FC2ブログ

教え子の女子生徒にわいせつ行為

千葉テレビ
2020年11月18日(水)20時53分

教え子の女子生徒にわいせつ行為 30歳の公立中学校男性教員を懲戒免職

 教え子の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、千葉県教育委員会は18日、県内の公立中学校の男性教員を免職とする懲戒処分を決定しました。

 免職の懲戒処分を受けたのは、県中央部の公立中学校の30歳の男性教員です。

 県教委によりますと、教員は今年6月末ごろから11月1日までの間、教え子の女子生徒1人とLINEや電話で連絡を取ったうえで私的に会い、学校外に駐車した車の中やホテルでわいせつな行為をしたということです。

 女子生徒の携帯電話に特定の人物の履歴が多く残っていることを不審に思った母親が、11月2日に校長に電話で相談したことから発覚しました。

 聞き取りに対し教員は「仕事に対して悩みがあり、精神的に不安定なとき、明るく接してくれたことから女子生徒に好意を持った」と話しているということです。

 今年度に入り18日までの教職員の懲戒処分は監督責任を除いて10件で、このうち7件はわいせつやセクハラ行為によるものです。

 県教委は再発防止に向け、「職員の綱紀の粛正に努める」としています。

生徒に毛染めスプレーをかける 弁護士会が警告

産経新聞
2020年11月6日(金)19時02分

ごみ袋かぶせ髪にスプレー 千葉県立高に弁護士会警告

 千葉県弁護士会は6日、県内の県立高校で昨年3月、女子生徒の髪先が赤みがかっているとして、生徒指導の教諭らがごみ袋をかぶせて髪に黒染めスプレーを吹きかけていたと明らかにした。弁護士会は体罰に準ずる行為だったとして同日までに、県教育委員会や学校に警告書を提出した。

 生徒の母親が弁護士会に人権救済を申し立てていた。県教委は取材に事実関係を認めた上で「同意に基づいた指導だった。詳細は学校に確認している」と説明している。

 弁護士会によると、卒業式のあった昨年3月7日、頭髪に関し指導を受けた生徒が式の前に教室に集められた。このうち高3の女子生徒は「地毛だ」と主張したものの、教諭らは髪に黒染めスプレーをかけた。この生徒は卒業式の前日、髪を切るか黒く染めるよう指導を受けていた。

裸の画像を送らせて逮捕

TBS
2020年10月23日(金)13時15分

SNSで知り合った中1男子に裸の画像送らせる、小学校教師逮捕

 「TikTok」で知り合った男子生徒に裸の画像を送らせていた小学校教師の男が、警視庁に逮捕されました。

 逮捕された千葉県松戸市立の小学校の教師・宗川大樹容疑者(29)は、先月6日、中学1年の男子生徒(当時12)に対し、裸の画像をスマートフォンで撮影させ、送信させた疑いがもたれています。

 宗川容疑者は動画投稿アプリ「TikTok」で男子生徒と知り合い、1年ほど前からやりとりして画像を複数枚送らせていて、「性的欲求を満たすためにやった」と容疑を認めているということです。

2020-10-23 TBS NEWS

続きを読む

教職員と女子生徒の私的なやりとり 厳格化へ

読売
2020年10月14日(水) 19時46分

教職員に厳格ルール、私物スマホで児童生徒の撮影禁止・アドレス収集に許可制…千葉

 千葉県教育委員会は14日、教職員が私物のスマートフォンなどを使い、児童生徒を撮影することを原則禁止にしたほか、SNSでのやり取りを厳格化するなど、不祥事防止策を発表した。

 県教委は昨年度、SNSなどで許可なく児童生徒と私的なやりとりを行った教職員を戒告とするなど、懲戒処分の厳罰化を図った。その後、有識者会議で取り組みを検証していた。

 今回の追加対策では、校務での撮影時には、学校保有のデジタルカメラなどを使用することにした。児童生徒のアドレスを収集する際には、管理職の許可と保護者の同意を必要とし、収集した場合は記録をつけることなどを改めて求めた。

 県教委は同日、児童の着替えを自分のスマホで繰り返し盗撮した小学校の男性教員(25)(懲戒免職)や、自校の女子生徒と許可なくメールを交わし、わいせつな行為をした中学校の男性教員(34)(同)など、計8件の懲戒処分を公表した。

 文部科学省の担当者は「自分のスマホでの撮影禁止の明文化は聞いたことがないが、必要に迫られての措置だろう」としている。

 読売新聞の調査では、2019年度までの5年間に、教え子へのわいせつ行為などで懲戒処分された公立学校教員は496人で、被害を受けた子供は945人。そのうち、241人の教員はSNSで私的なやりとりを介して、教え子らにわいせつ行為などを行っていた。

知人男性にわいせつ 男性教諭を逮捕

NHK NEWS WEB
2020年09月30日(水)15時35分

市原市教諭 わいせつ容疑で逮捕


千葉県市原市の公立中学校の43歳の男性教諭が先月、当時18歳の知人男性を呼び出して服を脱がせたうえ、写真を撮ったとして、準強制わいせつの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、千葉県市原市の市立五井中学校の教諭で、市原市八幡の熊澤孝幸容疑者(43)です。
警察によりますと、熊澤教諭は、先月23日、千葉県内の複合ビルの1室に、当時18歳の知人男性を呼び出し、服を脱がせたうえ写真を撮ったとして準強制わいせつの疑いが持たれています。
警察は男性の母親から相談を受けて捜査を進めていました。
熊澤教諭は「研究資料に必要」などとうそを言って、服を脱ぐよう指示していたということで、調べに対し容疑を認めているということです。
市原市教育委員会は「このような事件が起きてしまい大変遺憾に思います。生徒の心のケアに最大限努めるとともに、こうしたことが2度と起きないように各学校に指導をしていきたい」とコメントしています。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク