FC2ブログ

体罰で生徒を自殺に追い込んだ鬼畜教師

2013年1月8日12時19分、NHK ONLINE

高校生自殺 教師の体罰原因とみて調査

大阪市の市立高校に通う男子生徒が、先月、自宅で自殺しているのが見つかり、
生徒が、所属するバスケットボール部の顧問の教師から体罰を受けていたことを
記した手紙を残していたことから、大阪市教育委員会は、体罰が原因で自殺した
可能性があるとみて、調査を進めています。

大阪市教育委員会によりますと、先月23日、大阪市立桜宮高校の2年生の
男子生徒が自宅で首をつって自殺しているのを母親が見つけました。

男子生徒は、男子バスケットボール部のキャプテンを務めていて、遺書のほか、
部の顧問の教師に宛てて自殺する数日前に書いた手紙が残されていました。

この中には、「顧問の教師から顔をたたかれたなどの体罰を受けてつらい」
などと書かれていたということです。

また、教育委員会のその後の調査で、自殺する前日にも顧問の教師から体罰を
受けていたことも確認されたということです。

この顧問の教師を巡っては、昨年度も教育委員会に体罰をしているのではない
かという情報が寄せられましたが、高校側からは「体罰はなかった」と報告が
あったということです。

教育委員会では、体罰が原因で自殺した可能性があるとみて、顧問の教師から
聞き取りをするなどして事実関係の調査を進めています。

また、警察も顧問の教師や男子生徒の家族から事情を聞くなどして、自殺に至
ったいきさつについて調べています。

生徒が自殺した大阪市立桜宮高校によりますと、8日は始業式が行われ、この
中で校長が男子生徒の自殺について生徒たちに説明したということです。

8日はすべての部活動を取りやめ、生徒たちは式のあと、そのまま帰宅した
ということです。

また、保護者に対しても9日に説明会を開くということです。

日本バスケットボール協会によりますと、大阪市立桜宮高校の男子バスケット
ボール部は、ここ10年で、全国高校総体に6回、全国バスケットボール選抜
優勝大会ウインターカップに2回の、合わせて8回、全国大会に出場している
ということです。

7年前の平成18年の全国高校総体では全国5位となっていて、強豪校が多い
大阪でも、最近、力をつけてきていた高校だということです。

続きを読む

スポンサーサイト



体罰で減給処分。校長は市教委へ報告せず。

2013年1月10日1時11分、朝日新聞デジタル

小学校教諭、児童に頭突き・靴投げ 減給3カ月の処分

 大阪市は9日、市立小学校の男性教諭(39)を、授業中に児童の頭をたたくなどの体罰をしていたとして、減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。処分は12月13日付。

 市教委によると、男性教諭は2010年9月、運動会の練習中に同級生と話をしていた5年生の男子児童に靴を投げつけた。靴は児童に当たらず、けがはなかった。その後も、11年11月に保護者らから抗議を受けるまで、授業中にいうことを聞かない複数の児童の頭をたたいたり、頭突きをしたりし、少なくとも児童6人に体罰を繰り返していたという。

 市教委の調査に対し、教諭は体罰をした理由について「注意しても言うことを聞かなかった。体罰をしているという認識はなかった」などと説明。校長は当初から教諭に注意していたと説明しているが、保護者からの抗議があるまで市教委に報告していなかったという。

 処分まで時間がかかった理由について、市教委は「男性教諭の指導力についての調査を優先していた」と説明。教諭は昨年8月から、市教育センターで研修を受けているという。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
検索フォーム
リンク