FC2ブログ

いじめ自殺 学校が口止め

2013年9月10日(火)20時04分 日テレNEWS24

女子中生自殺 学校が“いじめ目撃”口止め

 今年5月、広島県廿日市市で女子中学生が自殺した問題で、学校側は、死亡した女子生徒へのいじめを目撃した生徒の保護者に目撃したことを「広めないでほしい」と頼んでいたことがわかった。

この問題は、廿日市市内の中学校に通っていた3年生の女子生徒が自宅で自殺を図り、翌日、死亡したもの。

 廿日市市教育委員会・奥典道教育長「同じ部活動内の生徒たちの一連の行為は、いじめに該当すると判断しました」

 廿日市市教育委員会が設置した調査委員会は2日、いじめがあったことを認めていた。

 10日、市教委が明らかにしたところによると、女子生徒の自殺から5日後、同じ部活動をしていた生徒たちが顧問教諭に対し「部内で自殺した女子生徒を仲間はずれにするなどのいじめがあった」と報告をしていたという。顧問が詳しい事情を聞き、生徒の帰宅が遅くなったため、その日の夜、報告をした生徒の保護者に複数の教諭が電話で事情を説明した際、「今の段階では、いじめを見たことを広めないでほしい」と要請したとしている。

 市教委は、「インターネットでうわさ話が流れ、混乱しないようにするためで、隠す意図はなかった」と説明している。
スポンサーサイト



セクハラで小学校校長を減給の処分

2013年09月10日(火)19時11分 MBS毎日放送

大阪市教委 公募校長がセクハラ 減給6か月

民間から公募で採用された大阪市立小学校の59歳の校長が、保護者や未成年者にセクハラを繰り返したとして、市の教育委員会は校長を減給6か月とした上で更迭しました。

 市教委によりますと、大阪市立三先小学校の吉田敬(たかし)校長(59)は、今年5月から6月にかけて児童の母親に「僕と会えなくて寂しい?」といったメールを複数回送ったり、懇親会でお尻を触ったりしたほか、未成年の女性に「彼氏おるの?」と話すなど、セクハラ行為を繰り返しました。

 吉田校長は、不適切だったとしながらも「情報を得るために親しくなりたかった」とセクハラの意図を否定しているということです。

 市教委は吉田校長を減給6か月としたうえで、11日付けで校長を更迭して研修を受けさせます。

 一方で公募の校長は、3年の任期つきで校長に採用されているため、研修後は再び校長の職に戻る可能性が高いということです。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
検索フォーム
リンク