FC2ブログ

女性に跳び蹴りして現金を奪った教諭、クビ

2012年7月6日13時29分、読売新聞 YOMIURI ONLINE

「離婚寂しい」小学校教諭、女性に跳び蹴り強盗


 東京都教育委員会は5日、路上で女性から現金を奪ったとして強盗致傷罪で起訴された多摩市立大松台小教諭の石塚力泰被告(39)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 石塚被告は2月、稲城市内で通行中の女性の背中に跳び蹴りして転倒させて軽傷を負わせ、現金約1000円などが入ったショルダーバッグを奪ったとして、地検立川支部に起訴された。6月には別の強盗事件でも追起訴された。

 石塚被告は、「離婚した寂しさや仕事のストレスでイライラしてやった」と話しているという。



〓 関連記事 〓
通行人の女性にとび蹴りした元教師に懲役8年
スポンサーサイト



万引きした女教師

2012年7月7日10時05分 読売新聞 YOMIURI ONLINE

静岡の教員また逮捕…中学教諭、万引きの疑い


 静岡県警浜松中央署は6日、浜松市中区葵西、浜松市立南部中学校教諭 斎藤央美容疑者(31)を窃盗の疑いで緊急逮捕した。

発表によると、斎藤容疑者は同日午後5時45分頃、自宅近くのドラッグストアで、口紅やサプリメントなど13点(計約3万円相当)を盗んだ疑い。「すみません。間違いありません」と容疑を認めているという。

 斎藤容疑者が手提げバッグに商品を入れてレジを通らずに店外に出たところで同店警備員から声をかけられ、バッグを置いて走って逃げたという。斎藤容疑者が現場に戻ってきて犯行を認めたため、逮捕された。

自殺した生徒に関する調査を放置する市教委。『加害者にも人権がある』

2012年7月6日07時55分 読売新聞 YOMIURI ONLINE

いじめた側にも人権…「自殺練習」真偽確認せず


 大津市の市立中学2年男子生徒が自殺したことを巡って行われた全校アンケートで「(男子生徒が)自殺の練習をさせられていた」との回答を市教委が公表しなかった問題で、市教委が加害者とされる同級生らに対して直接、真偽を確認していなかったことがわかった。

 市教委はこれまで、非公表にした理由を「事実を確認できなかったため」と説明していた。

 市教委によると、「自殺の練習」は、生徒16人が回答に記していた。うち実名で回答した4人には聞き取りをしたが、事実は確認できず、それ以上の調査もしなかったという。加害者とされる同級生らにも聞き取りを行う機会はあったが、「練習」については一切尋ねなかったとしている。

 その理由について、市教委は読売新聞に対し、「事実確認は可能な範囲でしたつもりだが、いじめた側にも人権があり、教育的配慮が必要と考えた。『自殺の練習』を問いただせば、当事者の生徒や保護者に『いじめを疑っているのか』と不信感を抱かれるかもしれない、との判断もあった」と説明。結局、事実がつかめなかったとして、非公表にしたという。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
検索フォーム
リンク