FC2ブログ

神奈川県教委 体罰の根絶を目指し「体罰防止ガイドライン」を公表

2013年7月17日10時57分 読売新聞 YOMIURI ONLINE

体罰したくなったら「6秒カウントしろ」と指針

 神奈川県教育委員会は16日、体罰の根絶を目指した県独自の指導指針「体罰防止ガイドライン」を公表した。

 部活動での体罰が目立つことから、部活動における指導の改善に重点を置き、児童生徒に自分で考えさせて答えを引き出す「コーチング」の手法などを紹介。校内研修用の別冊では、「頭の中で6秒カウントする」など、指導者が怒りをコントロールする方法も示した。

 ガイドラインは、県教委ホームページ(HP)で閲覧できる。すでに県内の公立、私立の全小中高校など計1649校に配布しており、県立校では今月中に教員や部活動の外部指導者に対する研修を始める。

 ガイドラインでは、今年1~3月に県教委が行った実態調査で判明した体罰の具体例を示したほか、体罰まではいかないが「不適切な指導」についても事例を紹介。体罰に頼らない指導を充実させるため、研修を行う必要性を強調した。

 部活動については、「指導内容や方針を生徒に理解できるように伝えることができず、思わず体罰に及ぶという指導力不足も大きな要因」と指摘、「主役は生徒で、指導者は調整役」「選手のありのままを肯定し、前向きな言葉をかける」といった考え方を示した。

 また、県教委は16日、児童生徒や保護者向けに体罰相談窓口(045・210・8315)を新設。県教委HPから送信する専用メールでの相談も受け付ける。
スポンサーサイト



体罰で男子生徒が肩を骨折

2013年7月15日13時21分 SANSPO.COM

福岡の中学で体罰、殴る蹴るなどで中1男子骨折

 福岡県大刀洗町の町立大刀洗中学校で、30代の男性教諭が、1年生の男子生徒に体罰を加え、肩を骨折させていたことが15日、町教育委員会への取材で分かった。県教委に事実関係を報告し、今後、教諭の処分を検討する。

 町教委によると、教諭は8日、職員室で生徒の肩を強く引いて床に倒し、肩付近を2回蹴り、顔を殴るなどの暴行を加えた。生徒は通院のため2日間欠席したが、その後は登校している。

 8日の昼休みに、生徒が以前からトラブルになっていた同級生1人と体育館裏にいるのを別の教諭が見つけ、職員室で事情を聴いていた。生徒が質問に素直に応じないことに教諭は腹を立てたという。

 生徒は以前、同じ同級生に暴力を振るっており、この日も呼び出して体育館の裏にいた。

 金子信一校長は「本人や保護者に迷惑を掛けた。体罰は絶対にあってはならないことで、今後、このようなことがないようにしたい」と話している。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク