FC2ブログ

複数の児童に暴行や暴言 千葉市立山王小の男性教諭

2014年06月26日(木)10時24分 千葉日報ウェブ ちばとぴ

押し倒し児童にけが 「バカか、おまえは」暴言も 千葉市立山王小の男性教諭

 千葉市稲毛区山王町の市立山王小学校で、男性教諭(55)が担任を務める6年生の複数の児童に対し、押し倒したり、「バカ」などと暴言を吐いていたことが25日、同校などへの取材で分かった。男性教諭は学年主任と生徒指導も担当するベテラン。学校側は「いきすぎた指導」と認め、被害児童の自宅を訪れるなどして謝罪したとしている。

 同校によると、男性教諭は5月14日、下校前の学級活動中に教室内のコンセントプラグをいたずらして感電したとして、男子児童を廊下に引きずり「何やってんだ」と言って壁に体を押しつけたという。児童の両腕には男性教諭につかまれた時にできたあざがあった。

 今月13日朝には歌の練習中に本を読んでいた別の男子児童から本を取り上げた際、児童の言葉遣いに腹を立て、首に腕を回して床に押し倒した。児童は左足かかとを負傷し、別の教諭に付き添われて病院で診察を受けた。

 また、給食の配膳中に皿の数を間違えた別の児童には「バカか、おまえは」などと暴言を吐いたという。

 佐久間朗校長は取材に「気持ちが高ぶったとはいえ、いきすぎた部分があった。『バカ』などはどんなことがあっても言ってはならず、真摯(しんし)に受け止めたい」と話した。

◆市教委は詳細確認せず
 一方、学校から報告を受けた市教委は当時、適切な対応を取るよう学校側に口頭指導したが、その後の詳細な事実関係の確認をしておらず、24日夜に佐久間校長を呼び出して聞き取りを行ったという。

 教職員課の増澤保明主任主事は「学校側も忙しいので、返答が遅れているのだと思った」と釈明。指導が体罰に当たるかどうかなどについて、今後調査を進めるとしている。
スポンサーサイト



保育園の職員が園児を放り投げて骨折させる

2014年06月25日(水)21時46分 NHK京都放送局

園児が職員に投げ出され大ケガ

6月13日に伏見区の保育園で男の子(5)が職員に園庭に投げ出されて頭の骨を折る大ケガをしていたことがわかりました。
京都市保育課によりますと、6月13日、伏見区の保育園「春日野園」で1階のホールで行われていた体操の時間中に男の子(5)が職員に園庭に投げ出されました。
男の子は体操に参加せずに別の子ども2人とともに棚に入って遊んでいて、不在だった保育士の代わりに付き添っていた30代の女性職員が3人の衣服をつかんで次々に園庭に投げ出したということです。
男の子はその後、給食をほとんど食べず、「頭が痛い、横になりたい」と訴えたため、保育士が頭を冷やすなどの応急処置をして約3時間後に市内の病院に連れて行った結果頭の骨が折れていたことがわかり男の子は手術を受けたということです。
他の2人の子どもにケガはありませんでした。
京都市は匿名の通報を受けて4日後から調査をはじめ、保育園ではその後、男の子の保護者に謝罪したということです。
京都市の調査に対して女性職員は「怒りにまかせてやってしまった」と話しているということです。
京都市では保育士が不在だった経緯や安全管理が適切だったかなどについて調べることにしています。


続きを読む

空手道部の監督が男子部員に体罰

2014年06月25日(水)21時51分 NHK福井放送局

敦賀気比高校で体罰

敦賀市にある私立の敦賀気比高校で、空手道部の監督が2年生の男子部員に対し、30分間、正座をさせている間に肩などを蹴ってけがをさせていたことがわかり、学校側は、体罰があったとして25日、会見を開き、謝罪しました。

敦賀気比高校が25日行った会見によりますと、6月9日、空手道部の40歳の男性の監督が、部活動中に2年生の男子部員におよそ30分間、正座させている間に胸や肩などを数回蹴って、鼻血がでるケガをさせたということです。

学校側は体罰があったとして監督を最低3か月間の部活動への参加を禁止とする戒告処分としました。

この問題は、6月5日に、この男子生徒が部活動中にけがをしたことをめぐり、学校側は、6月17日に会見を開き、「行き過ぎた指導があった」と説明したうえで、改めて部員全員に話を聞くなどして調査を進めた結果、6月20日になって監督が校長に対して「大会での生徒の態度に問題があり体罰をした」と認めたということです。

菊崎俊一校長は「体罰の根絶が叫ばれる中でこうした体罰が起きたことはまことに申し訳ありません」と謝罪し、今後のこの生徒と保護者に対し、改めて謝罪することにしています。

酒気帯び運転の男性教諭を停職1年

2014年06月25日(水)11時08分 山形新聞 Yamagata News Online

酒気帯び運転の男性教諭を停職1年 県が懲戒処分、情状酌量し免職回避

 県教育委員会は24日、酒気帯び運転をした東根市の小学校に勤務する40代男性教諭について、停職1年の懲戒処分とすることを決めた。県教委の飲酒運転に関わる懲戒処分基準では酒気帯び運転は原則免職だが、睡眠時間などで酌量すべき点があるとし総合的に判断した。

 県教委が同日記者会見し明らかにした。男性教諭は4月11日午後6時半~午後11時ごろ、東根市内で同僚数人と飲酒した。最終電車に乗り遅れたため、駅の駐車場に止めていた自家用車内で睡眠。12日午前8時すぎに運転したところ、立ち寄ったガソリンスタンドで村山署員に呼気検査を求められ、酒気帯び運転が分かった。呼気1リットル当たりのアルコール濃度は0・15ミリグラムだったという。

 県教委の懲戒処分基準では、酒酔い運転は免職で、酒気帯び運転は原則免職としている。今回は▽午後11時すぎには飲酒を終え、運転するまでに約9時間が経過している▽午前6時すぎに一度目を覚ましたがアルコールが残っていると感じ、さらに睡眠したことから故意が認められない―などを考慮すべき点とした。

 同様のアルコール濃度で免職決定後に訴訟で停職に覆った全国の事例も踏まえたといい、会見した中井義時県教育次長は「総合的に考えた場合、免職の次に重い処分の停職1年が妥当」と説明した。県教委は今後▽酒席の翌日は原則、車の運転はしない▽やむを得ず運転する場合はアルコールチェッカーで必ず確認する―との取り組みを各市町村教委に指導する。

マッサージするふりをして女子生徒の下半身を触り続けた中学教諭

2014年6月24日(火)13時7分 nikkansports.com

中学の部活動中にわいせつ容疑 教諭逮捕

 茨城県警は24日、公立中学校の部活動中、女子生徒にマッサージするふりをしてわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、同県つくば市、同校教諭、児玉幸憲容疑者(37)を再逮捕した。

 県警によると「マッサージしたことは間違いないが、わいせつな行為はしていない」と容疑を否認している。

 再逮捕容疑は、昨年9月23日、勤務する中学校の体育館で、部活動中に腹痛を訴えた女子生徒にマッサージするふりをして、下半身を触るなどわいせつな行為をした疑い。

 児玉容疑者は部活動の顧問を務めており、行為が見つからないよう女子生徒にタオルを掛けていたという。同じ日に、別の女子生徒にも同様の行為をしたとして強制わいせつ容疑で逮捕、起訴されている。

 昨年12月ごろ、2人の女子生徒と保護者がつくば中央署に相談して発覚。他の女子生徒からも県警に申告があり、関連を調べている。

児玉幸憲容疑者(37)

続きを読む

17歳少女とみだらな行為 児童買春容疑で私立中高教諭を逮捕

2014年6月23日(月)17時12分 msn産経ニュース

17歳少女とみだらな行為 児童買春容疑で私立中高教諭を逮捕

 神奈川県警少年捜査課などは23日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で、東京都練馬区関町南、私立中学高校教諭、辻端健二容疑者(32)を逮捕した。

 逮捕容疑は、3月24日午後2時ごろから同4時ごろまでの間、東京都立川市内のホテル内で、当時高校2年で17歳だった少女=東京都日野市=と、現金2万円を渡す約束をしてみだらな行為をしたとしている。「17歳と知っていてやりました」と、容疑を認めているという。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
検索フォーム
リンク