FC2ブログ

中2いじめ自殺で校長を訓告処分

NHK NEWS WEB
2019年03月19日(火)12時24分

中2いじめ自殺で校長を訓告処分

3年前、青森市の女子中学生がいじめの被害を訴えて自殺した問題で、青森市教育委員会は、女子生徒が通っていた学校の校長を「一連の対応の責任がある」として訓告の処分としました。

青森市の中学2年生だった葛西りまさん(当時13)は、3年前の8月、いじめの被害を訴えて自殺し、市の審議会は去年8月「自殺の主要な原因はいじめだと考えられる」とする報告書をまとめました。
この報告書を受けて市教育委員会は18日、葛西さんが通っていた中学校の校長で、今月末に定年退職する齋藤実校長について「生徒1人が自殺したことは重大な事態であり、学校側の一連の対応の責任者だ」として訓告処分としました。
市教委によりますと、訓告は免職や減給などの懲戒処分よりも軽い処分で、文書や口頭で本人に注意を促すものの、給与や人事評価には直接影響はないということです。
これまで遺族は、再発防止の観点から校長や教職員への懲戒処分を求めていましたが、市教委は「教職員1人1人のどの行為が自殺の要因となったか判断が難しく、責任者である校長1人の処分とした。校長の行為についても、懲戒処分に当たるほどの問題があったと判断することは難しかった」としています。
一方、葛西さんの父親の葛西剛さんは処分について「生徒1人が亡くなった重大性をきちんと認識しているのか疑問に思う処分だ。市の教育委員会から詳しい経緯を聞いた上で今後の対応を検討したい」と話しています。

セクハラで小学校教諭懲戒免職

NHK NEWS WEB
2019年02月28日(木)18時00分

セクハラで小学校教諭懲戒免職

八戸市の小学校の50歳の男性教諭が同僚の女性に抱きつくなどのセクハラ行為を繰り返していたとして、県教育委員会はこの教諭を2月28日付けで懲戒免職の処分にしました。

懲戒免職の処分を受けたのは、八戸市の公立小学校に勤務する50歳の男性教諭です。
県教育委員会の発表によりますと、この教諭は、おととし7月頃から12月頃にかけて、同じ小学校に勤務する同僚の女性に対し、抱きしめたり手を握ったりするセクハラ行為を繰り返していたということです。
去年12月に女性の家族から学校に相談があり発覚したということで、男性教諭は行為を認めた上で「自分勝手な行動をしたことを深く反省している」などと話し、謝罪の意を示しているということです。
県教育委員会は2月28日付けでこの男性教諭を懲戒免職の処分にしました。
県教育委員会の田村博美教育次長は、2月28日開かれた会見の中で、「教職員全体に対する信用を著しく損ねるもので極めて遺憾だ。県民の皆さまに深くおわび申し上げます」と謝罪しました。

中学教諭 体罰で戒告の懲戒処分

NHK NEWS WEB
2019年01月09日(水)21時03分

中学教諭 体罰で戒告の懲戒処分

県教育委員会は、中学校に勤める57歳の男性教諭について、3人の生徒に押し倒したりたたいたりする体罰を行っていたとして、戒告の懲戒処分にしたことを明らかにしました。

先月、戒告の懲戒処分を受けたのは、西北地域の中学校に勤める57歳の男性教諭です。
県教育委員会によりますと、この教諭は、去年の5月ごろから7月ごろにかけて、3人の生徒に、授業中や休み時間に体罰を行っていました。
このうちの1人には、両脇をつかんで持ち上げて後ろに押し倒し、生徒は机に背中をぶつけたということです。
また、ほかの2人には、腹をたたいたり尻を蹴ったりしたということです。
これらの体罰は、保護者からの訴えをきっかけにわかったもので、いずれの生徒にもけがはないということです。
聞き取りに対し男性教諭は、「生徒とより親密になりたいと思って、遊んでいるつもりだった」などと話しているということです。
このほか県教育委員会は、西北地域の県立高校の43歳の男性教諭と、むつ市の中学校の35歳の男性教諭について、制限速度を30キロ以上オーバーして車を運転し検挙されたことを受け、先月、いずれも戒告の懲戒処分にしました。
県教育委員会は、「信頼される学校づくりに努め、服務規律の厳正な確保に粘り強く取り組みたい」と話しています。

いじめ自殺で遺族が教職員の懲戒処分を要請

デーリー東北
2018年12月29日(土)22時51分

当時の教職員の懲戒処分を/青森中2女子自殺 遺族側が市側に要請

 2016年8月、青森市立浪岡中2年の葛西りまさん=当時(13)=がいじめを訴え自殺した問題で、遺族と代理人弁護士は29日、青森市の小野寺晃彦市長と市教委の成田一二三教育長と同市内で面談し、再発防止の観点から当時の同中校長を含む教職員の懲戒処分も検討するよう要請した。

 面談後に記者会見した、りまさんの父剛さん(40)は、当時の教職員に対し「なぜ、何事もなかったかのようにしているのか。学校で女の子1人が亡くなっているのに、責任はどこにあるのか」と憤った。代理人弁護士も、当時の学校対応について「懲戒処分に該当しないというのは不適切ではないか」と訴えた。

 遺族側は8月に、当初の審議会が報告書原案で、根拠を示さずに思春期うつと判断したことなどに対し市長と教育長に検証を要望していた。会見で剛さんは、同日示された検証の中間報告について、「検証内容が不十分」として市と市教委に見直しなどを求めたことを明らかにした。

公衆浴場で女児盗撮疑い 中学教諭を逮捕

デーリー東北
2018年11月05日(月)21時50分

公衆浴場で女児盗撮疑い 中学教諭を逮捕/弘前署

 弘前署と青森県警少年課は5日、津軽地方の公衆浴場で女子児童を盗撮したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(盗撮製造)と建造物侵入の疑いで弘前市城東中央3丁目、地方公務員相内貢容疑者(51)を逮捕した。相内容疑者は板柳中の教諭。容疑を認めている。

 逮捕容疑は8月18日午後6時半ごろから19日午後6時半ごろまでの間、盗撮目的で公衆浴場に侵入し、全裸姿の女児を撮影して児童ポルノを製造した疑い。

 同課によると、盗撮に使われたのは腕時計型のカメラ。別の事件で事情を聞いている際、押収したハードディスクから映像が出てきたことから事件が発覚した。盗撮は男湯の浴場と脱衣所で行われたとみられる。 板柳中の高橋幸治校長は取材に対し、「本人から報告を受けており、私の指導が足りず残念に思っている」と述べた。 

 中学教諭が少女とみだらな行為に及んだとして10月に懲戒免職となるなど、県内で不祥事が相次いだことを受け、県教委教職員課の赤尾芳伸課長は「由々しき事態。県の教育機関の信頼を損ねることが続いてしまっている」とした。県教委は相内容疑者に懲戒処分を出す方針で、6日にも会見を開く予定。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク