FC2ブログ

盗撮で、非常勤職員 佐渡信也容疑者(32)を逮捕 -青森

2012年05月20日20時29分 デーリー東北新聞社

建造物侵入容疑で大湊高非常勤の男逮捕

 むつ署は19日、盗撮目的で青森県立大湊高校の女子トイレに侵入したとして、建造物侵入の疑いで、むつ市宇田町、同校非常勤職員の宿日直代行員、佐渡信也容疑者(32)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前7時半ごろ、佐渡容疑者が勤務する同市大湊大近川の大湊高校の女子トイレに、盗撮目的で侵入した疑い。

 同署によると、高校からの通報を受けて駆け付けた署員が関係者から事情を聴き、現場の状況を捜査した結果、佐渡容疑者の関与が浮上した。
スポンサーサイト



飲酒運転でひき逃げ、中島綾乃容疑者(24) - 福岡

2012年7月31日18時28分 日テレNEWS24


小学校女性講師がひき逃げ(福岡県)

ひき逃げの疑いで北九州市の小学校の女性講師が逮捕されました。この講師は「飲酒していたので怖くて逃げた」と供述しています。逮捕されたのは北九州市立引野小学校の講師 中島綾乃容疑者(24)です。警察によりますと、中島容疑者は30日午前3時すぎ、福岡県中間市扇ヶ浦で軽乗用車を運転中、新聞配達をしていた40歳の男性をはね、そのまま逃走した疑いが持たれています。男性は腰の骨を折るなど2か月の重傷です。中島容疑者は「酒を飲んでいたので怖くて逃げた」と容疑を認めています。事故から7時間後、近くの交番に自首しましたが、その時点でアルコールは検出されませんでした。中島容疑者は市教委に対し「バーで友人とビールを飲んだ」と話しているということです。

わいせつの非常勤職員解任

2012年7月31日14時49分 MSN産経ニュース

わいせつの非常勤職員解任 大阪市教育委員会

 大阪市教育委員会は31日、強制わいせつなどの疑いで逮捕されていた非常勤嘱託職員(25)を解任した。市教委によると、職員は少年の裸の画像をインターネットで知り合いの男性に送ったとして、6月に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで兵庫県警に逮捕された。

 また、2009年と10年に、小学生だった少年の下半身を触った強制わいせつの疑いで、7月に再逮捕された。

 職員は「深く反省している」と話しているという。市教委は「不祥事の再発防止のため、非常勤嘱託職員の服務規律確保を徹底する」とコメントしている。

女子生徒の体を触り、懲戒免職 - 秋田

2012年7月30日19時54分 日テレNEWS24

わいせつ行為で男性教諭が懲戒免職(秋田県)

県南部の県立高校で運動部の顧問を務めていた40代の男性教諭が生徒へのわいせつ行為で、30日付けで懲戒免職処分となりました。懲戒免職処分となったのは、県南部の県立高校に勤務していた40代の男性教諭です。県教育委員会によりますと、男性教諭は先月30日、顧問を務める運動部の活動中に、服の上から女子生徒の体を触るわいせつな行為をしたということです。今月8日に被害者の保護者が校長に訴え出たことにより発覚し、男性教諭は教育委員会の調べに「自分自身の自覚のなさにより、被害者をはじめ多くの方に迷惑をかけた。大変申し訳ないことしてしまい、深く反省している。」と話したということです。運動部を指導する教諭のわいせつ行為が相次いで発覚していることを受け、県教育委員会では来月、緊急の担当者会議を開き注意喚起とともに、今後の対応を検討することにしています。

東大准教授、セクハラ行為で減給処分

2012年7月30日17時51分 時事ドットコム

女子院生にハラスメント=40代准教授を減給-東京大

 共同研究をしていた女子大学院生に、過去に受けたセクハラ被害を他人に話すよう促すなど複数のハラスメントをしたとして、東京大は30日、研究所の40代男性准教授を減給処分にしたと発表した。処分は26日付。

 東大によると、准教授は2008~09年、院生から聞いた過去のセクハラ被害について、他の学生にも話すよう促したり、データのバックアップ用として院生にハードディスクを貸した際、わいせつ画像を入れて渡したりし、計3件のセクハラやアカデミックハラスメントをした。

保育士を酒気帯び運転容疑で逮捕

2012年7月29日 RSK 山陽放送

保育士を酒気帯び運転容疑で逮捕

29日朝早く、岡山市東区で衝突事故を起こした21歳の女性保育士が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、瀬戸内市邑久町の保育士・梶原愛容疑者(21歳)です。
警察によりますと、梶原容疑者は午前5時すぎ、乗用車を運転して東区西大寺南の県道で中央分離帯に衝突しました。 けが人はいませんでした。
駆けつけた警察官が調べたところ、梶原容疑者の呼気から規定を上回るアルコールが検出されたため酒気帯び運転容疑で逮捕したものです。

相次ぐ教員不祥事で、再発防止策を検討 - 長野県教委

2012年7月28日 中日新聞 CHUNICHI Web

教員不祥事で検討課題3点提示 / 長野

 県内での教員不祥事の続発を受けて外部有識者らで設置された「教員の資質向上・教育制度あり方検討会議」のうち、教員の倫理向上策を考える専門部会の初会合が二十七日、県庁で開かれた。検討課題を▽学校現場が抱える問題▽教育委員会による教師管理はどうあるべきか▽不祥事再発防止策-三点に絞り、十月中に報告をまとめる方針を決めた。

 会合では県教委が、二〇〇二年度以降に起きた百五十三件の教員不祥事の状況や、県教委の分析結果を報告。委員からは「不祥事防止には透明性を確保すべきだ」、「学校に設置する不祥事などの防止委員会のメンバーに、保護者やPTAを入れたらどうか」といった意見が出た。

 県教委の山口利幸教育長は冒頭のあいさつで「不祥事の原因には個人的な資質もあるが、環境や管理職の職場運営などさまざまなことも関係する。専門部会はこうした問題を検証し、教員の資質向上と倫理向上の効果的な施策を提言していただきたい」と話した。

 本体会議の「教員の資質向上・教育制度あり方検討会議」の初会合は八月上旬に予定しており、倫理向上のほか、採用・人事、評価、研修の計四つの専門部会を設置。各部会での議論を経て、県教委や阿部守一知事に提言する。


同居女性がいる准教授、女子学生と交際し不適切な行為 - 香川大学

2012年07月28日11時52分 四国新聞社 SHIKOKUNEWS

香川大准教授、停職6カ月/女子学生に不適切行為

香川大は27日、女子学生を深夜に自分の研究室に呼び出すなどの不適切な行為をしたとして、30代の男性准教授を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 同大は、准教授と女子学生は昨年5月に知り合い、2人で私的な旅行に行くなど交際していたと認めた。▽勉強以外の目的で研究室に呼び出した▽同居中の女性がいるのに女子学生との交際をリードした―などの行為が不適切と判断した。

 12月に2人が別れた後、女子学生が「8月の深夜に研究室に呼び出され、セクハラ行為を受けた」「結婚を持ちかけられ性的関係を持ったが、約束が守られず、だまされた」と大学に申し立てた。

 大学の調査に対し、准教授は交際していたことを認めたが、セクハラ行為については否定し、「交際がうまくいかなくなった腹いせだ」と話した。同大は、双方の主張が食い違っていることから「セクハラ行為とは断定できない」とした。

 長尾省吾学長は会見で「学生や地域の皆さんに申し訳ない」と謝罪。労務担当理事と准教授が所属する部局長を厳重注意とし、学長自身も給与1カ月分の10%を返納するとした。処分はいずれも20日付。

男子生徒につきまとい 中学教師を停職処分

2012年7月26日(木) 読売新聞

男子生徒につきまとう中学教諭、卒業後も…

 千葉県教委は25日、我孫子市立中学校の男性教諭(39)が2010年9月~今年4月、顧問を務める卓球部員の男子生徒につきまとったとして、停職3か月とした。

 教諭は同日付で依願退職した。

 県教委によると、教諭は10年度に2年生だった男子生徒を自家用車で連れ回したり、下半身をくすぐったりした。平手打ちなどの暴力を加えたこともあり、生徒の卒業後も、部のOB会で携帯電話番号を聞き出そうとした。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
検索フォーム
リンク