FC2ブログ

特別支援学校の男性事務職員(58)を横領でクビ

2013年1月24日11時31分、朝日新聞デジタル

学校事務職員、171万円横領で懲戒免職 大阪市教委

 大阪市教委は24日、市立生野特別支援学校に勤務していた男性事務職員(58)が、自ら管理していたPTA関係の通帳から2009~11年度に計171万8900円を横領したとして懲戒免職処分にしたと発表した。

 市教委によると、PTA会計担当だった職員はコピー用紙やプリンターインクの購入を装うなどして計12回、現金を引き出したという。昨年2月に市へ通報があり発覚。着服時には事務用品業者から入手した白紙の領収書を使用していたといい、市教委は刑事告発も検討する。
スポンサーサイト



教え子の女子生徒と複数回性的関係を持った教師を懲戒免職

2013年01月25日(金)09時02分、山形新聞

教え子と性的関係、県立高教諭を懲戒免職 県教委が陳謝

 最上地方の県立高校に勤務する男性教諭(32)が、2011年度、教え子だった3年の女子生徒=当時(18)=と性的関係を持ったとして、県教育委員会は24日、この男性教諭を懲戒免職処分とした。管理監督責任を問い、当時の校長は戒告とした。

 県教委によると、男性教諭は11年12月から12年3月にかけて複数回にわたり、授業を担当していた3年の女子生徒と、ホテルで性的関係を持った。教諭は既婚者。学習指導を行う中で、互いに好意を持つようになったとしており、卒業後もしばらく関係は続いたという。

 昨年12月、県庁の県民相談室に匿名の情報提供があり、発覚。教諭は学校と県教委の調査に対し、事実を認め「女子生徒に大変迷惑を掛けた。取り返しのつかないことをしてしまった」と話しているという。教諭は問題発覚後、自宅待機となっていた。

 県内では教え子の女子生徒と性的関係を持ったとして、2011年7月にも県立高校の男性教諭が懲戒免職となっている。この年はほかにも飲酒運転、万引、わいせつ行為といった教職員の不祥事が続いたため、8月に緊急に公立学校の全校長を集めた会議を開催。その後、全教員に注意点を示したチェックシートを配布するなど不祥事撲滅に向けた対策を行っていたが、今回の問題はその後に発生している。

 県教委は24日、記者会見を開き、菅間裕晃教育次長が「職務上許されないことで教育公務員の信用を失墜する行為。被害者と家族、県民に迷惑をかけたことをおわびする」と陳謝した。25日付で全県立高に再発防止を促す文書を出す。

 菅間次長は「一人一人の教員に対し、響くような伝え方をしていくしかない。これまでの方策を徹底していく」と強調した。

知的障害のある男子児童を縛った教師

2013年1月23日11時11分、MSN産経ニュース

自閉症男児の両手縛る 「逮捕する」と愛知の教諭

 愛知県の小学校で特別支援学級を担当する男性教諭(58)が、指導に従わなかった知的障害を伴う自閉症の4年生男児(10)に「逮捕する」と言って両手をひもで縛っていたことが23日、県教委への取材で分かった。

 県教委によると、男性教諭は今月10日、2時限目終了後の休憩時間に男児が机を片付け始めたため「今は次の授業の準備をする時だ」と注意した。だが、男児が言うことを聞かなかったので「逮捕する」と言い、教室にあったビニールひもで両手首を縛った。

 教諭が男児を諭したところ、男児が「もうしない」と答えたので、ひもを切った。縛っていた時間は1分弱だった。教諭は「行き過ぎた指導だった」と反省しているという。

 教諭はひもで縛った経緯を連絡帳に記し、それを読んだ母親が学校に抗議し発覚した。

女子生徒と校内でわいせつ行為をした職員をクビ

2013年1月25日19時23分 読売新聞 YOMIURI ONLINE

部活後、校内で女子生徒と性的関係…職員を免職

 群馬県教委は24日、勤務先の学校に通っていた女子生徒(当時17歳)と性的関係を持ったとして、県立学校の男性職員(26)を懲戒免職処分にした。

 発表によると、男性職員は2011年6月、部活の終了後、校内で女子生徒と性的な関係を1度だけ持ったという。昨年12月上旬、男性職員を名指しした情報提供があり、県教委が事実関係を調べていた。

 男性職員は当初、否定していたが、女子生徒側が認めたことを伝えると、事実関係を認めたという。県教委の調査に対し、「とんでもないことをしてしまい反省している。自分に好意を持っていると思い、その好意を利用してしまった」などと話している。

 当時、女子生徒は、男性職員を慕っており、頻繁に相談などを持ちかけていた。男性職員は09年4月に採用され、勤務態度は良好だった。

 今年度の県教委の懲戒処分は6件目で、免職は初めて。吉野勉教育長は「県民の学校教育に対する期待や信頼を大きく失墜させる行為で誠に遺憾。教職員の服務規律の徹底に取り組みたい」とのコメントを出した。

インターネットで知り合った 女子中学生2人を3万円で買春。石松克之容疑者(28)を逮捕。

2013年01月23日(水)13時13分、時事ドットコム

中学校講師を逮捕=少女2人に買春容疑-福岡県警

 女子中学生にわいせつ行為をしたとして、福岡県警田川署は23日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、中学校非常勤講師の石松克之容疑者(28)=同県鞍手町小牧=を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、2012年8月17日午前9時ごろ、中学3年生の少女2人に対して計3万円を渡して、県内のホテルでわいせつな行為をするなどした疑い。

特別支援学校の職員が女子生徒にわいせつ行為

2013年01月23日(水)、信濃毎日新聞 信毎Web

職員、生徒にわいせつ行為か 県立特別支援校 県警が事情聴く

 県立の特別支援学校の寄宿舎勤務の30代男性職員が昨年秋、同校女子生徒にわいせつな行為をした疑いで、県警の事情聴取を受けていることが、教育、捜査関係者らへの取材で22日分かった。県内では昨年3月以降、公立学校教員による児童生徒へのわいせつ行為が相次ぎ発覚。県と県教委が「教員の資質向上・教育制度あり方検討会議」を設けて不祥事対策を検討する最中、新たな教育現場での不祥事に対し、県民の批判が強まりそうだ。

 関係者によると、職員は事実関係を認めているという。県教委は昨年中に事実を把握しているものの取材に説明を拒んでいる。県警も詳細を明らかにしていない。県教委は24日に予定する定例会で、この男性職員の処分などについて検討するとみられる。

 県内では昨年3月以降、児童生徒にわいせつな行為や着替えやスカートの中を盗撮したなどとして、現職教員4人と元教員1人の計5人が県警に逮捕され、計6人が懲戒免職処分になった。

 相次ぐ教員不祥事を受け、県と県教委は8月に教員や教育研究者、企業経営者らが委員となり、「研修」「倫理向上」「採用・人事」「評価」の四つの専門部会を設けて議論を開始。本年度末に全体提言をまとめる予定だ。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
検索フォーム
リンク