教委は内容を分析し、指導法を検討する。

 同日開かれた定例の教育委員会会議で報告された。市教委教職員課によると、対象は小学校94校、中学校42校、高校2校。中学校以外では、小学校が前年度と同じ2件、前年度に2件あった高校は0件だった。体罰を受けた児童生徒は小学校2人、中学校10人。内容は平手で頬を打つ、突き飛ばすなどで、いずれもけがはなかった。

 体罰を行った教諭は計9人(30歳代~50歳代)で、男性6人、女性3人。2人が1人の生徒に行ったケースも1件あった。うち3人が訓告処分を受け、6人が校長から指導を受けたうえで、体罰を行わない旨の宣誓書を提出したという。

 同課は「研修や校長を通じての指導を行っているが、まだ認識の甘い教諭がいるのではないか。体罰を繰り返す教諭にはカウンセリングを勧めるなど、指導法を検討したい」としている。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク