FC2ブログ

女性教職員4人にセクハラ 小学校の男性校長(55)を停職3カ月

2014年10月18日(土)08時53分 福島民報

セクハラ小学校長を停職3カ月

 県教委は17日、性的な言動で女性教職員にセクハラ行為をしたとして、いわき市の小学校に勤める男性校長(55)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 県教委と市教委によると、男性校長は4月から9月にかけて、勤務校の女性教職員3人と市内の他の小学校の女性教諭1人に対し、勤務する小学校の校長室に必要以上にとどめるなどし、容姿や服装、私生活での男性との交際などについて不適切な発言やメールの送信を繰り返した。男性校長は4月に着任したばかりだった。
 一方、県教委は17日、指導として生徒にけがを負わせた相双地方の県立高の男性教諭(49)を戒告処分とした。
 県教委によると、男性教諭は8月8日、学校敷地内で作業実習中、遅刻した男子生徒1人の肩をたたこうとした手が誤って生徒の口に当たり、唇の内側にけがを負わせたという。

スポンサーサイト



教え子にわいせつ行為で校長免職

2014年10月17日(金)12時31分 nikkansports.com

教え子にわいせつ行為で校長免職

 愛知県教育委員会は17日、10年以上前に高校の理科教諭だったころに教え子の女子生徒にわいせつ行為をしたとして、県立岩倉総合高(岩倉市)の星川智之校長(52)を懲戒免職処分とした。

 県教委によると、勤務先の校内や自宅で複数回にわたり、当時17歳だった女子生徒にわいせつな行為をした。県教委は特定を避けるため、時期は1988~2004年の間としている。

 今年4月以降、匿名の情報提供があり発覚。県教委の調査にこの元生徒は「嫌だったが、我慢していた」と説明し、校長は「好きでやめられなかった」と事実関係を認めた。校長は体調不良を理由に7月から欠勤していた。

研究費700万円を不正支出 大阪府立大大学院教授を停職3カ月

2014年10月10日(金)07時00分 産経ニュース

研究費700万円を不正支出 大阪府立大大学院教授を停職3カ月

 府立大大学院工学研究科の男性教授(45)が計4年間にわたり、研究費の支出名目を偽り、パソコンの購入や研究作業の外部委託などに計約700万円の研究費を不正に支出していたとして、府立大は9日、この教授を停職3カ月の懲戒処分にした。府立大によると、男性教授は平成19年度と21~23年度、研究費で実験に使う器具や試薬などの消耗品を購入したと偽り、パソコンやソファベッドなどを購入していたほか、研究作業の外部委託費に充てていた。

 教授はパソコンの購入業者などに消耗品を購入したとする虚偽の納品伝票を作らせ、大学側に提出していたという。教授は大学の聞き取りに「購入理由の書類作成などの手続きが煩わしかった」と説明している。

副校長が実習生にセクハラ 「ストッキング売って」と迫る

2014年10月17日(金)00時19分 47NEWS

副校長が実習生にセクハラ 「ストッキング売って」と迫る

 東京都教育委員会は16日、教育実習生に「ストッキングを売ってくれ」などと迫り、セクハラ行為をしたとして、多摩地区の公立小の副校長(57)を停職6カ月の懲戒処分にした。副校長は同日付で退職した。

 都教委によると、副校長は昨年10月7日夜、同年5月に教育実習に来ていた20代の女子学生を居酒屋に呼び「ボランティアをしてほしい。知り合いの老人に頼まれた」と切り出し、履いていたストッキングを売るように頼んだ。

 その際、女子学生に「口は堅い方か」と確認した上で、履いていたストッキングを受け取った。5千円を渡し、コンビニで新しいストッキングを買わせたという。

他人の車を傷つけた特別支援学校の男性教諭を減給処分

2014年10月16日(木)11時42分 千葉日報 ちばとぴ

男性教諭に減給処分 他人の車傷付け逮捕で 千葉県教委

 千葉県教委は15日、駐車トラブルから他人の車を傷つけたとして県警に現行犯逮捕された県立八千代特別支援学校の男性教諭(52)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、教諭は9月11日夕、船橋市内の自宅マンション敷地内で、同じマンションに住む男性の乗用車の左側面を自宅の鍵で傷つけたとされる。同車は駐車禁止場所に止められており、教諭は昨年7月と同10月、ことし4月にも同様の行為をしていた。

 県教委の調査に対し、教諭は「マンションの理事会でプレートを張るなどして対応したが、相手の行為が改善されず、傷をつければやめてくれると思った。本当に申し訳ない。自分を頼りにしてくれる生徒がいるならもう一度、一から頑張りたい」と話したという。

 教諭は船橋署員に器物損壊容疑で現行犯逮捕されたが、被害男性と示談が成立し被害届が取り下げられたため、千葉地検は9月24日、不起訴処分にした。

銃刀法違反で小学校の女性教諭を逮捕

2014年10月13日16時14分 産経West

「男女関係のもつれがあった」…包丁所持容疑、小学校の33歳女性教諭を現行犯逮捕 大阪・交野

 路上で包丁を所持していたとして、大阪府警交野署は13日、銃刀法違反容疑で、同府寝屋川市の市立小の女性教諭(33)=同市=を現行犯逮捕したと発表した。同署によると「男女トラブルがあり、うまくいかなければ手首を切って死ぬつもりだった」などと供述している。

 逮捕容疑は12日午前10時10分ごろ、同府交野市の路上で、包丁1本(刃渡り14・5センチ)を所持していたとしている。

 同署によると、女性教諭は直前、同市の知人男性方を訪れ、男性と話し合いをしている中で包丁を突然取り出したという。直後に男性が包丁を取り上げた。けが人はなかった。男性の妻が交野署に通報し、駆けつけた署員が路上で取り押さえた。

女子高生を路上で強姦 海老名市の県立高校教諭を逮捕

2014年10月14日(火)11時51分 産経ニュース

女子高生を路上で暴行 準強姦容疑で教諭逮捕 神奈川県警

 神奈川県警保土ケ谷署は、女子高生に暴行したとして、準強姦容疑で、同県海老名市国分南、県立高校教諭、中根康彰容疑者(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は、12日午後11時ごろ、横浜市保土ケ谷区の路上で、酔って抵抗できない状態だった高校3年の女子生徒(18)に暴行したとしている。

 同署によると、中根容疑者は当時、酒を飲んでいた。逮捕は13日付で「合意の上だった」と否認している。女子生徒と面識はなく、電車で隣り合わせて同じ駅で降車。女子生徒と一緒にいた友人が泥酔状態の女子生徒を家まで送る途中に、中根容疑者が介抱するしぐさを見せていた。友人が知人を通じて110番通報した。

盗撮目的で校内にカメラ設置 出水高教諭を免職処分

2014年10月10日 YOMIURI ONLINE

盗撮目的で校内にカメラ設置 出水高教諭を免職処分

 県教委は9日、勤務する学校内に盗撮の目的でビデオカメラを設置したとして、県立出水高校の仲田優夏(ゆうか)教諭(33)を懲戒免職処分とした。また、問題を把握しながら速やかに県教委に報告しなかったとして、同校の校長(58)を減給3か月(10分の1)の懲戒処分とした。

 発表によると、仲田教諭は9月5~6日、校内にフック型のカメラを設置して作動させた。カメラが発見された翌日の同7日、盗撮するためだったと名乗り出た。カメラに生徒らの画像や動画は写っていなかったという。

 仲田教諭は2011年4月、新規採用の男性教諭として同校に配属された。今年度は3年生のクラスの担任をし、生物の授業を担当していた。

 このほか、県教委は9日、乗用車を運転中に速度違反をした姶良・伊佐地区の中学校の男性教諭(40)と、鹿児島地区の小学校の男性教諭(49)について、それぞれ減給1か月(10分の1)とした。

校長と教頭、校内盗撮事件の証拠隠滅の疑い 書類送検

2014年10月1日(水)12時46分 朝日新聞デジタル

校長と教頭、校内盗撮事件の証拠隠滅の疑い 書類送検

 校内で起きた女子児童の盗撮事件で使われたカメラなどを隠したとして、宮城県警は1日、同県加美町立小学校の校長の男(56)と教頭の男(56)=いずれも同県大崎市=を証拠隠滅の疑いで仙台地検古川支部に書類送検し、発表した。2人は「刑事事件になれば監督責任を問われると思ってやった」という趣旨の供述をしているという。

 加美署によると、校長と教頭は6月19日~7月14日、外国語指導助手だった米国籍の男(27)=軽犯罪法違反罪などで有罪確定=が、更衣室で女子児童を盗撮するのに使ったビデオカメラやSDカードなどを校内に隠し、証拠を隠滅した疑いがある。

 2人は6月19日、教員から「更衣室にカメラがある」との報告を受けてカメラなどを隠したが、保護者や町教育委員会から指摘され、7月14日に署へ届け出たという。


続きを読む

知的障害児を保育士が虐待 滋賀・湖南の県立近江学園

2014年10月3日(金)13時30分 京都新聞

知的障害児を保育士が虐待 滋賀・湖南の県立近江学園

 滋賀県は3日、湖南市にある県立の知的障害児入所施設「近江学園」で、50代の女性保育士が6月に入所の小学生女児ら3人に対し、髪の毛を引っ張ったり、暴言を浴びせたりする虐待をしていたと発表した。同園では昨年12月にも虐待事案があり、県は会見で謝罪し、学園の運営体制を検証するという。

 県障害福祉課によると、女性保育士は6月21日午前10時ごろ、担当する女子生活棟で女児を落ち着かせようとした際、髪の毛を引っ張った。他の職員の報告を受けて同園が調査した結果、同月中に、荷物を片付けなかった中学部の女子生徒の頭を平手でたたき、「なにもできひん」などと暴言を発したことも判明。また、高等部の女子生徒には、就寝時に職員が敷く畳を用意せず、フローリングの床に寝かせたという。

 同園の植田重一郎園長が7月に女児ら3人の保護者に謝罪した。女性保育士は県の福祉施設で30年以上の勤務経験があり、「思わずやってしまった。3人に謝りたい」と話しているという。現在は児童らを支援する業務から離れており、県が処分を検討している。

 同園では昨年12月にも別の保育士が小学生男児に「殺すぞ」と暴言を浴びせる虐待があり、今春までに全ての職員が虐待防止の研修を受けていた。

 会見では鈴野崇障害福祉課長が「再発防止に取り組む中で再び発生し、関係者と県民におわびしたい」と陳謝。虐待事案が相次いだ原因について「職員本人の資質と、学園組織の問題など複合的な要素があると思う」とし、今後、運営面を検証し直して再発防止策をまとめるという。

51歳教諭、ランドリーで女性下着盗んだ疑い

2014年10月07日(火)12時04分 YOMIURI ONLINE

51歳教諭、ランドリーで女性下着盗んだ疑い

 新潟県警長岡署は6日、長岡市立中学校教諭(51)を窃盗の疑いで逮捕した。

 発表によると、教諭は8月下旬、同市三和のコインランドリーで、30歳代女性の下着4点(約4000円相当)を盗んだ疑い。

 教諭は当時、家庭の問題で車で寝泊まりしており、車内から下着が見つかった。調べに対し、教諭は「忘れ物置き場から持ってきて、車の中に入れていただけ。盗んでいない」と話しているという。

 教諭は9月5日にも同じコインランドリーで女性の衣類を盗もうとした疑いで逮捕されたが、同25日、長岡区検が嫌疑不十分で不起訴としていた。

公立小教諭、運転席の女性の胸を触る

2014年10月07日(火)12時04分 YOMIURI ONLINE

公立小教諭、運転席の女性の胸を触る

 静岡県警三島署は7日、三島市、公立小学校教諭(30)を強制わいせつ容疑で逮捕した。

 発表によると、教諭は9月27日午後11時半頃、三島市内で20歳代の女性の胸を触るなどわいせつな行為をした疑い。数人で食事をし、女性が運転する車に同乗して帰宅する途中、運転席に手を伸ばしたという。

 教諭は、伊豆の国市の市立小に勤務しており、市教委学校教育課は「事実確認したうえで、保護者への説明を考えたい」としている。

危険ドラッグで小学教諭ら逮捕=ホテルで麻薬も所持容疑

2014年10月07日(火)17時40分 時事ドットコム

危険ドラッグで小学教諭ら逮捕=ホテルで麻薬も所持容疑-岐阜県警

 危険ドラッグと麻薬を所持したとして、岐阜県警大垣署は7日、薬事法違反と麻薬取締法違反容疑で、同県海津市立石津小学校教諭の児玉平容疑者(41)=同県養老町岩道=と、無職吉原聖子容疑者(37)=愛知県犬山市犬山=を逮捕した。児玉容疑者は「大半は私のものではない」と話し、容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は5月11日午前0時45分~午後2時5分ごろ、岐阜県大垣市のホテル客室内で危険ドラッグと麻薬を所持した疑い。
 同署によると、ホテル店長の男性が「精算を終えた男女が退室しない。男は酔っぱらっているようだ」と通報。署員が到着した際、2人は目がうつろな状態で、病院に搬送された。2人は約1年前に出会い系サイトで知り合ったという。

続きを読む

顧問が命令、部員が同級生を平手打ち 「やる気ない」

2014年10月15日(水)12時12分 朝日新聞デジタル

顧問が命令、部員が同級生を平手打ち 「やる気ない」

 愛知県内の県立高校のラグビー部顧問の男性教諭が2月、部員2人に命令して、同級生部員1人の顔を平手打ちさせていたことが分かった。教諭は体罰だと認め、文書訓告処分を受けた。

 県教委によると、教諭は練習後、大会への目標をそれぞれ部員たちに聞いた際、受け答えから「やる気がなかった」と感じた部員1人の顔を、同級生2人に命じて一回ずつ平手打ちさせたという。たたかれた部員にけがはなかった。

 3月、県教委に匿名のメールで情報が寄せられ、発覚した。調査に対し、教諭は「(平手打ちをされたことによって)同級生に迷惑をかけたと思わせ、成長させたかった」と説明しているという。

 問題発覚後の4月、教諭は部の保護者や生徒らに「思いが至らなかった」と謝罪したという。県教委は6月、教諭を処分したが、「県の基準で文書訓告は公表しない」として発表していなかった。

道交法違反で摘発された高校教諭を懲戒免職

2014年10月8日(水)大分合同新聞朝刊

交通違反重ね、報告もせず 高校教諭を懲戒免職

 県教委は7日、無免許運転など道交法違反で2回にわたり県警に摘発され、学校への報告を怠るなどしたとして、佐伯市の佐伯鶴岡高校の伊藤義信教諭(57)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。
 県教委によると、伊藤教諭は2012年8月20日、大分市横尾の東九州自動車道で時速75キロの速度超過となる同155キロで自分の乗用車を運転。罰金の略式命令や1年間の運転免許取り消し処分を受けた。
 免許を再び取得せずに今年2月20日、佐伯市鶴望の国道217号で自分の軽乗用車を運転中に携帯電話を使い、県警から摘発され、無免許運転も判明した。
 いずれも勤務中に私用で学校を離れていた。
 伊藤教諭は県警から摘発された事実を学校長に報告せず、8月21日になって外部から学校に指摘があり問題が発覚。本人は「最初から報告しておけばよかった。生徒や保護者に申し訳ない」と話しているという。県教委は監督責任を問い当時の校長、教頭3人を文書訓告などの処分にした。
 県教委は懲戒免職処分は氏名を公表している。会見した河野盛次県教委理事兼教育次長は「一層の綱紀粛正、服務規律の徹底に努める。関係者や県民に心からおわび申し上げる」と陳謝した。
 県教委は他にも道交法違反(速度超過)で県警に摘発された日出町の県立高校の男性教諭(45)を7月29日付で、日田市の県立高校の男性臨時講師(27)を9月2日付で、戒告の懲戒処分にしたと発表した。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
検索フォーム
リンク